重賞レース&ダートグレード競走特設サイト

【予想】2019年 ダイオライト記念|地方競馬ならオッズパーク競馬

3/13 第64回 ダイオライト記念JpnII(船橋)
今回の結果予想情報出走馬情報過去のデータ

■レースの狙い

注目はチュウワウィザード。デビュー以来、すべて3着以内に好走している安定感は特筆すべきもの。近2走は後のGI/JpnI馬を相手に好走しており、潜在能力はかなり高い。将来が楽しみな4歳馬で、まだまだ力をつけてほしい馬でもある。GI/JpnI馬のミツバ、オールブラッシュ、アポロケンタッキーも簡単には引き下がれないところ。サウンドトゥルーも侮れず、JpnIIとしてはかなり強力なメンバーが揃った。

出走表


■ダイオライト記念 地方競馬専門紙 予想

また4歳馬!長距離ならチュウワウィザード

チュウワウィザードは南関東初登場。デビューは3歳2月。自己条件を勝ち上がり前々走の名古屋グランプリで重賞初勝利。続く前走東海ステークスでは後のフェブラリーステークス勝ち馬インティから0.3差の2着と健闘。  (詳しくはこちら)

おすすめ買い目

馬単 1→14 14→1 1→6 6→1 1→9 9→1 14→6 6→14 1→4 4→1


[0] ページ先頭へ
■過去のデータ

≪過去の傾向≫

国内のGI/JpnI競走にはない長丁場なので、近走の実績からでは判断しにくい面がある。1600メートルのフェブラリーステークスGIはもちろん、2000メートルのオープン特別やGIIIでも多少の負けは受け入れられ、距離延長で一変できる可能性がある。この距離に対応できるかどうかがカギで、15年から17年にかけてはクリソライトが3連覇を達成。妹弟にマリアライトやリアファルがいるスタミナ豊富な血統で、こうした舞台を得意としていた。近年、地方馬として2度3着以内に好走しているユーロビート(大井)も、長丁場に実績があり、2400メートルの東京記念を制していた。

過去
予想情報
レース名 勝ち馬
2019年
予想情報
第64回
ダイオライト記念
チュウワウィザード
2018年
予想情報
第63回
ダイオライト記念
ケイティブレイブ
2017年
予想情報
第62回
ダイオライト記念
クリソライト
2016年
予想情報
第61回
ダイオライト記念
クリソライト
2015年
予想情報
第60回
ダイオライト記念
クリソライト
2014年
予想情報
第59回
ダイオライト記念
ニホンピロアワーズ
2013年
予想情報
第58回
ダイオライト記念
オースミイチバン
2012年
予想情報
第57回
ダイオライト記念
ランフォルセ

[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る