立川、伊東温泉、名古屋、福井、松山、別府競輪 通常賭式発売中!
重賞レース&ダートグレード競走特設サイト

【予想】2016年 読売新聞社杯全日本選抜競輪(GI)|競輪ならオッズパーク競輪

2/11~14(久留米)
G1 第31回読売新聞社杯全日本選抜競輪
今回の結果予想情報出走表過去のデータ

★キャンペーン

■「闘将」佐々木昭彦の直前予想

プロフィール:1960年生まれ。佐賀県武雄市出身。1979年デビュー(第43期)。通算535勝、高松宮記念杯競輪(GI)優勝2回、全日本選抜競輪(GI)優勝、GIII記念杯優勝49回の戦績を残し、中野浩一、井上茂徳とともに九州黄金時代を築いた競輪界のレジェンド。ライバルは現日本競輪学校校長の滝澤正光。その気迫あふれる姿から『闘将』の異名を冠し、全国のファンから親しまれ愛された。2011年の引退後は、自転車競技連盟の理事として選手の強化育成の他、解説者やゲストとして競輪中継や番組にも出演している。

初日2日目3日目最終日

2月14日(日) 第31回読売新聞社杯全日本選抜競輪[GI] 最終日
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

大荒れの第31回全日本選抜競輪も決勝戦を迎えた。
昨日は天気も春一番の嵐並の雨風で荒れたが、レースも荒れた。
今日の決勝戦(2900万円)の優勝賞金に競輪グランプリの出場の切符を獲得するのは誰か、とても楽しみだ。
昨日の準決勝を振り返る。
まずは10レース竹内雄作が確実に主導権を取ると思われたが、稲垣裕之が村上博幸を連れて先行した。
久留米のバンクの特徴(捲りにくい)と雨風でもつれると判断したのだろう。稲垣は積極的だった。
菊地も初日落車したが前々と攻めて3着に入った。武田豊樹はやはり動きは悪く大敗した。
11レースは新田祐大が脇本雄太を警戒しながら先行で勝負したが、単騎の近藤隆司の捲りが決まった。
中団に入った脇本が捲り追い込み2着、3着は積極的逃げた新田、調子は悪くない。
12レースは柴崎淳には悪いがGP王者の前を回る時点で、ある程度の覚悟あるレースをして欲しかった。
G1の準決勝、そんなに甘くない。渡邉一成は後ろが信頼ある佐藤慎太郎だっただけに早めの仕掛けで佐藤に交わされたが2着、特別初優勝に向けての素晴らしい走りに感動した。3着は連日伸び脚がいい岩津が後方から突っ込んだ。

9R(S級特秀)2025m
発走時間 15:04
締切予定 14:59
選手名
1 1 山崎 芳仁(福島)
88期S級S班 両
2 2 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
3 3 村上 義弘(京都)
73期S級S班 逃
4 4 伏見 俊昭(福島)
75期S級1班 両
5 林  雄一(神奈)
83期S級1班 追
5 6 松岡 健介(兵庫)
87期S級1班 逃
7 早坂 秀悟(宮城)
90期S級1班 逃
6 8 永澤  剛(青森)
91期S級1班 両
9 柴崎  淳(三重)
91期S級1班 逃
誘導 田中  誠 S級1班

9レース特別優秀
松岡健介の頑張りで村上義弘が捌く
6松岡に3村上義、その後が5林が選択。
9柴崎に2小倉。東北は4車で7早坂、1山崎、4伏見、8永澤で回る。
7早坂がかましのダッシュが良いだけに1山崎が口が空きそう。
6松岡の目一杯の先行で回る3村上義が1山崎を捌きながら最後は自力で決める。
9柴崎は脚貯めて、2小倉の突っ込みにも注意。ただ、すんなり東北が出来ったら1山崎で決まる。

フォーカス
3連単
3→1・2・5・8→1・2・5・8(12点)
3・8→8・3→1・2・5・4(8点)
1・4→4・1→2・3・7・8(8点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

