重賞レース&ダートグレード競走特設サイト

【予想】2016年 六甲盃|地方競馬ならオッズパーク競馬

3/3 第53回 六甲盃(園田)
今回の結果予想情報出走馬情報過去のデータ

■レースの狙い

転入後の2戦で差し脚を見せているタガノプリンスを主軸に指名。バレーナボスも長く脚を使えるタイプで、首位争いが濃厚とみる。ステージインパクトは一気の相手強化だが、混戦のメンバーなら善戦以上が狙えそう。クワイアーソウルは底力に欠けるが、内枠からの先行粘り込みに警戒したい。ベルラインは単騎逃げの形なら残り目も。まくり脚があるデンコウガイアを3連勝式の穴として挙げておきたい。

出走表


■六甲盃 地方競馬専門紙 予想

2戦連続脚余したメイショウヨウコウを改めて

本日メインは六甲盃。同一競走3連覇の偉業が掛かっていたハルイチバンが直前で出走回避したことで、様相は一気に混戦ムードに。本命のメイショウヨウコウは最近思うような結果を残せていないが、園田金盃は先行有利の流れ、2走前と前走は勝負どころでスムーズさを欠く競馬と、その敗因もハッキリしている。今回と同じく他地区交流重賞だった昨年10月の姫山菊花賞では0秒5差の4着。当時の上位地元馬不在のここなら反撃可能と見る。バレーナボスは、六甲盃の前哨戦と目された先月11日のA1(1870m)戦を0秒8差の完勝。今回も発馬次第でチャンス十分。他では、前走の梅見月杯で不慣れな競馬を強いられながらも3着と好走した名古屋・ベルライン、転入後負け知らずのステージインパクト、距離延長歓迎のタガノプリンス、笠松・クワイアーソウルもJRA実績から考えれば侮れない存在だ。  (詳しくはこちら)

おすすめ買い目

馬単 4→11 11→4 4→1 1→4 4→9 9→4 4→6 4→2 11→1 1→11


[0] ページ先頭へ
■過去のデータ

≪過去の傾向≫

過去5年の結果からデータをみていく。1番人気馬は4連対しているが、2番人気馬は3着以内がゼロ。最近3年は5~6番人気馬が1頭だけ連対している。前走が重賞以外で連対していた馬と、前走が重賞だった馬での決着が続いている。ゼッケン1~6番の馬と7番より外の馬での組み合わせでワンツーとなっているのも特徴的だ。

過去
予想情報
レース名 勝ち馬
2016年
予想情報
第53回
六甲盃
ベルライン
2015年
予想情報
第52回
六甲盃
ハルイチバン
2014年
予想情報
第51回
六甲盃
ハルイチバン
2013年
予想情報
第50回
六甲盃
エリモアラルマ
2012年
予想情報
第49回
六甲盃
パーフェクトラン

[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る