小倉競輪「朝日新聞社杯競輪祭(GI)」 Dokanto!・通常賭式発売中!  大宮、松戸、玉野、久留米競輪 通常賭式発売中!
「実況アナウンサー」橋本悠督の直前予想!
  

第34回 読売新聞社杯全日本選抜競輪

2/8(金)2/9(土)2/10(日)2/11(祝月)

2/11(祝月)
↑ ページTOPヘ

以前、女性限定の初心者セミナーの司会をやらせてもらった時、競輪初体験という女性に「このレース、この選手が凄く気になるんですけど、どうですか…?」という質問をされたことがありまして、その時率直に思ったのは「それは無茶苦茶や!天地がひっくり返っても、その選手が勝つことはないやろ~!」でしたので、その思いをオブラート、いや、それより分厚い餃子の皮で包みながらこう答えました「そうですか~!それは斬新な予想ですね~。確かに、その選手が1着になるともの凄い大きな配当になりますよ~でもですね、あの~、私の見解では、まず、あり得ないと思うんです。調子も良くないし、展開も向かないし....」というと、その女性は悲しみに瞳を曇らせて「そうですか....そうですよね....じゃあ、やめときます」と答え、自分の席へ戻っていきました。
そんな彼女が踵を返した時に見せた秋の夕暮れのような寂しそうな背中、10年以上経った今でも忘れることはできません。なぜならばその後、女性が推していたあの選手が1着になって、大波乱になったからです。つまり、初心者の彼女の閃きが正しかったのです。
勿論もうそれ以降、彼女から私へ質問を投げかけてくることはありませんでしたし、以降の初心者セミナーで顔を見ることもありませんでした。一人の大事な大事な、新規の女性ファンを私の責任で失ってしまったのです!
しかし、大きな信頼を失った事と引き換えに私は一つの真理を学んだのです。それは「何事も絶対はない」という当たり前の真実を。全日本選抜競輪3日目の準決勝。どれだけの人が「山中選手の豪快なカマシからの和田選手の1着」を予想できたでしょうか。「平原選手の先行」私はこれっぽっちも想定していませんでした。そして何よりも!何よりも!「決勝メンバー唯一のグランプリレーサーが武田豊樹」だなんて、そんなことを4日前に想像できた人が一人でもいたのだろうか?そう!勝負の世界に絶対などというモノは存在しないのです。
まぁ、ほんとに前日のコラムで「展開予想もバッチリだぜ!イエーイ!!」などと調子に乗っていたのが恥ずかしくなる体たらくですが、全ての先入観を排除して、もう一度!もう一度!4日目の予想に専念したいと思います。さぁ、全てはラストの1本の為に、いざ出陣!

第10R(S級特秀)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 村上 義弘(京都)
73期S級S班 両
2 2 諸橋  愛(新潟)
79期S級1班 追
3 3 太田 竜馬(徳島)
109期S級1班 逃
4 4 岩津 裕介(岡山)
87期S級1班 追
5 坂口 晃輔(三重)
95期S級1班 追
5 6 南   潤(和歌)
111期S級1班 逃
7 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
6 8 根田 空史(千葉)
94期S級1班 逃
9 鈴木 庸之(新潟)
92期S級1班 両
誘導 菅原  晃 S級2班

太田のスピード最上位も、南がはまれば面白い!
準決勝、山中奇襲駆けの展開にしてやられた3太田だが、評価は全く変わらない。ここなら1枚上のスピードで他を圧倒すると見るのが順当か。6南の後ろは1村上。8根田の後ろは7中村と、早め早めにレースが動きそうな構成なのも3太田にとっては好材料。4岩津を連れてのスジ車券厚めだが、仕掛けのタイミングによっては千切れがあるかもしれない。そのケースも考えつつ。あと、もし3太田が早めに前を叩きにいき、4岩津が離れた場合は6南が後位にはまってしまう展開も。その時は、6南と3太田の折り返しや、位置取りできる9鈴木庸の一発は考えておきたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3 ⇒ 4 ⇒ 6519(4点)
(フォーメーション)36 ⇒ 369 ⇒ 19362(12点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級特秀)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
2 2 村上 博幸(京都)
86期S級S班 追
3 3 小川真太郎(徳島)
107期S級1班 逃
4 4 村田 雅一(兵庫)
90期S級2班 追
5 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
5 6 五十嵐 力(神奈)
87期S級1班 両
7 新山 響平(青森)
107期S級1班 逃
6 8 大槻 寛徳(宮城)
85期S級1班 追
9 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
誘導 大竹 慎吾 S級2班