10R(S級特秀)2025m
発走時間 15:45
締切予定 15:40
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
3 3 芦澤 大輔(茨城)
90期S級1班 追
4 4 紺野 哲也(宮城)
69期S級2班 追
5 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
5 6 武井 大介(千葉)
86期S級2班 追
7 橋本  強(愛媛)
89期S級1班 追
6 8 佐藤 友和(岩手)
88期S級1班 両
9 南  修二(大阪)
88期S級1班 追
誘導 坂本健太郎 S級1班

10レース、特別優秀
浅井康太、最終日は捲りで決める
先行力ある2小松崎の番手を8佐藤と3芦澤と競り合いを、1浅井がじっくりと見定めてタイミング良く捲りで決める。
5金子が付いた時は早めの仕掛けが多く5金子の差しもある。

フォーカス
3連単
1・5→5・1→2・6・7・9(8点)
1・2→2・1→3・5・6・9(8点)
2→1・3・5・7→1・3・5・7(12点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

11R(S級決勝)2425m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 新田 祐大(福島)
90期S級S班 逃
2 2 稲垣 裕之(京都)
86期S級S班 逃
3 3 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
4 4 岩津 裕介(岡山)
87期S級1班 追
5 菊地 圭尚(北海)
89期S級1班 両
5 6 近藤 隆司(千葉)
90期S級1班 逃
7 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
6 8 村上 博幸(京都)
86期S級1班 追
9 渡邉 一成(福島)
88期S級1班 逃
誘導 牧  剛央 S級1班

11レース、全日本選抜決勝戦。
渡邉一成が新田の先行で決める
昨年の全プロ記念レース、寛仁親王牌と1新田が前を回り9渡邉の番手でことごとく大敗した東北ラインが3度目の正直。
今回は1新田が自分の役割を覚悟し積極的に走るはず、そうなると9渡邉のGI初優勝が見えてくる。
7脇本が抵抗し主導権を取れば、2稲垣、8村上博の近畿勢に6近藤、4岩津が伸びてくる。

フォーカス
3連単
9・3→3・9→2・4・5・6(8点)
9→2・4・6・8→2・4・6・8(12点)
2・8→8・2→3・4・5・6(8点)
(ボックス)2・4・6・8(24点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

2月13日(土) 第31回読売新聞社杯全日本選抜競輪[GI] 3日目
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

第31回全日本選抜も後半戦を迎える。昨日は春一番が吹いたようにレースが荒れた。二次予選は主力中心に決まりがちだが、なかなか決まらなかった。6レースでは地元の吉本の捲り不発、7レースでは、小松崎の先行一車も残れず、8レースでは脇本の先行で金子、山内のラインで初めて本命サイドで決まったが、9レースは三谷の頭で新田が末甘く3着、大本命の新田も危なかった。10レースは不安視させていた武田が九州勢の抵抗などあり3着。11レースでは、絶対本命の深谷が余裕もって捲りに構えたが(落車もあったが)不発、残念な結果だった。最終の12レース、スタールビー賞は、竹内の逃げを番手の浅井が捌くも最終4コーナーで諸橋がインを突き制し、23万円の高配当がついた。今日はベスト9を決める準決勝戦、大激戦が予想される。

10R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:12
締切予定 15:07
選手名
1 1 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
2 2 竹内 雄作(岐阜)
99期S級1班 逃
3 3 橋本  強(愛媛)
89期S級1班 追
4 4 菊地 圭尚(北海)
89期S級1班 両
5 諸橋  愛(新潟)
79期S級1班 追
5 6 紺野 哲也(宮城)
69期S級2班 追
7 稲垣 裕之(京都)
86期S級S班 逃
6 8 村上 博幸(京都)
86期S級1班 追
9 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
誘導 田中  誠 S級1班

竹内の番手の金子貴志本命も激戦
ラインは4分戦、2竹内に9金子、愛媛の3橋本は9金子の後ろを選択しライン3車。1武田に5諸橋の関東ライン、4菊地に6紺野の東北ライン7稲垣に8村上博の京都ライン。ラインの長さと好調2竹内の番手の9金子が有利にレースを運ぶ。9金子がすんなり2竹内の番手を守りきれれば9金子中心に行けるが、2竹内が日本一の先行として認めさせるレースをしているだけに1武田や4菊地が番手を狙うかも、隊列が短くなれば7稲垣が捲りを放つ。

