重賞レース&ダートグレード競走特設サイト

【予想】2019年 二十四万石賞|地方競馬ならオッズパーク競馬

4/21 第35回 二十四万石賞(高知)
今回の結果予想情報出走馬情報過去のデータ

■レースの狙い

差し脚を長く使えるタイプが多く、混戦のメンバー。一応の中心には実績的に劣勢でも展開が向きそうなグレナディアーズを抜擢。しぶとく差を詰めてくるチャオにもチャンスがあるだろう。4連勝中のキャプテンオリオンにも注意が必要。イッツガナハプンは近走成績がいまひとつでも、地力があるだけに無視しにくい存在だ。サクラエールは今回も主導権を取れれば残り目がありそう。善戦タイプのセトノプロミスを3連勝式の候補として挙げておく。

出走表


■二十四万石賞 地方競馬専門紙 予想

今年は混戦!

出走馬11頭、全てにチャンスがあるが、勢い止まらないサクラエールに期待したい。堅実なチャオが相手。以下ヒロノカイザー、キャプテンオリオン、ピースフルリバティの順で。 サクラエールは4連勝中。メンバー関係もあろうが、レースぶりに全く隙がなくなっている。折り合いだけが課題だが、今の内容なら重賞制覇のチャンスは十分にある。  (詳しくはこちら)

おすすめ買い目

馬単 4→6 4→8 4→11 4→2 6→4 8→4


[0] ページ先頭へ
■過去のデータ

≪過去の傾向≫

過去5年の結果からデータをみていく。1番人気の勝利はゼロで、2着1回、3着2回という成績。それでも3着内はすべて、単勝5番人気以内となっている。前走が御厨人窟賞で2~6着だった馬が1頭だけ連対している。4走前までに9着以下があった馬が1頭だけ連対しているデータもある。

過去
予想情報
レース名 勝ち馬
2019年
予想情報
第35回
二十四万石賞
エイシンファイヤー
2018年
予想情報
第34回
二十四万石賞
イッツガナハプン
2017年
予想情報
第33回
二十四万石賞
セトノプロミス
2016年
予想情報
第32回
二十四万石賞
メイショウツチヤマ
2015年
予想情報
第31回
二十四万石賞
マウンテンダイヤ
2014年
予想情報
第30回
二十四万石賞
オオミカミ
2013年
予想情報
第29回
二十四万石賞
グランシュヴァリエ
2012年
予想情報
第28回
二十四万石賞
タンゴノセック

[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る