オッズパーク

重賞レース&ダートグレード競走特設サイト

【予想】2015年 寛仁親王牌(GI)|競輪ならオッズパーク競輪

7/17~20(弥彦)
G1 第24回 寛仁親王牌
今回の結果予想情報出走表過去のデータ

★キャンペーン

■主な出場選手(予定)

武田 豊樹(茨城)、神山 雄一郎(栃木)、深谷 知広(愛知)、浅井 康太(三重)、村上 義弘(京都)、村上 博幸(京都)、稲川翔(大阪)、岩津 裕介(岡山)、山崎 芳仁(福島)、新田 祐大(福島)

■「闘将」佐々木昭彦の直前予想

プロフィール:1960年生まれ。佐賀県武雄市出身。競輪学校第43期卒業。通算535勝(GI優勝回数 3回/GIII優勝回数 49回) 1979年デビュー。二度の高松宮杯競輪制覇や第一回目となる全日本選抜競輪での優勝などまさに競輪界を代表する選手として活躍。その気迫あふれる姿から「闘将」の異名で全国のファンから親しまれた。2011年に引退後は、自転車競技連盟の理事として選手の強化育成の他、解説者やゲストとして競輪中継や番組へも出演している。

初日2日目3日目最終日

7月20日(祝月) 寛仁親王牌[GI] 最終日
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

優勝賞金2800万円を懸けて第24回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメントは、今日20日最終日を迎え、激戦を勝ち抜いた9選手によって決勝戦が行われる。
昨日の準決勝はどのレースも見ごたえがあり、10レースでは脇本が雨谷の先制により一瞬外に浮かされた状態から再度踏み直し驚異的な強さを見せた。ベテラン神山は47才での決勝進出は本当に頭が下がる。
11レースは、早坂の気迫の先行に渡邉が番手から捲り、深谷、浅井の人気ラインを撃破した。 12レースは、武田がレースの流れを作りつつ三谷の抵抗があり苦しい展開だったが3着に入り込んだ。金子の捲りも本当に素晴らしかった。
さて決勝戦はG1初制覇を狙う脇本。その脇本の番手を回る金子、4車で結束する東北勢、総力戦で戦う武田と激戦必至で見ごたえのあるレースになるのは間違いない。

9R(S級特秀)2025m
発走時間 15:02
締切予定 14:57
選手名
1 1 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
2 2 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
3 3 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
4 4 古性 優作(大阪)
100期S級2班 逃
5 柴崎  淳(三重)
91期S級1班 逃
5 6 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
7 村上 博幸(京都)
86期S級S班 追
6 8 桐山敬太郎(神奈)
88期S級1班 両
9 大塚健一郎(大分)
82期S級1班 追
誘導 笹川 竜治 S級2班

単騎 桐山敬太郎の自在戦
5柴崎に2浅井、6小松崎に1佐藤慎、3中川に9大塚、4古性に7村上博、人気の2浅井は5柴崎目標に戦うが不発のケースもある。 ここは位置取り上手い8桐山の自在戦に期待したい。穴は4古性の頑張りで7村上博から高配当が狙える。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)8→1・2・3→1・2・3・5・7(12点)
(フォーメーション)2→1・7・8→1・3・5・7・8(12点)
(フォーメーション)7→2・4・6・8→2・4・6・8(12点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

10R(S級特秀)2025m
発走時間 15:41
締切予定 15:36
選手名
1 1 岩津 裕介(岡山)
87期S級S班 追
2 2 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
3 3 村上 義弘(京都)
73期S級S班 逃
4 4 高橋 陽介(青森)
89期S級1班 逃
5 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
5 6 佐藤 朋也(秋田)
89期S級1班 逃
7 南  修二(大阪)
88期S級1班 追
6 8 野田 源一(福岡)
81期S級1班 両
9 松岡 健介(兵庫)
87期S級1班 逃
誘導 城  幸弘 S級1班