フォーカス
3連単
9・2→2・9→1・3・5・7(8点)
2→1・4・5・7→1・4・5・7(12点)
7・8→8・7→1・2・4・5(8点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

11R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
2 2 村上 義弘(京都)
73期S級S班 逃
3 3 山崎 芳仁(福島)
88期S級S班 両
4 4 山内 卓也(愛知)
77期S級1班 追
5 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
5 6 近藤 隆司(千葉)
90期S級1班 逃
7 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
6 8 飯嶋 則之(栃木)
81期S級1班 追
9 新田 祐大(福島)
90期S級S班 逃
誘導 坂本健太郎 S級1班

連日、不安の新田祐大だが今日こそ決める
7脇本の先行にすんなり2村上が回れることが出来ると2村上から狙いたいが、8飯嶋が7脇本の番手競りのコメントで2村上が厳しくなった。ここは力の9新田を狙う手か。9新田の番手の3山崎はトリッキーな動きに離れなければ差しもある。1原田や6近藤のスピードタイプも狙い目か。

フォーカス
3連単
9→1・3・5・6→1・3・5・6(12点)
9・3→3・9→1・2・4・6・7(10点)
1・6・7→9→1・2・5・6・7(12点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

12R(S級準決勝)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 園田  匠(福岡)
87期S級S班 追
3 3 渡邉 一成(福島)
88期S級1班 逃
4 4 南  修二(大阪)
88期S級1班 追
5 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
5 6 三谷 竜生(奈良)
101期S級1班 逃
7 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
6 8 柴崎  淳(三重)
91期S級1班 逃
9 岩津 裕介(岡山)
87期S級1班 追
誘導 牧  剛央 S級1班

浅井康太、GPチャンピオンの意地を見せる
8柴崎が1浅井の前を走る以上それなりの覚悟か。スピードタイプの3渡邉、7中川、そして前々と攻める6三谷が相手だが、単騎で連日伸びが良い9岩津が1浅井の後ろを選択すれば、捌きながら最後は捲りで決める。7中川の番手の2園田、3渡邉の番手の5佐藤の伸び脚も良いだけに注意したい。

フォーカス
3連単
1→2・5・6・9→2・5・6・9(12点)
3・7・9→1→2・3・6・7・9(12点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

2月12日(金) 第31回読売新聞社杯全日本選抜競輪[GI] 2日目
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

第31回全日本選抜は二日目を迎える。今日はスタールビー賞をメインに二次予選の激闘が繰り広げられる。
まずは、昨日の特別選抜を振り返る。10レースでは、深谷が3場所連続G3優勝で臨んだが、久留米のバンク特性(400mの中でも傾斜が緩く直線が短い)を熟知していなかったかも知れず、後方に置かれ見せ場のないレース内容であった。早坂の先行を3番手から捲った稲垣を楽に差した村上は流石だった。
11レースは平原の1着失格で、繰り上がりの勝利を得たのは山崎だった。渡邉の突っ張り先行で勝利を得たと言う事は、山崎の人望が有るからこそ、勝利の女神が微笑んだと思う。しかし、武田はいつもの気迫あるレースが感じられなかったのは残念だ。
12レースは竹内の先行で浅井が1着。グランプリユニフォームを着て特別の1着は最高だろう。竹内の逃げは、脇本や新田を認めさせるもので今日のスタールビー賞も楽しみだ。新田の捲りを見ていたら、調子事態はまだまだの感じがした。その一方で、2着に入った岩津はレース感と伸びは共に良かったと思う。
今日は準決勝の切符を掛けて(スタールビー賞の全員は無条件)誰もが力を出し切った素晴らしいレースを望んでいる。

10R(S級二予選)2025m
発走時間 15:12
締切予定 15:07
選手名
1 1 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
2 2 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
3 3 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
4 4 友定 祐己(岡山)
82期S級1班 両
5 吉澤 純平(茨城)
101期S級2班 逃
5 6 服部 克久(熊本)
90期S級2班 両
7 川村 晃司(京都)
85期S級1班 逃
6 8 中村  淳(栃木)
69期S級1班 追
9 菅原  晃(大分)
85期S級1班 両
誘導 田中  誠 S級1班

