小倉競輪「朝日新聞社杯競輪祭(GI)」 Dokanto!・通常賭式発売中!  大宮、松戸、玉野、久留米競輪 通常賭式発売中!
重賞レース&ダートグレード競走特設サイト

【予想】2016年4月 日本選手権競輪(GI)|競輪ならオッズパーク競輪

4/30~5/5(静岡)
G1 第70回日本選手権競輪
今回の結果予想情報出走表過去のデータ

★キャンペーン

■「闘将」佐々木昭彦の直前予想

佐々木昭彦氏のプロフィールはこちら

初日2日目3日目4日目5日目最終日

5月5日(祝木) 第70回日本選手権競輪[GI] 最終日
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

平成28年熊本地震被災地支援競輪 日本選手権競輪は最終日決勝戦を迎える。決勝戦のメンバーの中にSS班が新田祐大1人だけという事実が、いかに準決勝が激戦だったかを物語っている。
9レースでは近藤隆の先行をホームで捲った稲垣をバックで更に捲った新田は本当に強かった。近藤から切り替え、地元の声援で2着まで伸びた渡辺晴はさすがだった。
10レースでは竹内が前受けをした時点で頭を傾げた。後ろを回る吉田を競らせたくなかったのか、巻き返しきれると判断したのだろうか、いずれにせよ特別の準決勝になるとそう甘くない。平原クラスになると調子が悪くても先行し捲らせない力を持っている。結果、竹内は先行出来ずに終わった。平原の番手の神山のブロックは強烈で戻りが遅く牛山に内を行かれ48万円のビック配当が出た。
11レースは深谷が後攻めで先行した結果、近藤龍とワンツーを決めた。深谷は不調だった時の体(乗車フォーム)のぶれがなくなっていた。頭は振っていたが軸はぶれていない今回は感触が良いに違いない。深谷を差した近藤龍はビックレースでは欠かせない何かを持っている男かも。
今日の決勝戦、全員が悔いが残らないレースで盛り上がて欲しい。

9R(S級優秀)2025m
発走時間 15:12
締切予定 15:07
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
3 3 近藤 隆司(千葉)
90期S級1班 逃
4 4 菅田 壱道(宮城)
91期S級1班 逃
5 竹内 雄作(岐阜)
99期S級1班 逃
5 6 友定 祐己(岡山)
82期S級1班 両
7 村上 博幸(京都)
86期S級1班 追
6 8 和田健太郎(千葉)
87期S級2班 両
9 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
誘導 金川 光浩 S級2班

【浅井康太が最終日もGP王者として全力で決める。】
今日は5竹内にGP王者1浅井、7村上博が続く、昨日の反省があるのであれば早目でも5竹内は先手を取るだろう。1浅井は後ろから捲ってくる3近藤隆や4菅田を捌きながらゴールを目指す。逆に1浅井が負けるパターンとしたら5竹内をかばいすぎた時の3近藤隆の捲りと9木暮に絡まれた時だろう、その時は5竹内の逃げ切りが十分にある。4菅田が調子が良いだけに2佐藤の絡みも考えたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1・5→5・1→2・3・4・7(8点)
(フォーメーション)1→2・3→2・3・7・9(6点)
(フォーメーション)5→2・3・7・9→1(4点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

10R(S級順位決)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 神山雄一郎(栃木)
61期S級S班 追
2 2 園田  匠(福岡)
87期S級S班 追
3 3 稲垣 裕之(京都)
86期S級S班 逃
4 4 大塚健一郎(大分)
82期S級1班 追
5 芦澤 大輔(茨城)
90期S級1班 追
5 6 山田 英明(佐賀)
89期S級1班 両
7 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
6 8 池田 憲昭(香川)
90期S級1班 追
9 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
誘導 小林 則之 S級1班

【稲垣が最後は捲りで決める】
3稲垣に7金子の中近ライン、9武田に5芦澤、1神山の関東ライン、6山田に4大塚、8池田の西ラインで2園田は今日も単騎を選択。9武田も6山田も今日は先行を視野に入れて走るはず。そうなると若干のもがき合いがあり、緩んだ所を一気に3稲垣が、かましか捲りを決め7金子との直線勝負に持ち込む。しかし番手を回る4大塚や5芦澤のブロックも強力で、その時は混戦に強い2園田や1神山が伸びてくる。穴目は2園田から。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3・7→7・3→2・5・8(6点)
(フォーメーション)3→1・4・5・8→1・4・5・8(12点)
(フォーメーション)2→3・4・5→1・3・4・5(9点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

