おすすめ注目レース
■2020年1月26日
白雪賞(帯広)
別定条件ならジェイエースの首位が期待できる
生駒 有輝夫

 ばんえいダービーは3着に敗れたジェイエースだが、今回は4歳限定とはいえ、別定戦で上位2頭とは30キロの斤量差がある。この条件なら互角以上にやれるし、3連勝期待。3歳三冠を達成したメムロボブサップが相手も、障害が良化し、安定して力を発揮できるようになったサクラドリーマーにもチャンスがある。力を考えればアオノブラックも無視できない。

 (3)ジェイエースは特別条件の前走でも障害をひと腰でまとめ直線余裕を持って抜け出し快勝。4歳限定のレースで相手は強化されるが、別定戦でばんえいダービーで先着を許した上位2頭とは30キロの斤量差がある。この条件なら互角以上にやれる。勢いにも乗っており、3連勝期待。

 (2)メムロボブサップは前走のばんえいダービーを制して、昨年度達成できなかった世代三冠を成し遂げた。それ以来の実戦となる。当時がピークの状態だっただけに、前走に比べれば余裕を持たせた仕上げだが、力を出せるデキにある。4歳限定の別定戦でハンデを背負う立場も、力を考えれば克服可能だし、無視できない。

 (10)サクラドリーマーは斤量が増加された前走は馬場の脚抜きが良くなったとはいえ、課題の障害をひと腰。押っつけ気味に追走した分、ゴール前で甘さを出し3着も、内容は良かった。今回は荷物が軽くなるし、持ち味である決め脚を生かせれば逆転も狙える。

 (4)アオノブラックは自己条件の特別戦となった前走は息を入れて行き、障害に重点を置いた走り。755キロでもひと腰でまとめており、レースぶりは悪くなかった。前走から斤量が軽くなるのは好材料だし、この中に入れば上位進出が可能。



※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。


馬単 3→2 3→10 3→4
[9]ページ先頭へ