おすすめ注目レース
■2020年1月25日
六花特別(帯広)
安定した内容続けるフェアリースズはここも好勝負へ
生駒 有輝夫

 勝ち切れないフェアリースズだが、障害はともにひと腰と安定した走りを続けるフェアリースズ。強敵不在のここは首位が期待できる。前走が好内容だったカクセンキングが相手も、登坂力上位で通るノエルブランもひと押し利けば上位進出可能。障害次第ではセンリョウボスの巻き返しも十分。

 (3)フェアリースズは2戦連続2着と勝ち切れないが、障害はともにひと腰でまとめているし、安定した走りを続けている。今回は前走の勝ち馬不在の組み合わせ。この中に入れば実力上位。障害巧者で基礎重量の増加にも対応できる。デキ良く、勝機到来。

 (8)カクセンキングは差し届かずの3着に敗れたとはいえ、障害はひと腰でまとめていたし、上々のレースぶり。今回は基礎重量が増加されるが、今のカカリなら対応可能。中間も変わらず素軽い動きを見せており、好調を維持。勝ち負け期待。

 (7)ノエルブランは勝ち負けには加われていないが、障害は常にひと腰と安定感抜群。このメンバーの中に入っても登坂力勝負ならヒケを取らない走りが可能。前走5着も内容は良かったし、ひと押し利けば上位十分。

 (1)センリョウボスは今開催から基礎重量が増加されているだけに、障害に多少の不安は残るが、前走も二の腰は入れていたし、克服して不思議はない。デキ落ちなく、巻き返し可能。



※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。


馬単 3→8 3→7 3→1 8→3 7→3
[9]ページ先頭へ