村上義弘中心も激戦
近畿は9松岡、3村上義、7南。5原田に1岩津、4高橋に6佐藤朋、単騎戦の2木暮と8野田。 近畿勢の3村上義中心も5原田の捲りも魅力。穴は、東北の2段駆けがあれば、その後ろ狙いの単騎の2木暮。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3→2・5・7・9→2・5・7・9(12点)
(フォーメーション)5→1・2・3→1・2・3(6点)
(フォーメーション)2→6・8→5・6・8(4点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

11R(S級決勝)2425m
発走時間 16:25
締切予定 16:20
選手名
1 1 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 逃
2 2 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
3 3 渡邉 一成(福島)
88期S級1班 逃
4 4 菊地 圭尚(北海)
89期S級1班 両
5 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
5 6 伏見 俊昭(福島)
75期S級1班 両
7 神山雄一郎(栃木)
61期S級S班 追
6 8 園田  匠(福岡)
87期S級1班 追
9 新田 祐大(福島)
90期S級1班 逃
誘導 上原  龍 S級1班

脇本雄太のG1初制覇に期待
連日、驚異的な強さを見せている2脇本が決勝戦も平常心で自分の信念を貫けば優勝出来ると見た。 1武田も今開催、2脇本の強さを認めており飛び付きも視野に入れているはず。9新田は東北4車結束するも無駄駆けは考えにくく、ホームかましか捲りで3渡邉とのワンツーもある。5金子は脇本の先行を番手すんなりなら逆転もある。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)2・1→1・2→ 3・7・9(6点)
(フォーメーション)2・5→5・2→ 2・8・9(6点)
(フォーメーション)3・9→9・3→ 1・2・5・6(8点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

7月19日(日) 寛仁親王牌[GI] 3日目
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

弥彦競輪場で開催中の寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメントは3日目を迎え、 昨日の二次予選を勝ち上がった選手とローズカップ出場全員の選手が今日、決勝進出を懸けて準決勝に挑む。
ローズカップは、鮮やかな捲りで制した新田祐大、先行で調子の良さをアピールした脇本雄太、そして深谷知広もホームから仕掛けて脇本とのもがき合いと、迫力満点のレースだった。
今日の準決勝はどのレースも豪華で、どこからでも狙える番組だけに、高配当も期待できる。

10R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:17
締切予定 15:12
選手名
1 1 新田 祐大(福島)
90期S級1班 逃
2 2 村上 義弘(京都)
73期S級S班 逃
3 3 南 修二(大阪)
88期S級1班 追
4 4 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
5 神山雄一郎(栃木)
61期S級S班 追
5 6 野田 源一(福岡)
81期S級1班 両
7 雨谷 一樹(栃木)
96期S級2班 逃
6 8 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
9 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
誘導 笹川 竜治 S級2班

スピードの新田祐大も近畿勢も互角
1新田に4佐藤の東北に、9脇本、2村上義、3南の近畿。7雨谷に8木暮、5神山雄の関東の四分戦。
近畿勢と関東勢がもがき合いに成れば1新田が捲り切るが、4佐藤が付けきれるかは微妙。
ただ好調9脇本がすんなり逃げる展開になれば2村上義が好展開をものにする。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1→ 2・4・9→ 2・4・6・8・9(12点)
(フォーメーション)2・9→9・2→ 1・3・5・6・8(10点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

11R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:52
締切予定 15:47
選手名
1 1 深谷 知広(愛知)
96期S級S班 逃
2 2 松岡 健介(兵庫)
87期S級1班 逃
3 3 早坂 秀悟(宮城)
90期S級1班 逃
4 4 園田 匠(福岡)
87期S級1班 追
5 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
5 6 伏見 俊昭(福島)
75期S級1班 両
7 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
6 8 古性 優作(大阪)
100期S級2班 逃
9 渡邉 一成(福島)
88期S級1班 逃
誘導 城 幸弘 S級1班