11R(S級決勝)2425m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 渡辺 晴智(静岡)
73期S級1班 追
2 2 深谷 知広(愛知)
96期S級1班 逃
3 3 稲川  翔(大阪)
90期S級1班 両
4 4 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
5 新田 祐大(福島)
90期S級S班 逃
5 6 牛山 貴広(茨城)
92期S級1班 両
7 吉田 敏洋(愛知)
85期S級1班 逃
6 8 松坂 英司(神奈)
82期S級1班 追
9 近藤 龍徳(愛知)
101期S級1班 両
誘導 土屋 裕二 S級1班

【深谷がG1V3を飾る。】
昨日の準決勝の2深谷は、強風の中、最終回のタイムが前半11秒2、後半11秒3の22秒5で9近藤龍に差されはしたが素晴らしいレース内容だった。レース後もあの武田豊樹が、掛かり過ぎて伸びなかったとコメントしているほどの掛かりだった。それを考えると先行勝負する相手がいない2深谷、番手に切り込みそうな3稲川や6牛山、5新田も最悪粘ることを考えているかも知れない中、深谷にとって久々の優勝のチャンスが訪れる。ただ、7吉田が番手すんなりだと逆転もあり、ごちゃつけば何か持っている9近藤龍が3番手から伸びてくる。5新田も筋肉改造で炭水化物を取らないダイエットで減量し今回は抜群の動きをしていて、やはり2深谷の後ろがごちゃつけば得意の捲りで決めてくる。熊本地震被災者の4中川にとっては被災地に勇気を与える上でワンチャンスを逃さず仕掛けてリオオリンピック出場の弾みをつけたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)2・7→7・2→4・5・9(6点)
(フォーメーション)2・9→9・2→4・5・7(6点)
(フォーメーション)2・5→5・2→1・3・6(6点)
(フォーメーション)4・5→5・4→1・2・9(6点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

5月4日(祝水) 第70回日本選手権競輪[GI] 5日目
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

平成28年熊本地震被災地支援競輪 第70回日本選手権競輪はいよいよ最大の関門 準決勝3個レースが行われる。
まず昨日の二次予選とゴールデンレーサー賞を振り返る。
9レースでは根田空史が地元渡辺晴智を連れて先行し勝利をもたらした。渡辺は勝利者インタビューでは最高の笑顔で応えていた。一方、今回もダービー優勝の夢を絶たれた山崎芳仁はグランドスラム達成という目標が来年に持ち越された。重圧もあったと思うが残りの2日間精一杯頑張って欲しいと思う。
10レースでは何と私の孫弟子の山田英明が捲りで大金星を上げた。山田は色んな事を聞く耳を持っているし、何でも試す本当に研究熱心な男である。今日も準決勝をクリアして一皮向けた山田英明をアピールして欲しい。しかし、村上義弘の敗退は近況調子が良かっただけに残念だ。
11レース ゴールデンレーサー賞は稲垣が先行し捲った原田が1着で、深谷は力を出し切れない残念な結果に終わった。

さて決勝への9枚の切符を掴むのは誰か、熾烈なバトルから目が離せない。

9R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:12
締切予定 15:07
選手名
1 1 渡辺 晴智(静岡)
73期S級1班 追
2 2 稲川  翔(大阪)
90期S級1班 両
3 3 池田 憲昭(香川)
90期S級1班 追
4 4 近藤 隆司(千葉)
90期S級1班 逃
5 諸橋  愛(新潟)
79期S級1班 追
5 6 岡村  潤(静岡)
86期S級1班 両
7 稲垣 裕之(京都)
86期S級S班 逃
6 8 山田 英明(佐賀)
89期S級1班 両
9 新田 祐大(福島)
90期S級S班 逃
誘導 金川 光浩 S級2班

【総合力上回る新田祐大がスピードでねじ伏せる】
並びは今回、腰の痛みから解放され最高調に仕上げて来た4近藤に1渡辺、6岡村の南関。7稲垣に2稲川の関西。9新田に5諸橋の東ライン。8山田に3池田の西ライン。
まず誰が先制するか、7稲垣か、地元の1渡辺、6岡村に任された4近藤か。多分、4近藤が先行も含め一旦は鐘で前に出て、そこから7稲垣ライン2車を出すレースを組み立てるのでないかと思う。8山田は9新田より前にいて先捲りか前々の厳しい攻めで戦う。9新田はとにかく仕掛けるワンタイミング逃さないように巻き返すと見た。やはり総合力は9新田で7稲垣の番手の2稲川や4近藤の番手の地元1渡辺、躍進する8山田を絡めたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)9 → 1・2・5・8 → 1・2・5・8(12点)
(フォーメーション)9・4 → 4・9 → 1・5・8・9(8点)
(フォーメーション)9・8 → 8・9 → 2・3・5・7(8点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

