オッズパーク

重賞レース&ダートグレード競走特設サイト

【予想】2015年 高松宮記念杯競輪(GI)|競輪ならオッズパーク競輪

6/18~21(岸和田)
G1 第66回高松宮記念杯競輪

今回の結果予想情報出走表過去のデータ

★キャンペーン

■主な出場選手(予定)

武田 豊樹(茨城)、神山 雄一郎(栃木)、平原 康多(埼玉)、深谷 知広(愛知)、浅井 康太(三重)、村上 義弘(京都)、村上 博幸(京都)、稲川 翔(大阪)、岩津 裕介(岡山)、山崎 芳仁(福島)、新田 祐大(福島)

■「闘将」佐々木昭彦の直前予想

プロフィール:1960年生まれ。佐賀県武雄市出身。競輪学校第43期卒業。通算535勝(GI優勝回数 3回/GIII優勝回数 49回) 1979年デビュー。二度の高松宮杯競輪制覇や第一回目となる全日本選抜競輪での優勝などまさに競輪界を代表する選手として活躍。その気迫あふれる姿から「闘将」の異名で全国のファンから親しまれた。2011年に引退後は、自転車競技連盟の理事として選手の強化育成の他、解説者やゲストとして競輪中継や番組へも出演している。

初日2日目3日目最終日

6月21日(日) 高松宮記念杯競輪[GI] 最終日
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

波切バンク岸和田で開催されている第66回高松宮記念杯競輪(GI)も最終日を迎えた。
昨日、激戦を勝ち上がった決勝メンバーが出揃った。準決勝を振り返って見ると、10レースでは新田に少し迷いがあったように思えた。しかし、新田の落車後の佐藤は先行して3着、良く頑張った。11レースは稲垣が平原の先行を捲って1着。神山(雄)の強烈なブロックをしのいでの捲りは、悲願のG1を手にする気迫を感じた。渡邉一は余りにも守りに入って力を出し切れなかった。12レースでは村上(義)が脇本の先行を追い込み1着、さすがだった。武田は3着ではあったが最後まで諦めない走りに感動した。 今日は9レースにガールズコレクションが行われる。女子最強の小林優が主役を務めるが、力を付けてきた奥井も闘志満々で目が離せない。

9R(A級Gコレ)1625m
発走時間 14:40
締切予定 14:35
選手名
1 1 梶田  舞(栃木)
104期A級2班 両
2 2 小林 優香(福岡)
106期A級2班 両
3 3 荒牧 聖未(栃木)
102期A級2班 両
4 4 加瀬加奈子(新潟)
102期A級2班 両
5 5 奥井  迪(東京)
106期A級2班 両
6 6 小林 莉子(東京)
102期A級2班 両
7 石井 寛子(東京)
104期A級2班 両
誘導 金田健一郎
S級2班

小林優香が人気に応える
2小林は昨年のガールズGPでは人気に応えることが出来ず3着。 その後、優勝を重ねて迎えた別府の全プロ大会での落車は心配されるも、 先日の武雄では完璧な強さだった。先行意欲満々の5奥井も調子良いが、2小林が捲り切ると見た。 2小林キラーの1梶田が好位を取り鋭く迫る。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)2→1・7→1・3・5・7 (6点)
(フォーメーション)1・5→5・1→2・3・7 (6点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

10R(S級特秀)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
2 2 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
3 3 神山雄一郎(栃木)
61期S級S班 追
4 4 菅原  晃(大分)
85期S級1班 逃
5 諸橋  愛(新潟)
79期S級1班 追
5 6 竹内 雄作(岐阜)
99期S級1班 逃
7 和田真久留(神奈)
99期S級1班 逃
6 8 坂口 晃輔(三重)
95期S級1班 追
9 渡邉 一成(福島)
88期S級1班 逃
誘導 山本 佳嗣
S級2班

竹内の番手、金子中心も激戦
好調6竹内の先行に、2金子、三番手に8坂口とライン3車。 9渡邉一に3神山(雄)、7和田に5諸橋、4菅原に1小倉の四分戦。 9渡邉一のスピード上位もライン重視で2金子から。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)2・9→9・2→1・3・7・8 (8点)
(フォーメーション)2→3・5・6・8→3・5・6・8 (12点)
(フォーメーション)9→2・3→1・2・3・5 (6点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

11R(S級特秀)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 山崎 芳仁(福島)
88期S級1班 両
2 2 渡部 哲男(愛媛)
84期S級1班 追
3 3 飯嶋 則之(栃木)
81期S級1班 追
4 4 牛山 貴広(茨城)
92期S級1班 両
5 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
5 6 高橋 陽介(青森)
89期S級1班 逃
7 深谷 知広(愛知)
96期S級S班 逃
6 8 伊藤 保文(京都)
71期S級1班 追
9 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
誘導 前田 拓也
S級2班