中部コンビの浅井、深谷中心
連係実績が豊富な1深谷、5浅井の中部。3早坂に9渡邉、6伏見の東北。8古性に2松岡の近畿。7原田に4園田の西日本の四分戦。
3早坂の先行が有力なメンバーだが、8古性、7原田がかき回し混戦に成れば1深谷が捲り5浅井が差すと見た。
ただナショナルチームの3早坂が一気に先行し、9渡邉が番手すんなりであれば捲って逆転を狙う。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)5・1→ 1・5→ 2・4・7・8(8点)
(フォーメーション)9→ 1・2・5・6→ 1・2・5・6(12点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

12R(S級準決勝)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 逃
2 2 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
3 3 稲川 翔(大阪)
90期S級S班 両
4 4 諸橋 愛(新潟)
79期S級1班 追
5 大塚健一郎(大分)
82期S級1班 追
5 6 高橋 陽介(青森)
89期S級1班 逃
7 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
6 8 菊地 圭尚(北海)
89期S級1班 両
9 三谷 竜生(奈良)
101期S級1班 逃
誘導 上原 龍 S級1班

総合力と経験で武田豊樹
12レースも細切れ戦で積極的なのは9三谷か6高橋、その動きを見極め1武田が中団から捲る。
ただ2中川が1武田が仕掛ける前に早めのかましか捲りを決めれば九州ラインが浮上する。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1・4→ 4・1→ 2・3・5・7(8点)
(フォーメーション)1→ 2・3・5・7→ 2・3・4・5・7(16点)
(フォーメーション)2・5→ 5・2→ 1・3・4・7(8点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

7月18日(土) 寛仁親王牌[GI] 2日目
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

第24回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメントは2日目を迎える。
初日メインの理事長杯は浅井が単騎での戦いだったが、武田の捲りを3番手から軽く追い込み快勝した。
人気になっていた新田は2着に届きはしたが、位置取りの甘さに加え、思い切りの悪いイメージを受けた。特選10レースでは、脇本が捲りの決まっていない弥彦競輪場の雨バンクを後方から捲って1着、とても強く感じさせられた。
特選11レースでは、深谷の外を捌きながらの捲りが決まったと思ったが、番手の大塚が差し切ったのは見事だった。
今日は好調脇本に大塚が連係する。脇本が好調だけに大塚の出番もある。
準決勝への切符を決めたローズカップ出場の選手は、自分の持てる力を十二分に発揮しファンの皆様に感動を与えられるレースをして欲しい。

10R(S級二予A)2025m
発走時間 15:17
締切予定 15:12
選手名
1 1 諸橋  愛(新潟)
79期S級1班 追
2 2 渡部 哲男(愛媛)
84期S級1班 追
3 3 村上 博幸(京都)
86期S級S班 追
4 4 伏見 俊昭(福島)
75期S級1班 両
5 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
5 6 佐藤 朋也(秋田)
89期S級1班 逃
7 松岡 健介(兵庫)
87期S級1班 逃
6 8 黒田  淳(岡山)
97期S級1班 逃
9 天田 裕輝(群馬)
91期S級1班 逃
誘導 笹川 竜治 S級2班

スピード上位の中川誠一郎
理事長杯は何も出来ずに終わった5中川だが、今日は細切れ戦で脚を貯め一気の捲りで昨日のうっぷんを晴らすと見た。
地元1諸橋は9天田の仕掛け次第で連勝を狙う。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)5・1→1・5→2・3・4・9(8点)
(フォーメーション)5→1・2・3→1・2・3・9(9点)
(フォーメーション)1・9→9・1→2・3・5・7(8点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