10R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 大塚健一郎(大分)
82期S級1班 追
2 2 吉田 敏洋(愛知)
85期S級1班 逃
3 3 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
4 4 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
5 神山雄一郎(栃木)
61期S級S班 追
5 6 小岩 大介(大分)
90期S級1班 追
7 竹内 雄作(岐阜)
99期S級1班 逃
6 8 牛山 貴広(茨城)
92期S級1班 両
9 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
誘導 小林 則之 S級1班

【力強い先行日本一の竹内雄作を抜擢】
二次予選の力強い走りには度肝を抜いた。ここは7竹内にとって走りやすいメンバーで3平原が不安なだけに本命視する。7竹内の番手は2吉田で3番手は9金子が続く。3平原には5神山、8牛山の関東勢。4中川には1大塚と6小岩の九州勢。7竹内の先行は間違いないが、3平原が横の弱い2吉田のインで粘るか中団から捲るのか。今の3平原には7竹内を捲る力が無いと見て最終的に7竹内の番手を取りに行くと見た。そうなると4中川がホームあたりから1大塚、6小岩を連れてかましか捲りで攻めれば1大塚の頭もある。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)7・3 → 3・7 → 1・4・5・8(8点)
(フォーメーション)7・4 → 4・7 → 1・3・6(6点)
(フォーメーション)1・4 → 4・1 → 3・6・7(6点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

11R(S級準決勝)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 近藤 龍徳(愛知)
101期S級1班 両
2 2 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
3 3 園田  匠(福岡)
87期S級S班 追
4 4 村上 博幸(京都)
86期S級1班 追
5 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
5 6 松坂 英司(神奈)
82期S級1班 追
7 芦澤 大輔(茨城)
90期S級1班 追
6 8 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
9 深谷 知広(愛知)
96期S級1班 逃
誘導 土屋 裕二 S級1班

【積極的に攻めれる深谷が本命も、原田の捲りも互角】
ゴールデンレーサー賞は後方に置かれ良いところがなかった9深谷、ここは積極的に先行しそう。深谷の後ろは1近藤で、初の番手回りにハッスルしそう。愛知勢の後ろは6松坂が選択。5原田には4村上博で、3園田は単騎選択。2武田は8木暮に任せる。8木暮の動きが注目されるが武田に任されても先行は無いと見た、ここは前々に攻めインで粘るか中団から捲る展開が予測される。5原田は8木暮や3園田の動きを見定め捲りを決めてくる。9深谷が後方に置かれた場合は先行もある。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)9→ 1・2・5・8→ 1・2・5・8(12点)
(フォーメーション)9・5 → 5・9 → 2・4・6・8(8点)
(フォーメーション)5・4 → 4・5 → 2・3・7・8(8点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

5月3日(祝火) 第70回日本選手権競輪[GI] 4日目
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

平成28年熊本地震被災地支援競輪 第70回日本選手権競輪3日目は、二次予選5レースとガールズ競輪コレクションが行われた。
二次予選から振り返る。7レースでは古性優作の上手い走りと思い切りの良さが光った。村上博幸の信頼があったからだろう。
全日本選抜覇者 渡邉一成は捲り不発で敗退した。
8レースは渡邉雄太が竹内雄作に先行勝負を挑んだがあっさり竹内が巻き返して逃げ切り強さが光った。熊本地震被災者 中川誠一郎も後方からの捲りのスピードは凄かった。
10レースでは、脇本雄太がすんなり先行だっただけに逃げ粘るかと思いきりやダービーの二次予選のプレッシャーに負け、ゴール前で失速し敗退した。しかし、レジェンド神山雄一郎の中を割っての2着には執念を感じた。
11レースは吉澤純平が過去2回の連係失敗を取り戻す走りで、武田豊樹を引っ張り芦澤大輔とワンツーが決まったかに見えたが、9番手からの捲り強襲の近藤隆司には予想はしていたもののビックリさせられた。
最終12レースは王者 浅井康太で固いと思われたが中途半端な仕掛けで、地元の好調 岡村潤に破れ二次予選をクリア出来なかった。
9レースに行われたガールズコレクションは信念を貫く奥井迪が先行し小林優香が混戦を捲り、女王の走りでガールズコレクション4度目の優勝を飾った。
しかし、スタート直後に左肩を脱臼し痛みかありながらの優勝は、高校時代を熊本で育ち、熊本地震の被災者に優勝賞金(214万円)を全額寄付し恩返しをしたいという小林優の強い思いが生んだものだ。この優勝は小林優への神様のプレゼントだったかも知れない。