吉澤目標の武田豊樹だが、九州勢二段駆けが決まると波乱も
3武田の前を走る5吉澤は3武田の弟子であり、昨年の佐世保G3の準決勝で3武田を引き出せなかっただけに必死の走りになるはず、 しかし相手は二段駆けある九州勢、もがき合い覚悟で挑む。捌く3武田中心も両者の先行争いが長引けば7川村の捲りが決まる。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3→2・5・7・8→2・5・7・8 (12点)
(フォーメーション)2・9→9・2→1・3・4・7 (8点)
(フォーメーション)7→2・3・4→1・2・3・4・9(12点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

11R(S級二予選)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 深谷 知広(愛知)
96期S級1班 逃
2 2 菊地 圭尚(北海)
89期S級1班 両
3 3 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
4 4 合志 正臣(熊本)
81期S級1班 追
5 紺野 哲也(宮城)
69期S級2班 追
5 6 浦川 尊明(茨城)
80期S級1班 追
7 園田  匠(福岡)
87期S級S班 追
6 8 飯野 祐太(福島)
90期S級1班 逃
9 根田 空史(千葉)
94期S級1班 逃
誘導 坂本健太郎 S級1班

深谷知広が力の違いを見せつける
昨日、中途半端に終わった1深谷は今日は早めでも先行捲りで決める。 後ろは7園田だが離れる事はないと思うが、油断していたら9根田や8飯野の番手の3中村や2菊地に絡まれるかも。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1・7→7・1→2・3・4・8 (8点)
(フォーメーション)1→2・3・8・9→2・3・8・9 (12点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

12R(S級STR)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 山崎 芳仁(福島)
88期S級S班 両
3 3 村上 義弘(京都)
73期S級S班 逃
4 4 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
5 稲垣 裕之(京都)
86期S級S班 逃
5 6 岩津 裕介(岡山)
87期S級1班 追
7 渡邉 一成(福島)
88期S級1班 逃
6 8 諸橋  愛(新潟)
79期S級1班 追
9 竹内 雄作(岐阜)
99期S級1班 逃
誘導 牧  剛央 S級1班

GP王者 浅井康太が連勝へ
先行に迷いのない9竹内の番手1浅井、単騎8諸橋は1浅井の後ろを選択しそう。 そうなると4原田、5稲垣、7渡邉を捌きながらゴールを目指す。 もし7渡邉や4原田が9竹内に先行勝負を挑めば5稲垣の捲りに乗る3村上も面白い。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1→7・8→3・5・6・7・8 (8点)
(フォーメーション)3・5→5・3→1・2・4・6・8 (10点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

2月11日(祝木) 第31回読売新聞社杯全日本選抜競輪[GI] 初日
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

今日から第31回全日本選抜競輪(GI)が久留米競輪場で開催される。自慢じゃないが私が第1回の全日本選抜競輪(GI)の覇者である(自慢してすみません)。
夏の暑い前橋(旧競輪場)で、ミスター競輪こと中野浩一さんの捲りに乗り、差して優勝し、その年末のKEIRINグランプリ(第1回)切符を手に入れて、更に喜んだ事を今でも思い出す。それから31年。舞台は立春とは言え、寒さ厳しい久留米競輪。ここにS級S班を中心とする輪界のトップメンバーが集結する。
昨年までは東の武田豊樹を中心に関東勢、西の村上義弘を中心に近畿勢が特別競輪や記念競輪を優位にレースを展開してきたが、今年に入ってからは深谷知広の復活、そして原田研太朗、郡司浩平ら若いスターも活躍しており、全日本選抜を走る若者にとっても大変刺激ある開催となろう。
激戦必至の2016年特別競輪初戦 全日本選抜競輪(GI)を存分に楽しみたい。

