重賞レース&ダートグレード競走特設サイト

ウインターチャンピオン2020特集|地方競馬ならオッズパーク競馬

1/26

第2回 ウインターチャンピオン(佐賀)

今回の結果予想情報出走馬情報過去のデータ

★キャンペーン

■レースの狙い

ドラゴンゲートは時計的に優位で、ここでも先手主張から押し切れそう。スーパージンガは久々の短距離戦だが、タイプ的に悪くなさそうで地力発揮に期待ができる。フォークローバーはひと押しに欠けるが今回も流れ込みなら狙えそう。シゲルクロマグロは前走の馬体減が回復していれば上位争いに加わってきそうだ。ホワイトウィングス、カクリョウは展開次第だが、差し脚が届く可能性に警戒しておきたい。

出走表

■ウインターチャンピオン 地方競馬専門紙 予想

オータムスプリント覇者ドラゴンゲートV最短。

冬のスプリント決戦。秋のオータムスプリントを快勝したドラゴンゲートが冬も制する。フォークローバーも調子を維持しているから、今回のメンバーでも好戦可能。キングプライドは外枠好都合だし、この距離でも好勝負に。前走出遅れたカクリョウも、乗り替わりだし、ここは警戒したい。  (詳しくはこちら

おすすめ買い目

馬単 3→4 3→10 3→2 3→9 4→3 10→3 2→3 3→1 4→10 10→4

■過去のデータ

≪過去の傾向≫

昨年の同レースと、それ以前の同時期に実施されていたオープンクラスの1400メートル戦を対象に、過去5年分の結果をみていく。1番人気は2勝、2着2回。3年前は5→4→7番人気の順で入ったが、それ以外の4回は3着内馬が4番人気以内だった。2走前までに重賞(18年度まで実施されていたS2重賞は除く)以外のレースで2~3着に入っていた馬が1頭だけ連対。最近4年は前年の中島記念で4着以内だった馬が1頭だけ連対している。

ウインターチャンピオンとは

出走資格

オープン

前回賞金

1着 250万円 2着 75万円 3着 25万円 4着 15万円 5着 10万円

ウインターチャンピオンのコース情報

1,400

1,300mからゲートが100m下がり、4コーナー側のシュートからスタート。他の競馬場と同様、100m伸びただけで逃げ切りは減り、差しや捲りが間に合うことが多くなる。馬番は、極端な外枠だけ避けたいところ。しかしスタートの良い馬ならばそれも克服できる。脚質による好走度合いのバランスもよく、佐賀のメインコースとして良くできている印象。

コース平面図

佐賀競馬場コース画像

ウインターチャンピオンを観戦する

公共交通機関

JR「鳥栖駅」
⇒西鉄バス:「目達原神埼駅通り行」乗車、「競馬場前」下車

車・タクシー

「福岡空港」「佐賀空港」から約50分
九州新幹線「新鳥栖駅」から約10分
JR「鳥栖駅」から約15分
九州自動車道「鳥栖I.C.」から約20分
長崎自動車道「東脊振I.C.」から約20分

駐車場

約10,000台(無料)

【MAP】
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る