今日はゴールデンレーサー賞と二次予選最後の2レースがある。
残り僅かの準決勝の切符を手に入れる為の男の戦いが繰り広げられる。

9R(S級二予選)2025m
発走時間 15:12
締切予定 15:07
選手名
1 1 松坂 英司(神奈)
82期S級1班 追
2 2 岩津 裕介(岡山)
87期S級1班 追
3 3 山崎 芳仁(福島)
88期S級S班 両
4 4 阿竹 智史(徳島)
90期S級1班 両
5 渡辺 晴智(静岡)
73期S級1班 追
5 6 志村 太賀(山梨)
90期S級2班 両
7 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
6 8 友定 祐己(岡山)
82期S級1班 両
9 根田 空史(千葉)
94期S級1班 逃
誘導 石川 英昭 S級2班

【全冠制覇を狙う山崎芳仁が中心】
3山崎は全冠制覇するためには取りこぼしが出来ない二次予選、7小松崎が先行に燃えている。
7小松崎が先行し3山崎がすんなり番手を回れば山崎が捌きながら勝ちを狙う。
しかし地元ダービー開催で勝ち上がりたい5渡辺晴も3山崎と同じ考え(なにが何でも)と思う。その気持ちが9根田に伝わっていれば先行争いもある。
その時は自在性のある4阿竹を使える2岩津から狙いたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3 → 2・5・6・7 → 2・5・6・7(12点)
(フォーメーション)3・5 → 5・3 → 1・2・6・7(8点)
(フォーメーション)2・4 → 4・2 → 1・5・8・9(8点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

10R(S級二予選)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 村上 義弘(京都)
73期S級S班 逃
2 2 佐藤 友和(岩手)
88期S級1班 両
3 3 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
4 4 片寄 雄己(静岡)
79期S級1班 逃
5 山田 英明(佐賀)
89期S級1班 両
5 6 小岩 大介(大分)
90期S級1班 追
7 澤田 義和(兵庫)
69期S級2班 追
6 8 大槻 寛徳(宮城)
85期S級1班 追
9 三谷 竜生(奈良)
101期S級1班 逃
誘導 海野 敦男 S級2班

【好調三谷を使える村上義弘】
特選の1村上義は芦澤大輔に競られて7着だったが最後まで踏めていた。前を回る9三谷の度胸のある走りは目を見張る成長を感じるが、その9三谷が頑張れば当然1村上義の勝利につながる。
地元4片寄の前を回る3郡司が積極策をとると前々へと攻める好調5山田が4片寄の隙ををついて伸びてくる。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1 → 3・5・7・9 → 3・5・7・9(12点)
(フォーメーション)1・4 → 4・1 → 2・3・5・9(8点)
(フォーメーション)5・6 → 6・5 → 1・2・4・8(8点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

11R(S級GDR)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
2 2 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
3 3 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
4 4 深谷 知広(愛知)
96期S級1班 逃
5 園田  匠(福岡)
87期S級S班 追
5 6 大塚健一郎(大分)
82期S級1班 追
7 新田 祐大(福島)
90期S級S班 逃
6 8 近藤 龍徳(愛知)
101期S級1班 両
9 稲垣 裕之(京都)
86期S級S班 逃
誘導 小林 則之 S級1班

【調子を取り戻した深谷が先行すれば金子貴志が差す】
ゴールデンレーサー賞の全員が準決勝に進める為、準決勝を照準に全員が試してみたい事を思い切りよく仕掛けるレース展開になりそうだ。
その中でもラインが長い中部ラインの先頭を走る4深谷が無理してでも先行にこだわると見ている。単騎2平原や7新田は前々と踏み、
4深谷番手の1金子とゴール勝負に持ち込む。9稲垣が再度、先行にこだわると3原田の捲りに乗った番手の鬼 勝負師6大塚が伸びてくる。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1・4 → 4・1 → 2・7・8・9(8点)
(フォーメーション)1 → 2・7・8・9 → 2・7・8・9(12点)
(フォーメーション)6 → 1・2・3・7 → 1・2・3・7(12点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