深谷が浅井を連れて一気のカマシ
7深谷は昨日は落車を避けたせいもあるが伸びを欠いた。 今日は5浅井、8伊藤が付くだけに早めの巻き返しだ。 6高橋目標の1山崎も侮れない。9原田は捲りか。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)7・5→5・7→1・3・8・9 (8点)
(フォーメーション)1→3・4・9→2・3・4・9 (9点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

12R(S級決勝)2425m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 逃
2 2 村上 義弘(京都)
73期S級S班 逃
3 3 岩津 裕介(岡山)
87期S級S班 追
4 4 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
5 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
5 6 松岡 貴久(熊本)
90期S級1班 両
7 稲垣 裕之(京都)
86期S級1班 逃
6 8 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
9 石井 秀治(千葉)
86期S級1班 逃
誘導 中澤 央治
S級2班

好感稲垣、最高の布陣で夢をつかむ
初優勝へ最強の近畿ライン。 前は今期最強の先行8脇本、後ろに近畿の総大将、2村上。 条件が揃ったが、後はシビアになれるかだ。 東の横綱、1武田も5平原が好調だけに頂点を目指す。 3岩津も動きが良いし、5平原次第では8脇本にも勝機。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)7・2→2・7→1・3・5・8 (8点)
(フォーメーション)1→2・3・5→2・3・5・8 (9点)
(フォーメーション)8・5→5・8→1・2・3・9 (8点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

6月20日(土) 高松宮記念杯競輪[GI] 3日目
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

本日は、第66回高松宮記念杯(GI)準決勝。
昨日の龍虎賞は、深谷の気迫の先行を平原が巻き返せず、その流れを冷静に見定めた単騎の新田が捲って快勝した。 東西両横綱の武田と村上もなかなかの動きだった。 二次予選では気迫の芦澤の動き、脇本の粘り強い先行、渡邉一、中川の目の覚めるような捲りと見応えがあった。 今日も凄いメンバーでの準決勝、熾烈な戦いが期待出来る。

10R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 岩津 裕介(岡山)
87期S級S班 追
2 2 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
3 3 石井 秀治(千葉)
86期S級1班 逃
4 4 牛山 貴広(茨城)
92期S級1班 両
5 深谷 知広(愛知)
96期S級S班 逃
5 6 鈴木謙太郎(茨城)
90期S級2班 逃
7 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
6 8 芦澤 大輔(茨城)
90期S級1班 両
9 新田 祐大(福島)
90期S級1班 逃
誘導 前田 拓也 S級2班

総合力では新田も、復調著しい深谷も侮れない
自力が3石井、5深谷、6鈴木、9新田で先行しそうなのはライン3車の6鈴木か、 5深谷は早めの巻き返し、9新田は中団から一気の捲りで決めるのか。 6鈴木の番手となる8芦澤や、位置決めずの1岩津も連候補、 5深谷はタイミング良く仕掛けられたら2浅井の逆転もある。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)9→2・5・7・8→1・2・5・7・8 (16点)
(フォーメーション)9・5→5・9→1・2・7・8 (8点)
(フォーメーション)2・5→5・2→1・3・8・9 (8点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

11R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 稲川  翔(大阪)
90期S級S班 両
2 2 神山雄一郎(栃木)
61期S級S班 追
3 3 菊地 圭尚(北海)
89期S級1班 両
4 4 渡邉 一成(福島)
88期S級1班 逃
5 稲垣 裕之(京都)
86期S級1班 逃
5 6 松岡 貴久(熊本)
90期S級1班 両
7 飯嶋 則之(栃木)
81期S級1班 追
6 8 内藤 宣彦(秋田)
67期S級1班 追
9 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
誘導 金田健一郎 S級2班

隙がない平原が中心も、好調渡邉一成のスピードも光る
総合力では9平原が一番だ。後ろに2神山(雄)、7飯嶋の関東絆ラインは強力だ。5稲垣、4渡邉の動きを見ながら自力で決着か。 4渡邉は脚を貯めてのカマシか捲りだろう。今の4渡邉は落ち着いているし強さを感じる。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)9・2→2・9→1・4・5・7 (8点)
(フォーメーション)9・4→4・9→1・2・3・5 (8点)
(フォーメーション) 4→3→6・8・9 (3点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

12R(S級準決勝)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 逃
2 2 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
3 3 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
4 4 園田  匠(福岡)
87期S級1班 追
5 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
5 6 岩本 和也(石川)
76期S級1班 追
7 村上 義弘(京都)
73期S級S班 逃
6 8 伊藤 保文(京都)
71期S級1班 追
9 諸橋  愛(新潟)
79期S級1班 追
誘導 中澤 央治 S級2班

