重賞レース&ダートグレード競走特設サイト

【予想】2019年 エンプレス杯|地方競馬ならオッズパーク競馬

2/27 第65回 エンプレス杯JpnII(川崎)
今回の結果予想情報出走馬情報過去のデータ

■レースの狙い

サルサディオーネとクレイジーアクセルがどれぐらいのペースで引っ張るのかがポイント。後続の差しを誘発する流れになる可能性が高く、ビスカリアにとっては再び流れは向きそうだ。連勝も十分考えられる。プリンシアコメータは復調できるかがすべて。本来の力を出せれば、先行勢をねじ伏せることもできるはず。

出走表


■エンプレス杯 地方競馬専門紙 予想

重賞連破だ!ビスカリア

【中央所属馬の評価】 TCK女王盃を6番人気で快勝したビスカリア。当時準オープンの身だったが、昨年のJBCレディスクラシックでは0.6秒差6着と、通用の目は十分にあった。地方の馬場は初めてだったがヴァーミリアン産駒だけに血統的な背景もあったか。鞍上は3度目の森騎手。左回り2100mも経験済みで、重賞連破の可能性は高い。  (詳しくはこちら)

おすすめ買い目

馬単 9→13 13→9 9→2 2→9 9→7 7→9 13→2 2→13 9→1 9→4


[0] ページ先頭へ
■過去のデータ

≪過去の傾向≫

過去5年の1番人気の成績は【3・2・0・0】で連対率は100%。2018年は前走TCK女王盃JpnIIIで6着に敗れていたプリンシアコメータが1番人気に支持された。その前にクイーン賞JpnIII(船橋)を勝ち、前年のJBCレディスクラシックJpnIでは2着に入っており、前評判が正しかったと言える。通常1番人気になる馬は、前走TCK女王盃JpnIIIで連対しているか、前走川崎記念JpnIで3着に入っていた16年のアムールブリエのような好調馬だ。中央勢は前走条件クラスを勝ち上がったばかりの上がり馬でも通用する。ただ、配当妙味があるのは、前走重賞で大敗していた馬の巻き返しだ。

過去
予想情報
レース名 勝ち馬
2019年
予想情報
第65回
エンプレス杯
プリンシアコメータ
2018年
予想情報
第64回
エンプレス杯
アンジュデジール
2017年
予想情報
第63回
エンプレス杯
ワンミリオンス
2016年
予想情報
第62回
エンプレス杯
アムールブリエ
2015年
予想情報
第61回
エンプレス杯
アムールブリエ
2014年
予想情報
第60回
エンプレス杯
ワイルドフラッパー
2013年
予想情報
第59回
エンプレス杯
ミラクルレジェンド
2012年
予想情報
第58回
エンプレス杯
降雪のため、
開催中止

[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る