5月2日(月) 第70回日本選手権競輪[GI] 3日目
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

平成28年熊本地震被災地支援競輪
第70回日本選手権は昨日の特別選抜2個レースを終えてゴールデンレーサー賞の9名が決まった。そして一次予選を勝ち上がった選手と特別選抜の4着以下の選手が準決勝を目指して今日から二次予選を戦う。
昨日の特別選抜2個レースを振り返る。10レースでは脇本の番手を村上義と芦澤が競り合った。番手勝負してきた私にとってなかなか見応えがあったが、先行する脇本にとっては後ろを競って(認めて)もらった嬉しさとレースのやりにくさがあり微妙な感じだったと思う。しかし、競られた王者村上義も今から色んな選手から挑戦を受けなくてはならない。大変だと思うが頑張って欲しい。
そして、先捲りを打った原田や後方から追い上げた新田のスピードは凄かった。11レースでは深谷が先行にこだわり金子を引っ張ろうとした欲のない戦いが勝利をもたらした。隙のない平原を3番手から何もさせなかった強さは以後のレースも期待出来る。がんばれ深谷、君の活躍で競輪界は盛り上がる。

9R(A級Gコレ)1625m
発走時間 14:40
締切予定 14:35
選手名
1 1 児玉 碧衣(福岡)
108期A級2班 両
2 2 小林 優香(福岡)
106期A級2班 両
3 3 奥井  迪(東京)
106期A級2班 両
4 4 尾崎  睦(神奈)
108期A級2班 両
5 5 石井 貴子(千葉)
106期A級2班 両
6 6 小林 莉子(東京)
102期A級2班 両
7 山原さくら(高知)
104期A級2班 両
誘導 丸山 啓一 S級2班

【激戦もスピード上位の児玉碧衣を抜擢】
過去のGCの最多優勝は2小林優香の3回で、前回のGC名古屋では落車しその後、6連勝しているものの瞬時の切れ味が無いように見える。スピード持久力に関しては1児玉が上位で、前回初参戦のGCは緊張のあまり動きが悪かっただけに、今回は落ち着いて仕掛けられたら勝機は十分あるはず。3奥井は信念を貫く先行であと一歩迄来ているが、今回もGC初参戦の4尾崎の挑戦を受けるだけに厳しい戦いを強いられる。自在型では、少し強引なレースぶりではあるが5石井貴が先行の番手を取り切ればGC(松戸)以来の優勝チャンスもある。前回GC優勝の7山原や、6小林莉子は混戦になればの時に少し絡めたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1・2→2・1→3・5・6・7(8点)
(フォーメーション)1・5→5・1→2・3・6・7(8点)
(フォーメーション)5→1・2・3→1・2・3・6(9点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

10R(S級二予選)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 稲川  翔(大阪)
90期S級1班 両
2 2 神山雄一郎(栃木)
61期S級S班 追
3 3 菊地 圭尚(北海)
89期S級1班 両
4 4 飯野 祐太(福島)
90期S級1班 逃
5 飯嶋 則之(栃木)
81期S級1班 追
5 6 坂本健太郎(福岡)
86期S級1班 両
7 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
6 8 松岡 貴久(熊本)
90期S級1班 両
9 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
誘導 松永 晃典 S級2班

【脇本の番手稲川を狙う。】
連続優勝(川崎G3、平塚)で静岡ダービーに参戦した1稲川、昨日は村上(競り)の後ろだったので調子がどうなのか評価しずらいが、少しずつタテ足が戻りつつある。ここは強引に脇本が先行すれば捌きながら差すと見た。一次予選で捲った7木暮は、2神山や5飯嶋が付くだけに前々からの自在性を発揮する。穴目は強烈な捲りを打った6坂本流し。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1・9→9・1→2・5・7・8(8点)
(フォーメーション)7→2・5・9→2・5・9(6点)
(フォーメーション)6→1・7・9→1・7・9(6点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

11R(S級二予選)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
2 2 南  修二(大阪)
88期S級1班 追
3 3 吉本 卓仁(福岡)
89期S級1班 逃
4 4 川村 晃司(京都)
85期S級1班 逃
5 吉澤 純平(茨城)
101期S級2班 逃
5 6 加倉 正義(福岡)
68期S級2班 追
7 近藤 隆司(千葉)
90期S級1班 逃
6 8 山中 秀將(千葉)
95期S級2班 逃
9 芦澤 大輔(茨城)
90期S級1班 追
誘導 山内 大作 S級2班