東の横綱、武田豊樹 対 西の横綱、村上義弘の対決
強力先行3脇本の番手の7村上が展開有利か、 昨日までの3脇本の先行を見ては、1武田、2中川、5金子の自力型が先行争いはしないはず、 位置取り厳しい1武田は中団、後方に2中川と5金子。 その流れを見ながら1武田が仕掛け、7村上との争いと見た。穴は2中川の捲り一発。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)7・1→1・7→2・3・5・9 (8点)
(フォーメーション)7→1・2・3→1・2・3・8・9 (12点)
(フォーメーション)2→1・4・7→1・4・7 (6点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

6月19日(金) 高松宮記念杯競輪[GI] 2日目
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

初日の白虎賞は金子貴志、青龍賞は武田豊樹が制した。 白虎賞では、深谷の復活をアピールする力強い走りに感動した。 前走の武雄記念は一週間前から武雄競輪場で相当な練習と調整をしていた。 体も絞れていたし今日の走りも楽しみだ。 青龍賞では、王者武田の落ち着いた捌きと、前を任された平原の気迫の走りは見事だった。
さて今日は二次予選と最終12レースに龍虎賞が行われる。

10R(S級二予選)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 和田真久留(神奈)
99期S級1班 逃
2 2 藤木  裕(京都)
89期S級1班 逃
3 3 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
4 4 牛山 貴広(茨城)
92期S級1班 両
5 望月裕一郎(静岡)
65期S級1班 追
5 6 稲毛 健太(和歌)
97期S級1班 逃
7 岩津 裕介(岡山)
87期S級S班 追
6 8 友定 祐己(岡山)
82期S級1班 両
9 神山 拓弥(栃木)
91期S級1班 両
誘導 前田 拓也 S級2班

躍進著しい和田が捲る
ナショナルチーム出身の3中川、1和田、6稲毛に自在タイプの9神山(拓)の4分戦。 白虎賞からの3中川からと思ったが、思いっきりが良い1和田が混戦を捲る。 6稲毛が先手を取れば番手の2藤木だがシビアになりきれるか、9神山(拓)は自在に連候補。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1→2・3・5→2・3・5・7・9(12点)
(フォーメーション)2・9→9・2→1・3・4・7 (8点)
(フォーメーション)3・7→7・3→2・5・9 (6点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

11R(S級二予選)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 稲垣 裕之(京都)
86期S級1班 逃
2 2 諸橋  愛(新潟)
79期S級1班 追
3 3 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
4 4 高橋 陽介(青森)
89期S級1班 逃
5 菅原  晃(大分)
85期S級1班 逃
5 6 山内 卓也(愛知)
77期S級1班 追
7 南  修二(大阪)
88期S級1班 追
6 8 鈴木謙太郎(茨城)
90期S級2班 逃
9 岡部 芳幸(福島)
66期S級1班 両
誘導 金田健一郎 S級2班

混戦も鈴木マークの諸橋が一気
このレースも1稲垣、4高橋、5菅原、8鈴木の4分戦。 力上位の1稲垣から人気は集中しそうだが、 昨日の8鈴木はマークの飯嶋をちぎっての捲りの動きが光っていた。 ここは混戦を8鈴木がカマシか捲りで番手の2諸橋が差す展開か。 3小倉や9岡部のベテランの突っ込みもある。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)2・8→8・2→1・3・5・9 (8点)
(フォーメーション)2→1・3・8・9→1・3・8・9 (12点)
(フォーメーション)1→3・5・7・9→3・5・7・9 (12点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

12R(S級優秀(龍虎賞))2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 逃
2 2 村上 義弘(京都)
73期S級S班 逃
3 3 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
4 4 深谷 知広(愛知)
96期S級S班 逃
5 神山雄一郎(栃木)
61期S級S班 追
5 6 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
7 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
6 8 新田 祐大(福島)
90期S級1班 逃
9 稲川  翔(大阪)
90期S級S班 両
誘導 中澤 央治 S級2班

強力関東絆ラインで武田豊樹が中心
昨日の平原の走りは見事だった。あの新田がどうする事も出来ないほど気迫のこもった走りに、番手の武田が人気に応えるレースだった。 そして、本日の龍虎賞も復活してきた4深谷さえ後方に置けば、 捲ってくる2村上(義)や8新田に併せて1武田が捌く。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1→2・5・8→2・5・7・8・9 (12点)
(フォーメーション)1・8→8・1→2・5・7・9 (8点)
(フォーメーション)3・6→6・3→1・2・8・9 (8点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

