おすすめ注目レース
■2019年10月2日
東京盃(大井)
コパノキッキング&藤田菜七子騎手にチャンス到来
全国公営競馬専門紙協会 日刊競馬

【中央所属馬の評価】
 コパノキッキングはカペラステークス、根岸ステークスと短距離の重賞2勝。この条件は東京スプリントでキタサンミカヅキから1馬身差の2着がある。出遅れなど不器用な面がある反面、終いの爆発力はG1級に届く。今回はメンバーに恵まれた感あり、JRA女性騎手重賞初制覇のチャンス到来。

 ヒザクリゲはデビューから一貫してダート路線を歩み、着外わずか1回の4歳馬。前走佐賀のサマーチャンピオンは勝ったグランドボヌールからハナ差の2着で、今後のダートグレード競走にも目処が立った。1000~1200m【4-0-3-3】で距離短縮は歓迎。

 サクセスエナジーは昨年のこのレース3番人気で7着。ダートグレード競走3勝2着2回の実力派だが、3勝はいずれも小回りの1400mで、1200mは忙しい。状態自体も春シーズンに比べれば下降気味で過信は禁物。

 グランドボヌールは前走佐賀のサマーチャンピオンに勝ち、初ダート、初地方、初重賞と初モノづくしを克服。多様な条件をこなす器用さを証明しただけに、前回が低レベルだったからといって軽視は禁物だ。

 ニホンピロタイドは前走準オープンに勝ち、昇級初戦でいきなり重賞初挑戦。1200mは【1-1-0-0】と適性あり、休み明けも【0-1-1-】と悪くない。ここは手探りだが、今後を占う意味でも注目したい。

【地方所属馬の評価】
 JRA勢が手薄なメンバーとなり、地方勢にもチャンスが巡ってきた。

 キャンドルグラスは昨年の5着馬。前走のアフター5スター賞ではキタサンミカヅキからクビ差の2着と、休み明けいきなり成長をみせた。今回叩き2戦目で上積みは確実。赤岡騎手が引き続き騎乗するのも好材料だ。

 ブルドッグボスは過去の実績、大井1200mの適性も互角。今季はダートグレード競走を6戦していずれも入着ライン。7歳だけに上積みも微妙で、瞬発力にも陰りがみられるが、ここはこれまでよりも楽なメンバーだけに、貯金が生きるだろう。

 ショコラブランはJRA6勝から大井転入後も勝ち星こそないが、一貫して短距離路線で入着級と好走している。4走前の東京スプリントで1分11秒8のタイムで、勝ったキタサンミカヅキから0.2秒差4着なら、好走期待できる。

 クルセイズスピリツは昨春の優駿スプリントに勝ったサウスヴィグラス産駒。生粋のスプリンターだが4歳の今季は足踏みが続いている。もまれ弱く今回外枠は好材料。上手く立ち回れば入着も。

 ポッドギルはユングフラウ賞に勝ち、優駿スプリント3着の3歳牝馬。タイム的にはもの足りず、今回休み明けだが、52キロの恵量だけに、適性が確かなら入着ラインは狙える。

 イノデライトは900~1200mで9勝。この馬も生粋のスプリンターだがA級相手の勝ち星はまだない。無欲の差しで善戦期待。

 マッチレスヒーローはJRA在籍時ダート4勝だが、ベストは1400m以上。無欲の差しで東京スプリント0.7秒差6着が基準だ。

 エイシンユニコーンはJRAから転入後、良績はB2クラスまで。タイム的にも成長が感じられず、厳しいレースになりそうだ。

 マイネルルークスはB級でも大敗続きの高齢馬。さすがに重賞挑戦は厳しい。

 ゴーディーは東京盃に3度挑戦し14、6、13着。今季11歳でダッシュ力にも衰えが感じられる。

【解説者の予想】
 藤田菜七子騎手とコンビ結成4戦目。これまで3戦で先着した馬の出走もなく、ここはメンバーに恵まれた。馬の力は重賞2勝で証明済み。JRA女性騎手重賞初勝利という快挙を前に生みの苦しみだが、ここは大きなチャンスが巡ってきた。
 アフター5スター賞が好内容だったキャンドルグラスを筆頭に、ブルドッグボスショコラブランの地方勢にとっても、ここはチャンスで、コパノキッキングが出遅れたり、先行してモタつくようなら逆転の可能性は十分だ。
 好調ヒザクリゲも距離短縮は好材料だし、距離、コースに課題もサクセスエナジーの実績と経験が生きる場面もありえる。
 注目すべきはスタートだ。

◎コパノキッキング
○キャンドルグラス
▲ヒザクリゲ
△ブルドッグボス
△サクセスエナジー
△ショコラブラン
△グランドボヌール



※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。


馬単 2→7 2→9 2→12 2→11 2→4 2→13
[9]ページ先頭へ