【積極的な吉澤がいるだけに武田、芦澤の茨城ラインが本線だ。】
過去の1武田と5吉澤は、昨年の佐世保G3、名古屋G1と連係が失敗している。それだけに5吉澤にとって責任重大で積極的に先行しそう。後ろも9芦澤が固めるだけに1武田は捲って来る4川村や3吉本、8山中を捌きながら番手捲りと見た。但し、5吉澤がペース配分を間違えると8山中次第で7近藤の捲り一発がある。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1・9→9・1→2・3・7(6点)
(フォーメーション)1・7→7・1→2・3・4・9(8点)
(フォーメーション)7→1・2・3・4→1・2・3・4(12点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

12R(S級二予選)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 石井 秀治(千葉)
86期S級1班 逃
3 3 小野 大介(福島)
91期S級1班 追
4 4 牛山 貴広(茨城)
92期S級1班 両
5 菅田 壱道(宮城)
91期S級1班 逃
5 6 鈴木 庸之(新潟)
92期S級1班 逃
7 吉田 敏洋(愛知)
85期S級1班 逃
6 8 椎木尾拓哉(和歌)
93期S級1班 両
9 岡村  潤(静岡)
86期S級1班 両
誘導 丸山 啓一 S級2班

【王者浅井康太、負けられない。】
好調な7吉田を使わずに自力宣言した1浅井は松山G3の優勝後、腰の調子が悪い中そこそこ成績を収めて来た。特選は竹内がまさかの不発でインに切り込み、大塚と絡まなかったら頭まで突き抜けるスピードだった。腰の調子も不安が無いと見て本命。ラインが3車で早めの仕掛けだと7吉田の逆転もある。一次予選で捲ったスピードが良かった5菅田や2石井に付ける地元9岡村も絡めておきたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1→2・5・7・9→2・5・7・8・9(16点)
(フォーメーション)7→1→2・5・8・9(4点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

5月1日(日) 第70回日本選手権競輪[GI] 2日目
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

平成28年熊本地震被災地支援競輪 第70回日本選手権競輪(GI)は二日目を迎える。
昨日の特選11レースは見応えのあるレースだった。
竹内相手に先行で挑んだ稲垣、井上の欠場で番手勝負に出て男を上げた大塚、直線鋭く伸びた近藤。本当に素晴らしかった。
負けはしたが浅井の突っ込みや武田のレースの組み立ての上手さは流石で、2次予選では力発揮してくれるだろう。
また予選前半戦は、バック追い風の影響もあってか捲りが決まった様に見えた。
特に1レース菅田、7レース坂本、そして結果は2着ながらも5レースの被災地熊本出身の中川のスピードは光った。
今日も一次予選5レース、特別選抜2レースが行われる。激しい男勝負が繰り広げられよう。

9R(S級一予選)2025m
発走時間 15:12
締切予定 15:07
選手名
1 1 菊地 圭尚(北海)
89期S級1班 両
2 2 小川 勇介(福岡)
90期S級1班 両
3 3 和田健太郎(千葉)
87期S級2班 両
4 4 山田 久徳(京都)
93期S級1班 逃
5 桐山敬太郎(神奈)
88期S級1班 両
5 6 岩本 和也(石川)
76期S級1班 追
7 安部 貴之(宮城)
92期S級1班 両
6 8 松川 高大(熊本)
94期S級1班 逃
9 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
誘導 松永 晃典 S級2班

【小松崎の番手 菊地有利も、曲者揃いで波乱も】
9小松崎に1菊地、7安部の東北。8松川に2小川の九州。5桐山に3和田の南関。4山田に6岩本の中近の4分戦。
ライン充実の東北勢の先導役9小松崎が、すんなり先行できたら番手の1菊地が抜け出す。
しかし自在性がある5桐山や8松川が前々勝負し、先行パワーある4山田が9小松崎ともがき合えば東北勢も苦戦しそう。
その時は調子が戻りつつある5桐山から8松川や2小川の九州勢を絡めたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1・9 → 9・1 → 2・5・7・8(8点)
(フォーメーション)5 → 2・3・8・9 → 2・3・8・9(12点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

