重賞レース&ダートグレード競走特設サイト

【予想】2019年 さきたま杯|地方競馬ならオッズパーク競馬

5/29 第23回 さきたま杯JpnII(浦和)
今回の結果予想情報出走馬情報過去のデータ

■レースの狙い

昨年のさきたま杯JpnIIの上位3頭が出走してきた。特に勝ち馬サクセスエナジーと2着キタサンミカヅキは、枠順が今年もほぼ同じ。スタートさえ決まればレースはしやすそうで、昨年の再現と言えるシーンを作れるかもしれない。ただ、重量は前年と違い、今年は2頭ともに57キロ。その分、キタサンミカヅキにとっては有利で、今年は同馬を上に見たい。ウインムートはできれば逃げたいが、サクセスエナジーのハナを叩くことができるかどうか。差し馬はサンライズノヴァよりもモーニンの方が安心か。

出走表


■さきたま杯 地方競馬専門紙 予想

キタサンミカヅキが雪辱を果たす

【中央所属馬の評価】 JRAの4頭はいずれも重賞勝ち馬。
昨年の勝ち馬サクセスエナジーは、道中砂を被り嫌がるしぐさをみせていたが、直線でキタサンミカヅキとの叩き合いを制した。地方のダート1400m戦3勝。距離、コースの適性も高く、浦和も2度目でスムーズな競馬が出来れば連覇も可能だろう。
ウインムートは兵庫ゴールドトロフィーなどダート1400m5勝。浦和コースは昨年のテレ玉杯オーバルスプリントで8着と大敗しているが、園田の走りを見る限り、小回りコースも克服できたとみている。叩いて上積みが見込めるだけに、あらためて真価を問う一戦。  (詳しくはこちら)

おすすめ買い目

馬単 1→3 3→1 1→9 9→1 1→2 2→1 3→9 9→3 3→2 2→3


[0] ページ先頭へ
■過去のデータ

≪過去の傾向≫

年によってメンバー構成が大きく異なる難しい一戦。前走かしわ記念JpnIの好走馬が出走しているかどうかで、レースのレベル・質が変わってくる。もしいれば素直に中心視してもいいだろう。不在だった場合は、前走、別のダートグレードで好走している馬が有力だ。

2018年2着キタサンミカヅキは地方馬だが、前走東京スプリントJpnIIIで2着だった。地方勢にとって敷居があまり高くない点もこのレースの大きな特徴。18年はアンサンブルライフが9番人気で3着、13年はナイキマドリードが7番人気で3着に入っている。過去にさきたま杯JpnIIで5着以内の実績があるか、前走浦和のレースで1着の馬がいれば穴馬としてマークしておきたい。
過去
予想情報
レース名 勝ち馬
2019年
予想情報
第23回
さきたま杯
ウインムート
2018年
予想情報
第22回
さきたま杯
サクセスエナジー
2017年
予想情報
第21回
さきたま杯
ホワイトフーガ
2016年
予想情報
第20回
さきたま杯
ソルテ
2015年
予想情報
第19回
さきたま杯
ノーザンリバー
2014年
予想情報
第18回
さきたま杯
ノーザンリバー
2013年
予想情報
第17回
さきたま杯
テスタマッタ
2012年
予想情報
第16回
さきたま杯
セイクリムズン

[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る