6月18日(木) 高松宮記念杯競輪[GI] 初日
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

今日から、G1第66回高松宮記念杯競輪が岸和田競輪場で開催される。私も過去2度の優勝経験がある。1度目は第35回で中野浩一、井上茂徳の九州の大御所を引き出すつもりが片岡克己に強引先行され、国松利全との番手勝負となり2コーナーで競り落とし優勝、人気集中の中野、井上両氏を後目に、僕みたいな者が優勝してすみませんとヒーローインタビューでファンの皆様に謝った事を思い出す。2回目は7年後の第42回、先行する三宅伸、4番手に神山雄一郎、6番手に滝澤正光、8番手に坂本勉の捲り合戦、私は同期の滝澤正光の後ろから、がら空きのインから中割して優勝し、久しぶりの特別優勝に嬉し過ぎて大泣きした2度目の高松宮記念杯だった。
さて今回も一昨年に引続き浪切バンクを舞台に、東西ベスト9が争う西の白虎賞、東の青龍賞、そして東西別の予選で幕を開ける。高松宮記念杯特有の番組がとても楽しみだ。特に成長した地元稲川翔は、近畿の結束力に後押しされ意地で戦う。関東の武田豊樹、平原康多の絆ラインも脅威。スピードの新田も要注意、深谷はそろそろパワー復活でV候補と、初日メインの白虎賞、青龍賞はもちろんのこと、トップクラスのメンバーが競い合う全てのレースから目が離せない。

10R(S級一予選)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 萩原 孝之(静岡)
80期S級1班 追
2 2 佐藤 悦夫(栃木)
86期S級2班 追
3 3 渡邉 一成(福島)
88期S級1班 逃
4 4 芦澤 大輔(茨城)
90期S級1班 両
5 渡辺 晴智(静岡)
73期S級1班 追
5 6 安部 貴之(宮城)
92期S級1班 両
7 小埜 正義(千葉)
88期S級1班 逃
6 8 岡田 征陽(東京)
85期S級1班 両
9 佐藤 友和(岩手)
88期S級1班 両
誘導 前田 拓也 S級2班

渡邉一成のスピードが断然
前回の取手記念を制し、スピードが上回る3渡邉一がカマシか捲りで決める。ただ、7小埜の積極的な先行を甘くみると番手の5渡辺晴が伸びる。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3→5・9→1・5・7・9(6点)
(フォーメーション)5→1・3・7→1・2・3・7(9点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

11R(S級白虎賞)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 村上 義弘(京都)
73期S級S班 逃
2 2 深谷 知広(愛知)
96期S級S班 逃
3 3 稲川  翔(大阪)
90期S級S班 両
4 4 大塚健一郎(大分)
82期S級1班 追
5 岩津 裕介(岡山)
87期S級S班 追
5 6 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
7 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
6 8 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
9 稲垣 裕之(京都)
86期S級1班 逃
誘導 金田健一郎 S級2班

復調著しい深谷の先行で金子貴志
2深谷は高地トレーニングや支部合宿などでかなりの手応えがあるとみた、積極的に先行すれば6金子から7浅井。近畿が結束して9稲垣が先手を取れば、番手の1村上と中団から伸びる8中川が競り合う。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)6・7→7・6→2・4・5・8(8点)
(フォーメーション)6・8→8・6→3・4・5・7(8点)
(フォーメーション)1・8→8・1→3・4・5・9(8点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

12R(S級青龍賞)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 逃
2 2 新田 祐大(福島)
90期S級1班 逃
3 3 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
4 4 石井 秀治(千葉)
86期S級1班 逃
5 山崎 芳仁(福島)
88期S級1班 両
5 6 菊地 圭尚(北海)
89期S級1班 両
7 神山雄一郎(栃木)
61期S級S班 追
6 8 天田 裕輝(群馬)
91期S級1班 逃
9 諸橋  愛(新潟)
79期S級1班 追
誘導 中澤 央治 S級2班

平原、武田の関東コンビが絶好調の新田を攻略
GP覇者の1武田、相性抜群の僚友3平原が隙のない動きから1武田が抜け出す。オーストラリアの海外遠征から1ケ月ぶりの実戦となった2新田もスピードを活かしきれたら押し切りも。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1・3→3・1→2・4・7・9(8点)
(フォーメーション)1・2→2・1→3・5・7・9(8点)
(フォーメーション)2→1・3・5→1・3・5・7(9点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ


[0] ページ先頭へ
■過去のデータ

過去
予想情報
レース名 優勝者
2015年
予想情報
第66回高松宮記念杯競輪 武田 豊樹
2014年
予想情報
第65回高松宮記念杯競輪 稲川 翔
2013年
予想情報
第64回高松宮記念杯競輪 成田 和也
2012年
予想情報
第63回高松宮記念杯競輪 武田 豊樹

[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る

Copyright(C)
Odds Park Corp.