10R(S級特選予)2025m
発走時間 15:12
締切予定 15:07
選手名
1 1 大塚健一郎(大分)
82期S級1班 追
2 2 稲垣 裕之(京都)
86期S級S班 逃
3 3 神山雄一郎(栃木)
61期S級S班 追
4 4 早坂 秀悟(宮城)
90期S級1班 逃
5 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
5 6 諸橋  愛(新潟)
79期S級1班 追
7 村上 義弘(京都)
73期S級S班 逃
6 8 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
9 深谷 知広(愛知)
96期S級1班 逃
誘導 田中  誠 S級1班

復活した深谷知広を信頼
昨年の伊東GIIIから三場所連続優勝の9深谷、体も自転車のセッティングも万全と見た。4早坂、2稲垣の抵抗はあるが5金子の援護があるだけに思い切りの良い先行で押し切りか。ただ2稲垣も深谷を後方に置き、先捲りが決まれば7村上との折り返しもある。穴狙いは4早坂と9深谷のもがき合いを2稲垣より先に8中川が捲り切れば(仕掛ける勇気があればだが)高配当だ。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)9・5→5・9→1・2・7・8(8点)
(フォーメーション)9→2・3・7→2・3・5・6・7(12点)
(フォーメーション)2・7→7・2→1・3・6・8(8点)
(フォーメーション)8→1・2・7→1・2・7(6点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

11R(S級特選予)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 渡邉 一成(福島)
88期S級1班 逃
2 2 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
3 3 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
4 4 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
5 山崎 芳仁(福島)
88期S級S班 両
5 6 菊地 圭尚(北海)
89期S級1班 両
7 芦澤 大輔(茨城)
90期S級1班 追
6 8 橋本  強(愛媛)
89期S級1班 追
9 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
誘導 坂本健太郎 S級1班

平原が前なら武田豊樹優位
今年になって、昨年一年間グランプリユニフォームを守り続けた疲れもあり、運もない9武田だが、昨日の前検の顔色は良かった。2平原が前で頑張り、後ろは信頼する後輩7芦澤が付けば、関東絆ラインの復活だ。立川GIII優勝の3原田、スピードある1渡邉がタイミング良く仕掛ければ波乱もあるが、2平原が隙のない動きで、最低キープするはずなので9武田の首位は堅いと見る。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)9・2→2・9→3・4・7・8(8点)
(フォーメーション)9→2・3・5・7→2・3・5・7(12点)
(フォーメーション)3→1・2・4・9→1・2・4・8・9(16点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

12R(S級特選予)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 新田 祐大(福島)
90期S級S班 逃
3 3 園田  匠(福岡)
87期S級S班 追
4 4 和田  圭(宮城)
92期S級1班 追
5 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
5 6 海老根恵太(千葉)
86期S級1班 両
7 竹内 雄作(岐阜)
99期S級1班 逃
6 8 岩津 裕介(岡山)
87期S級1班 追
9 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
誘導 牧  剛央 S級1班

竹内使えるグランプリ王者浅井康太
このレースの機動力型は2新田、5脇本、7竹内。一番の先行力は7竹内、ましては1浅井が付けば早めでも先行するはず、そこへ単騎の8岩津や、先手から捲り追い込みを掛けたい6海老根までラインに加われば1浅井が有利になる。ただ、1浅井が7竹内をかばい過ぎたり、捲りを牽制し過ぎたりすると7竹内の逃げ切りもある。5脇本が3園田を連れて先行で勝負すれば2新田の捲りが炸裂する。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1→2・6・7・8→2・6・7・8(12点)
(フォーメーション)7→2・5・6・8→1(4点)
(フォーメーション)2→1・6・9→1・6・8・9(9点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ




[0] ページ先頭へ
■過去のデータ

過去
予想情報
レース名 優勝者
2016年
予想情報
第31回読売新聞社杯
全日本選抜競輪
渡邉 一成
2015年
予想情報
第30回読売新聞社杯
全日本選抜競輪
山崎 芳仁
2014年
予想情報
第30回読売新聞社杯
全日本選抜競輪
村上 博幸
2013年
予想情報
第28回読売新聞社杯
全日本選抜競輪
平原 康多

[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る