11R(S級二予A)2025m
発走時間 15:52
締切予定 15:47
選手名
1 1 村上 義弘(京都)
73期S級S班 逃
2 2 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
3 3 菊地 圭尚(北海)
89期S級1班 両
4 4 桑原 大志(山口)
80期S級1班 追
5 稲垣 裕之(京都)
86期S級1班 逃
5 6 野田 源一(福岡)
81期S級1班 両
7 河端 朋之(岡山)
95期S級2班 逃
6 8 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
9 飯嶋 則之(栃木)
81期S級1班 追
誘導 城  幸弘 S級1班

稲垣を目標に村上義弘
理事杯は先行を貫き大敗した1村上だが、常に全力で走る姿には感動させられる。
その姿をいつも身近で見ている5稲垣が、今日は村上が後ろとなると早めでも仕掛けるはず。
しかし8小松崎の番手の3菊地、自在の2木暮、スピードの7河端、単騎戦の6野田と曲者揃いで波乱も。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1・5→5・1→2・3・6・9(8点)
(フォーメーション)1・3→3・1→2・5・6・8(8点)
(フォーメーション)2・9→9・2→1・3・5・6(8点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

12R(S級ローズ)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 逃
2 2 新田 祐大(福島)
90期S級1班 逃
3 3 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
4 4 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
5 渡邉 一成(福島)
88期S級1班 逃
5 6 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
7 神山雄一郎(栃木)
61期S級S班 追
6 8 大塚健一郎(大分)
82期S級1班 追
9 深谷 知広(愛知)
96期S級S班 逃
誘導 上原  龍 S級1班

常に主役を演じる武田豊樹
昨日の理事長杯での1武田は村上義の先行を3番手から捲って微差の3着ではあったが王者の貫禄を見せてくれた。
2新田はホームで仕掛けるタイミングがあったのだが、行かなかったぶん今日は早めでも仕掛ける。
中部の3番手を回る3浅井は、9深谷の仕掛け次第で今日も伸びて来る。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1→6・7・8→6・7・8(6点)
(フォーメーション)1・2→2・1→3・4・5・7(8点)
(フォーメーション)3・4→4・3→1・2・8・9(8点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

7月17日(金) 寛仁親王牌[GI] 初日
文:佐々木昭彦(元競輪選手・競輪学校43期)

↑ ページTOPヘ

第24回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメントが、本日より4日間、弥彦競輪にて開催される。全日本プロ選手権の成績からの選考基準をもとに予選、優秀、理事長杯が行われる。
6月に開催された高松宮記念杯では近畿の強力な布陣を、関東絆コンビの平原康多が近畿勢をかき回し後ろを回った武田豊樹が撃破した。しかし今回は、平原が練習中の落車で手首を骨折し欠場、武田にしてみれば平原が出場しない分、総力戦で戦い特別連覇を狙う。
新田祐大は直前のジャパントラックカップ(自転車競技大会)での動きは10秒前半のタイムを連発するなど動きは悪くなかった。同じくナショナルチームの渡邉一成、中川誠一郎、和田真久留のスプリントタイプはギヤ規制以降、持てるパワーを発揮している。なんと言っても層が厚い村上義弘中心とした近畿勢は、稲垣裕之、脇本雄太、川村晃司、稲川翔、村上博幸が総力を結集しV獲りに挑む。
中部勢は、深谷知広、竹内雄作が復調しているだけに浅井康太、金子貴志も有利にレースを運べると見た。そしてニュースターを目指し、伊藤裕貴、新山将史、谷口遼平ら若手初出場組はチャレンジャー精神で挑む。
今日は、予選から日本競輪選手会理事長杯までの12レース。手に汗握るスピードバトルが繰り広げられる。

10R(S級特選予)2025m
発走時間 15:17
締切予定 15:12
選手名
1 1 山崎 芳仁(福島)
88期S級1班 両
2 2 竹内 雄作(岐阜)
99期S級1班 逃
3 3 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
4 4 松岡 健介(兵庫)
87期S級1班 逃
5 早坂 秀悟(宮城)
90期S級1班 逃
5 6 雨谷 一樹(栃木)
96期S級2班 逃
7 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
6 8 伊藤 裕貴(三重)
100期S級1班 逃
9 稲川 翔(大阪)
90期S級S班 両
誘導 笹川 竜治 S級2班

