重賞レース&ダートグレード競走特設サイト

【予想】2019年 チャンピオンカップ|地方競馬ならオッズパーク競馬

2/24 第40回 チャンピオンカップ(帯広)
今回の結果予想情報出走馬情報過去のデータ

★キャンペーン

■レースの狙い

過去5年の3着内馬で、負担重量がもっとも大きかったのは830㎏。その点を含めて考えると、善戦傾向があるメジロゴーリキが主軸視できそう。マルミゴウカイは最近の成績がいまひとつだが、休み明け3走目での前進が考えられそうだ。オレノココロは実績的に断然だが、負担重量を考慮すると単穴評価が妥当。コウシュハウンカイも重量増が心配だが、地力上位で無視できない存在だ。アアモンドグンシンは手替わりとなるが、連下の穴として要警戒。善戦傾向があるミノルシャープ、マツカゼウンカイを3連勝式の候補として挙げておきたい。

出走表


■チャンピオンカップ 地方競馬専門紙 予想

斤量有利なマルミゴウカイの久々の重賞制覇に期待

苦労していた障害を久々にひと腰でまとめて復調気配が窺えるマルミゴウカイ。810キロの斤量も魅力的だし、この条件なら首位争い可能。実績上位で通るコウシュハウンカイ、オレノココロが相手となるが、5歳世代王者メジロゴーリキにも注意が必要。  (詳しくはこちら)

おすすめ買い目

馬単 9→4 9→1 9→3 4→9 1→9 3→9


[0] ページ先頭へ
■過去のデータ

≪過去の傾向≫

過去5年の結果からデータをみていく。単勝1番人気は最近3年で2着以内に入っているが、それ以前は3着以内がゼロ。昨年を除くと、1~3番人気のうち1頭が2着以内に入っている。通算30勝以下の馬が1頭以上連対。4走前までに重賞で4着以内に入っていた馬が1~2頭連対している。連対馬はすべて、当日の馬体重が1080㎏以上。連対馬10頭のうち8頭は、前走で2~4着に入っていた。

過去
予想情報
レース名 勝ち馬
2019年
予想情報
第40回
チャンピオンカップ
メジロゴーリキ
2018年
予想情報
第39回
チャンピオンカップ
オレノココロ
2017年
予想情報
第38回
チャンピオンカップ
フジダイビクトリー
2016年
予想情報
第37回
チャンピオンカップ
オレノココロ
2015年
予想情報
第36回
チャンピオンカップ
オレノココロ
2014年
予想情報
第35回
チャンピオンカップ
キタノタイショウ
2013年
予想情報
第34回
チャンピオンカップ
ホッカイヒカル
2012年
予想情報
第33回
チャンピオンカップ
ホクショウダイヤ

[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る