重賞レース&ダートグレード競走特設サイト

名古屋記念2020特集|地方競馬ならオッズパーク競馬

1/4

第23回 名古屋記念(名古屋)

今回の結果予想情報出走馬情報過去のデータ

■レースの狙い

アドマイヤムテキは後方からの競馬になった笠松グランプリでも好走しており、地元コースなら先手主張から押し切れそう。ポルタディソーニは距離が微妙という感はあるが、地力的に善戦以上が可能だろう。サンデンバロンは詰めひと息の近況でも、このレースでは2年連続で連対しているだけに侮れない存在。引き続き地元戦に出走するアンタエウスにも警戒しておきたい。流れに乗れそうなスムーズジャズ、地元コースで安定しているゴールドリングが3連勝式の候補。

出走表

■名古屋記念 地方競馬専門紙 予想

主役に名乗り アドマイヤムテキ

なかなかいいメンバーがそろったと思う。そんな中ではアドマイヤムテキとポルタディソーニの首位争い。昨年の後者の活躍を認めつつも、上積みと距離適性から前者を上にしてみた。これらを負かすなら明け4歳アンタエウス、ゴールドリングの若さか。これらが走らなかったらベテラン・サンデンバロンに堅実ジューンシェイカー以下が浮上するという見立て。 (詳しくはこちら

おすすめ買い目

馬単 7→9 9→7 7→10 10→7 7→11 11→7 7→1 7→8

■過去のデータ

≪過去の傾向≫

過去5年の結果をみていく。1番人気は4勝、3着1回。1~3番人気のうちの2頭が3着以内に入っている。連対馬はすべて、前走が重賞または、その他のレースで3着以内に入っていた。4走前が重賞だったという馬が1頭だけ連対しているのが面白い。3着内馬15頭のうち14頭は5~8歳で、唯一の例外は3年前に4歳で制したカツゲキキトキト。7歳が3着以内に1~2頭入っている。

名古屋記念とは

出走資格

オープン

前回賞金

1着 400万円 2着 100万円 3着 48万円 4着 32万円 5着 20万円

名古屋記念のコース情報

1,400

4コーナー奥のシュートからスタート。この距離では外枠有利の傾向が解消されてくる。1,300mまでは逃げ・先行有利なのに対し、1,400mからは差しタイプの好走比率が先行勢と五分になってくる。馬番別成績で見ても脚質・位置取り別成績で見ても、名古屋競馬場の中でいちばんバランスがとれたコースと言える。

コース平面図

名古屋競馬場コース画像

名古屋記念を観戦する

公共交通機関

あおなみ線「名古屋競馬場前駅」
⇒徒歩:出口から約3分

車・タクシー

「中部国際空港」から約50分
東海道新幹線「名古屋駅」から約20分
名古屋高速4号東海線「六番南I.C.」「港明I.C.」から約8分
伊勢湾岸自動車道「名港中央I.C.」から約20分

駐車場

745台(無料)

【MAP】
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る