10R(S級特選予)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 園田 匠(福岡)
87期S級S班 追
2 2 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
3 3 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
4 4 稲川 翔(大阪)
90期S級1班 両
5 新田 祐大(福島)
90期S級S班 逃
5 6 石井 秀治(千葉)
86期S級1班 逃
7 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
6 8 芦澤 大輔(茨城)
90期S級1班 追
9 村上 義弘(京都)
73期S級S班 逃
誘導 山内 大作 S級2班

【新田が俊敏な立回りで佐藤慎と決める】
ライン充実の3脇本、9村上義、4稲川の近畿ラインに近況番手勝負(関東ラインの時はまとまる)の信念を貫く8芦澤が3脇本に直マーク。
要の9村上義が苦戦を強いられる。逆に走りやすくなった5新田は、7原田や6石井の動きを見定め一気に捲りで決めてくる。
また7原田が5新田より早く捲りきれば、5新田と好勝負となろう。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)5・2 → 2・5 → 1・3・6・7(8点)
(フォーメーション)5 → 1・3・4・6・7 → 2(5点)
(フォーメーション)5・7 → 7・5 → 1・2・3・6(8点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

11R(S級特選予)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 神山雄一郎(栃木)
61期S級S班 追
2 2 山崎 芳仁(福島)
88期S級S班 両
3 3 深谷 知広(愛知)
96期S級1班 逃
4 4 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
5 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
5 6 池田 憲昭(香川)
90期S級1班 追
7 渡邉 一成(福島)
88期S級1班 逃
6 8 渡辺 晴智(静岡)
73期S級1班 追
9 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
誘導 丸山 啓一 S級2班

【細切れ戦は得意の平原も、まだ完璧ではない】
前回の西武園GIIIでなかなか思うような動きが出来ず、自転車のセッテングも完璧ではなかった9平原だが、
そこから静岡ダービーまでで幾分の上積はしており、隙のない動きをもって中団キープから自力で決めてくる。
しかしその9平原に不安定さが残る以上、3深谷が師匠の5金子を連れて先行し、位置決めずの6池田もラインに加わるような
展開になれば、9平原も簡単には巻き返せない。オリンピックを決めた7渡邉一、力を付けてきた4郡司も力差はない。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)9 → 1・3・5・8 → 1・3・5・8(12点)
(フォーメーション)5・3 → 3・5 → 1・4・6・8・9(10点)
(フォーメーション)4・7 → 9 → 1・2・4・8・7(8点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

4月30日(土) 第70回日本選手権競輪[GI] 初日
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

第70回日本選手権競輪(GI)がゴールデンウィーク期間中(4/30~5/5)に静岡競輪場で開催される。
2月の久留米全日本選抜競輪(GI)はリオオリンピックの出場も決めた渡邉一成が見事GI戦初優勝で決めた。3月の名古屋ダービー(GI)では村上義弘が魂の走りで、4度目のダービー王に輝いた。
注目のGI決戦第3戦は、新年度から開催日程が見直され連続ダービー開催となる『静岡ダービー』。最高の名誉「ダービー王」の称号を誰が手にするのか、とても楽しみだ。
今回の開催では熊本、大分の地震被災者の皆様に少しでも勇気と感動を与えられるレースを、皆が心掛けて全力で頑張ってくれる事を切に望んでいる。

9R(S級一予選)2025m
発走時間 15:12
締切予定 15:07
選手名
1 1 片寄 雄己(静岡)
79期S級1班 逃
2 2 中村 淳(栃木)
69期S級1班 追
3 3 三宅 達也(岡山)
79期S級1班 追
4 4 浦川 尊明(茨城)
80期S級1班 追
5 北野 武史(石川)
78期S級1班 追
5 6 筒井 裕哉(兵庫)
89期S級1班 逃
7 根田 空史(千葉)
94期S級1班 逃
6 8 望月 永悟(静岡)
77期S級1班 追
9 矢口啓一郎(群馬)
86期S級1班 逃
誘導 松永 晃典 S級2班

【根田を使える地元片寄雄己が決める】
7根田に地元1片寄と8望月の南関ライン。9矢口、2中村、4浦川の関東ライン。6筒井に5北野の中近に3三宅が付く西ラインの3分戦。
2月の静岡GIIIで1片寄が逃げて番手の7根田が準優勝しているだけに、今度は7根田が逃げるはずで1片寄が有利と見る。
9矢口が上手い立回りで6筒井を先行させ、7根田を後方に 置く展開に持ち込めば9矢口の首位に、2中村、5北野を絡める車券も面白い。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1・7 → 7・1 → 2・6・8・9(8点)
(フォーメーション)1 → 2・5・8・9 → 2・5・8・9(12点)
(フォーメーション)9 → 2・5 → 1・2・3・4・5(8点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

