おすすめ注目レース
■2019年10月3日
レディスプレリュード(大井)
有力馬揃うもプリンシアコメータが連覇を狙う
全国公営競馬専門紙協会 日刊競馬

【中央所属馬の評価】
 昨年の勝ち馬プリンシアコメータは今年も最有力の1頭。クイーン賞、レディスプレリュード、エンプレス杯と牝馬ダートグレード競走3勝。昨年末はこの馬には珍しく2度の10着と大崩れしたが、今年に入ってからは1、2、2と安定感を取り戻した。1800mは少し短いが、昨年のこのレースも含み【4-1-1-5】ならマイナスはない。放牧明けをひと叩きされ、叩き2戦目は【2-1-0-0】と型通り良化するタイプ。【3-3-0-1】とこの馬を知り尽くした岩田騎手が騎乗。連覇濃厚だ。
 ファッショニスタの前走スパーキングレディーカップは2番手から抜け出し、2着に4馬身の差を付ける「横綱相撲」。良績は1400m以下に集中しているが、昨秋のJBCレディスクラシック小差3着の実績を持ち、1800mへの対応は問題ない。川崎に続き今回も大井競馬場初出走となるが、環境の変化にも強い。JBC以来となる大野騎手とのコンビ。

 ラビットランは牝馬ダートグレード競走路線に参入後3、1、2、3着。昨年のブリーダーズゴールドカップに勝ち、JBCレディスクラシックでタイム差なしのアタマ差2着。今回TCK女王盃3着以来の久々で、ひと叩きの一戦が濃厚だが、休み明けも【0-1-0-1】と悪くない。軽量で切れを生かすタイプ。鞍上はミルコ・デムーロ騎手。

 マドラスチェックは関東オークス2着の3歳馬。古馬相手のスパーキングレディーカップは52キロの恵量も2.0秒差の4着と古馬の壁に当たった。牡馬相手のダート1800mで2勝しているように、距離は問題ない。差しを覚えてさらに上積みある。鞍上は南関リーディングジョッキーの森騎手。

 アンデスクイーンは前走のブリーダーズゴールドカップでプリンシアコメータを差し切った。2キロの斤量差はあったが、オープン入り後地道に力を付けてきた。前走からも地方の馬場は合いそうで、距離も問題ない。鞍上は大井競馬を知り尽くした戸崎騎手。

【地方所属馬の評価】
 地方勢の中心も元JRA馬。

 TCK女王盃勝ちもあるミッシングリンクは小久保厩舎転入3戦目で放牧明け。休養明けでどこまで状態が整ったかがカギ。当日の気配に注意したい。

 今回転入初戦のサラーブはJRA2勝クラス勝ちで格下。ただし、ダートは5戦5連対と底を見せていない。今後を占う意味でもここは注目のレース。

 生え抜きの期待はクレイジーアクセル。昨年の関東オークス3着。古馬相手のダートグレード競走はTCK女王盃で1.6秒差5着と、入着級の力はある。地方交流2連勝と目下絶好調。

 北海道のアルティマウェポンは昨年の3着馬。レースでは後方から上がり最速の37.4で上位に食い込んだ。続くクイーン賞5着、TCK女王盃4着と牝馬ダートグレード競走入着級の実績。脚質的にも展開次第だ。

 オルキスリアンは今季なかなか勝ち切れないレースだが、昨年のクイーン賞は51キロを生かして3着。使われつつ調子も整い、ここも流れひとつで善戦可能だ。

 名古屋のエイシンセラードはJRA在籍時1800m4勝。TCK女王盃は2.6秒差8着だったが、大井コースの経験もある。名古屋転入初戦の前走秋桜賞は0.8秒差7着と本来の力からすれば物足りない結果。1度使われて上積みあるか、気配に注意したい。

 ローレライはスパーキングレディーカップで2.0秒差と離されたが3着。出遅れて最後方からの競馬となったが、上り2位で追い込んだ。無欲の差しでひとつでも上の着順を狙いたい。

【解説者の予想】
 実績、能力的に甲乙付け難いメンバーが揃い、どこから入るか悩むところ。
 芝でも小差のレースをしていたラビットランが能力的に最上位と思われるが、8カ月半ぶりの久々がどうか。ならば今年3戦3連対、休み明け2着好発進と、順調さを考慮すれば昨年の勝ち馬プリンシアコメータが今回最有力だろう。
 ファッショニスタもスパーキングレディーカップのレース内容は文句なしで、休み明けも【2-4-0-0】といきなりでも走れる。1800mは勝ち星ないが、距離延びても注意が必要だ。
 古馬相手2度目となるマドラスチェックも1キロ増だが成長を加味すれば軽視できない。
 戸崎騎手とのコンビで牝馬重賞連破を狙うアンデスクイーンも展開ひとつの怖さ。

◎プリンシアコメータ
○ファッショニスタ
▲ラビットラン
△マドラスチェック
△アンデスクイーン



※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。


馬単 1→10 10→1 1→8 8→1 1→4 4→1 10→8 8→10 1→2 10→4
[9]ページ先頭へ