おすすめ注目レース
■2019年12月29日
第65回 東京大賞典(GI)(大井)
ゴールドドリームが昨年2着の雪辱を果たす
全国公営競馬専門紙協会 日刊競馬

【中央所属馬の評価】
 ゴールドドリームはG1競走5勝、マイルのかしわ記念、フェブラリーステークスから、1800mのチャンピオンズカップ、2000mの帝王賞まで、距離、コース問わない万能選手。3歳時からダート界頂点に昇り、しかも以後着々と成長してきた。前走はクリソベリルにクビ差敗れたが、3着には1馬身1/4差。大井適性も高く、昨年2着の雪辱戦。

 オメガパフュームは昨年の勝ち馬で、今春の帝王賞も制している。2走前の浦和JBCクラシックは浦和適性の差か。大井2000m適性は前述の通りで、再びベストパフォーマンスが期待できる。切れとパワー兼備の末脚で信頼度が高い。

 ケイティブレイブは腸ねん転で取消、開腹手術明けとなった前走の浦和記念で、心身両面あらためて底力示した。2000m2分05秒4はJBCクラシック(2分06秒1)を上回るタイム。大井2000mも【1-3-2-0】と大崩れなし。息の合う鞍上御神本騎手にも期待感。

 ロードゴラッソの浦和記念3着は、出遅れを直線一気、上がり最速37秒5。2000mのシリウスステークス快勝(2分03秒5)からも、十分好勝負の計算が立つ。充実中の良血4歳。本来は自在型。

 ロンドンタウンはモマれ弱さでムラだが、4歳時に佐賀記念を4馬身差で快勝し、今秋の日本テレビ盃ではクリソベリル~4馬身差2着がある。思い切りよく先行して自分の形なら。

 アポロテネシーは前走名古屋グランプリで5着。中1週となるが、当時馬体重2キロ増で余力を持たせた仕上げ。平均ペース先行型で、ゆったり競馬できる大井2000m向き。G2入着の直後にG1初挑戦だけに、あらためて試金石。

 サノサマーはJRAダート5勝、中長距離路線の成長株だが、前3走大敗、補欠からの繰上り出走と厳しいレースになりそうだ。ゲート難もネックだが、時計の掛かる馬場はこの馬向き。

【地方所属馬の評価】
 モジアナフレイバーの前走は、しびれる手ごたえで勝島王冠連覇。南部杯4着からスピード面にも進境うかがえる。中距離瞬発力型として完成。地元大井2000mでJRA勢を迎えどうレースするかだが、じっくりためて行ければ十分脈ありだ。

 ノンコノユメの前走勝島王冠は早めに動いて2着確保。G1競走3勝の底力。東京大賞典は2016年4着以来の出走となるが、今春の帝王賞3着、3歳時ジャパンダートダービー制覇と大井2000m適性の高さはあらためて注目できる。もうひと花の可能性も。

 バルダッサーレは今夏道営で3勝し、再び態勢を整えて登場する。大井2000mのG1競走は3歳時にジャパンダートダービーで4着(1着キョウエイギア、2着ケイティブレイブ、3着ゴールドドリーム)している。流れ次第では侮れない。

 ウマノジョーは大井記念を制した中距離型だが近走不振。ダートグレード競走は、2018年ダイオライト記念大差4着以来。前半で置かれる可能性が高い。

 ゴーディーは大井生え抜きで一時代を築いた快速馬だが、近走からは高齢による衰えが隠せない。さすがに期待薄。

 サンドプラチナはA2クラスで、近況もはっきり壁。一昨年の東京大賞典は大差13着だった。

【解説者の予想】
 豪華メンバーが揃った東京大賞典だが、2016年のチャンピオンズカップ以降、全てG1レースに出走し、2017年のチャンピオンズカップ以降は馬券圏内を外していないゴールドドリームの地力に賭ける。以前はスタートひと息で昨年の東京大賞典も出遅れが響いて2着に敗れたが、この秋はそれも解消し、明らかにレース振りがスムーズになった。
 右回りでオメガパフュームも差はない。ここ2戦左回りで苦戦したが、全6勝が右回り。大井【2-1-0-0】なら軽視できない。
 地方競馬の希望はモジアナフレイバー。昨年の東京大賞典は2.2秒差9着。そこから力を付け、帝王賞は1.1秒差5着、南部杯は0.6秒差4着と、着実に成長を見せている。前走余裕の快勝でここは一発を狙いたい。
 浦和記念で復活を遂げたケイティブレイブも大井コースは【1-3-2-0】と馬券圏内を外していない。前走に引き続き鞍上御神本騎手も息が合う。
 ノンコノユメも大井2000mのG1は1、2、4、3着と大崩れない。前走は前目で競馬したが、今回は自分の競馬に徹すると怖い存在。
 大外ロードゴラッソは出遅れもあるが、はまった時は鮮やかなレースをするし、ロンドンタウンはもまれ弱さはあるが、すんなり行った時は軽視できない。

 ◎ゴールドドリーム
 ○オメガパフューム
 ▲モジアナフレイバー
 △ケイティブレイブ
 △ノンコノユメ
 △ロードゴラッソ
 △ロンドンタウン



※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。


馬単 12→9 12→5 12→2 12→10 12→13 12→7
[9]ページ先頭へ