10R(S級一予選)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 天田 裕輝(群馬)
91期S級1班 逃
2 2 東口 善朋(和歌)
85期S級1班 追
3 3 大槻 寛徳(宮城)
85期S級1班 追
4 4 齋藤登志信(宮城)
80期S級1班 追
5 村上 博幸(京都)
86期S級1班 追
5 6 佐藤 悦夫(栃木)
86期S級1班 追
7 三谷 竜生(奈良)
101期S級1班 逃
6 8 坂本 貴史(青森)
94期S級1班 逃
9 磯田 旭(栃木)
96期S級1班 両
誘導 山内 大作 S級2班

【パワフルな三谷の番手の村上博幸が鋭い差しを披露】
3月の名古屋ダービーで決勝進出し一皮剥けた7三谷。ダービー後も着実に自在性を発揮し、F1で2度の優勝を飾っている。
三谷の番手の5村上博も名古屋ダービーでは3勝し前回の福井F1では川村晃司のホームかましをきっちり差して優勝しているだけに5村上博から狙う。しかし、8坂本が先手を奪い、1天田が捲る展開になれば9磯田から。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)5・7 → 7・5 → 1・2・3・9(8点)
(フォーメーション)5 → 1・2・7・9 → 1・2・7・9(12点)
(フォーメーション)9 → 1・5・7 → 1・3・5・7(9点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ

11R(S級特選予)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 諸橋 愛(新潟)
79期S級1班 追
3 3 稲垣 裕之(京都)
86期S級S班 逃
4 4 近藤 龍徳(愛知)
101期S級1班 両
5 岩津 裕介(岡山)
87期S級1班 追
5 6 井上 昌己(長崎)
86期S級1班 両
7 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
6 8 大塚健一郎(大分)
82期S級1班 追
9 竹内 雄作(岐阜)
99期S級1班 逃
誘導 丸山 啓一 S級2班

【中部ライン強力で浅井中心も、武田・稲垣も復調気配で波乱もある】
今、日本一の先行選手と認めても過言ではない9竹内、そして日本一安定性がある自在の1浅井、三番手を固める上昇一途のマーク屋4近藤の中部ライン。
これに対して、7武田に2諸橋の関東ライン。3稲垣に5岩津の西ライン。6井上に8大塚の九州ラインが挑む4分戦。
すんなり9竹内が先行し中部3車で先制すればほぼ1浅井で決まる。
しかし、一昨年のGP王者7武田のイン粘りや、鎖骨骨折から復活している3稲垣がレースをかき回せば、9竹内の逃げ切りや6井上の捲りに乗った8大塚の突っ込みもある。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1・9 → 9・1 → 3・4・5・7(8点)
(フォーメーション)9 → 2・3・6・7・8 → 1(5点)
(フォーメーション)8→ 1・2・3・7・9 → 6(5点)

⇒この買い目で投票

↑ ページTOPヘ





■「闘将」佐々木昭彦氏のプロフィール

プロフィール:1960年生まれ。佐賀県武雄市出身。1979年デビュー(第43期)。通算535勝、高松宮記念杯競輪(GI)優勝2回、全日本選抜競輪(GI)優勝、GIII記念杯優勝49回の戦績を残し、中野浩一、井上茂徳とともに九州黄金時代を築いた競輪界のレジェンド。ライバルは現日本競輪学校校長の滝澤正光。その気迫あふれる姿から『闘将』の異名を冠し、全国のファンから親しまれ愛された。2011年の引退後は、自転車競技連盟の理事として選手の強化育成の他、解説者やゲストとして競輪中継や番組にも出演している。


[0] ページ先頭へ
■過去のデータ

過去
予想情報
レース名 優勝者
2016年
予想情報
第70回日本選手権競輪 中川誠一郎
2016年
予想情報
第69回日本選手権競輪 村上 義弘
2015年
予想情報
第68回日本選手権競輪 新田 祐大
2014年
予想情報
第67回日本選手権競輪 村上 義弘
2013年
予想情報
第66回日本選手権競輪 村上 義弘
2012年
予想情報
第65回日本選手権競輪 成田 和也

[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る