早坂目標にレースを運ぶ山崎が差す
特別初出場の8伊藤に2竹内、7金子の中部ライン。3脇本に4松岡、9稲川の近畿ライン。5早坂に1山崎の東北ライン。単騎の6雨谷。
どのラインからも狙える中、特に好調2竹内が8伊藤目標に有利にみえるが、8伊藤は特別初出走でペース配分に不安があり、2竹内は番手不慣れな面もある。3脇本が無理をしてでも8伊藤を潰して先行すれば、5早坂の捲りごろとなり、1山崎の差しが決まる。
ただ、中部勢が主導権を取ったときは7金子から。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1→5・6・7・9→5・6・7・9(12点)
(フォーメーション)7・2→2・7→1・5・6・9(8点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

11R(S級特選予)2025m
発走時間 15:52
締切予定 15:47
選手名
1 1 稲垣 裕之(京都)
86期S級1班 逃
2 2 大塚健一郎(大分)
82期S級1班 追
3 3 深谷 知広(愛知)
96期S級S班 逃
4 4 三谷 竜生(奈良)
101期S級1班 逃
5 柴崎 淳(三重)
91期S級1班 逃
5 6 谷口 遼平(三重)
103期S級2班 逃
7 南 修二(大阪)
88期S級1班 追
6 8 河端 朋之(岡山)
95期S級2班 逃
9 川村 晃司(京都)
85期S級1班 逃
誘導 城 幸弘 S級1班

復調 深谷が捲りきる
3深谷は三重勢と別線を選択し、4三谷、9川村、1稲垣、7南の4車の近畿勢が有利にみえるが、
特別初出走の6谷口がチャレンジャー精神で挑むならもがき合いになるはず、
そうなるとタイミング良く仕掛けられる3深谷から。大穴はスピードある単騎8河端の連絡み。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3→1・2・8→1・2・5・8・9(12点)
(フォーメーション)1→3・7・8→2・3・7・8(9点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ

12R(S級日競杯)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 逃
2 2 村上 義弘(京都)
73期S級S班 逃
3 3 岩津 裕介(岡山)
87期S級S班 追
4 4 新田 祐大(福島)
90期S級1班 逃
5 村上 博幸(京都)
86期S級S班 追
5 6 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
7 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
6 8 渡邉 一成(福島)
88期S級1班 逃
9 神山雄一郎(栃木)
61期S級S班 追
誘導 上原 龍 S級1班

レース運び、実績で武田中心
細切れの理事杯は1武田に、9神山の関東ライン。
4新田、8渡邉の福島ラインに、2村上義弘、5村上博幸の京都ライン、3岩津は6中川に任せ、7浅井は単騎。
4新田は5月の全プロ記念権で先行出来なかったぶん主導権を獲りそう。
しかし6中川、2村上義の抵抗も有りそうで1武田が有利に運ぶ。単騎の7浅井も好調で単穴候補。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1→7・8・9→2・3・7・8・9 (12点)
(フォーメーション)1・7→7・1→2・3・8・9 (8点)
(フォーメーション)8→1・4・7→1・3・4・7 (9点)

[1]投票する

↑ ページTOPヘ


[0] ページ先頭へ
■過去のデータ

過去
予想情報
レース名 優勝者
2015年
予想情報
第24回
寛仁親王牌
園田 匠
2014年
予想情報
第23回
寛仁親王牌
深谷 知広
2013年
予想情報
第22回
寛仁親王牌
金子 貴志
2012年
予想情報
第21回
寛仁親王牌
佐藤 友和

[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る

Copyright(C)
Odds Park Corp.