重賞レース&ダートグレード競走特設サイト

【予想】2019年 佐賀記念|地方競馬ならオッズパーク競馬

2/11 第46回 佐賀記念JpnIII(佐賀)
今回の結果予想情報出走馬情報過去のデータ

★キャンペーン
★キャンペーン


■レースの狙い

中心はテーオーエナジー。1枠を引いたし、スムーズに先行できれば抜けてくることができそうだ。同じ4歳馬ヒラボクラターシュも先行タイプで、こちらも有力か。リーゼントロックとアスカノロマン、そしてグレイトパールがどこまで食い下がれるかが焦点。

出走表


■佐賀記念 地方競馬専門紙 予想

勢いに乗る4歳馬テーオーエナジーがV

【中央所属馬の評価】 テーオーエナジーは昨年の兵庫チャンピオンシップの優勝馬で、ジャパンダートダービー5着馬。最強世代の呼び声が高い4歳勢の1頭。2018JBCクラシックでは0秒8差の7着。強豪古馬相手に善戦すると、その後オープン特別を2連勝。ここに来ての地力強化も目につくし、2度目の重賞制覇は目前。 (詳しくはこちら)

おすすめ買い目

馬単 1→10 10→1 1→7 10→7 1→2 1→4 1→8


[0] ページ先頭へ
■過去のデータ

≪過去の傾向≫

過去5年、1→2→3番人気の順番で決着したケースが3回もある。その他の2回は、4→3→2番人気、3→1→4番人気の順で決着。つまり、例年人気サイドの堅い配当が続いている。3着以内馬はすべてJRA勢だ。とはいえ、JpnIIIのレースなので、図抜けた実力馬が出走してくるわけではない。GI/JpnIの好走馬が出てくるようなケースは稀だ。過去に中距離の重賞で好走実績があればかなり有力。近走に中央の1600万クラスを勝っているような上がり馬タイプでも、十分勝機がある。好ステップの一つは東海ステークスGII。17年1着のロンドンタウンや15年1着のマイネルクロップ、14年2着のソリタリーキングや同年3着のナムラタイタンが該当。東海ステークスGIIで6着以下に敗れていた馬が巻き返している。中央の中距離であれば東海ステークスGIIに限らず、他のレースからでも一変してくる可能性は高い。地方のダートグレードでは名古屋グランプリJpnII組に注目。18年2着のトップディーヴォや17年3着のストロングサウザーが該当する。

過去
予想情報
レース名 勝ち馬
2019年
予想情報
第46回
佐賀記念
ヒラボクラターシュ
2018年
予想情報
第45回
佐賀記念
ルールソヴァール
2017年
予想情報
第44回
佐賀記念
ロンドンタウン
2016年
予想情報
第43回
佐賀記念
ストロングサウザー
2015年
予想情報
第42回
佐賀記念
マイネルクロップ
2014年
予想情報
第41回
佐賀記念
ランフォルセ
2013年
予想情報
第40回
佐賀記念
ホッコータルマエ
2012年
予想情報
第39回
佐賀記念
ピイラニハイウェイ

[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る