日増しに良くなっている印象の新山!主導権なら大槻の絡みか!
前回の和歌山で乱調だった7新山。今節も決して好調とは言えないが、それでも徐々に良くなってきている印象だし、何よりも積極的に動いているのが素晴らしい。ここ9渡邉の先手取りも考えられるが、主導権の気持ちは7新山の方が強いとみて!復帰戦だが、伸び悪くない8大槻の絡みに期待したい。準決勝、思い切って先手を取った5平原だが、ここは勝つレースに徹してきそう。ただ、すんなり3番手が取れるかどうか?ということになると、微妙なところ。位置を取りにいきたい5平原よりも、先行してもいい!という気持ちが強そうな3小川や9渡邉の方がイン斬りから、中団確保できるのでは?特に3小川の組み立てが近況光るだけに、東北勢先行からの中団3小川。この展開からの車券を押さえておきたい。その時はやはり2村上の突っ込みを。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)8 ⇒ 3275 ⇒ 32751(16点)
(フォーメーション)23 ⇒ 8 ⇒ 32751(8点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級決勝)2425m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
2 2 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
3 3 香川 雄介(香川)
76期S級1班 追
4 4 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
5 吉澤 純平(茨城)
101期S級1班 逃
5 6 和田真久留(神奈)
99期S級1班 逃
7 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
6 8 吉田 敏洋(愛知)
85期S級1班 両
9 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
誘導 小岩 大介 S級1班

九州の地で、またもや中川が大仕事!!気配超抜の松浦は外せない!!
震災の直後に行われた、熊本での日本選手権競輪で悲願の初タイトルを掴んだ1中川!あの時はまさに絵に描いたようなドラマだったが、今回別府で初めて行われるGIなら!という情緒的な思いが、まず頭をよぎる。ただ、情緒的なものだけではなく、メンバーも1中川にとっては大チャンス!9番手の展開が非常に怖いところだが、それでも!1中川のスピードをもってすれば、ある程度のところまで飛んでくるのでは?と見ている。あと、今節絶好調は7松浦。準決勝、あの展開で3着に届いたことで更に期待度が高まった。5吉澤が果敢に攻めていく中で中団は奪えそう。その展開で、今の7松浦の脚なら、十分!今回は優勝を狙えるだろう!あと!!このレース、5吉澤が自分のペースで先手を取れそうなだけに、番手の2武田が絶好のチャンスで4コーナーを回ってくる可能性が高い。その時に番手から一気に抜け出していく車券は少し、ほんの少し、押さえておきたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1 ⇒ 72 ⇒ 72986(8点)
(フォーメーション)7 ⇒ 21 ⇒ 21396(8点)
(フォーメーション)2 ⇒ 97 ⇒ 97136(8点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

2/10(日)
↑ ページTOPヘ

初日、2日目と珍しいことに連続して最終レースの予想が的中いたしまして…終わり良ければすべてよし!などという格言がありますが、やっぱりラストでバシッと決めるというのは気持ちのいいものですね~。おまけに、展開まで想定通りで言う事ありません!競輪の予想のスタイルは十人十色、千差万別、百花繚乱ですが、私はどちらかというと展開を重視するタイプですので、この展開がある程度当たっているかどうか?というのが、当たり外れと同じくらい重要だったるするのです。
想定したとおりに9人の選手の皆さんが動いてくれた時の、誇らしい気持ち!「な、な、な、だから言ったやろ~」と、周囲にいる全員に自慢したくなるようなあの感覚。この感覚は昔から何も変わっておりません。
インハイ高めのストレートを見せた後の次の配球。「これはストライクからボールになるスライダー、もうこれで、これで絶対バッターは空振りするから」と口にした直後に、私が思った通りのボールをピッチャーが投げ、バッターが思った通りに空振りする。「よっしゃ~、オッケー、オッケー!!」と口にしながらグイっとあおるビールの何と美味なことか。そう!これがまさに「THE庶民」の楽しみなんですよね~。
人より秀でた身体能力もなければ、かといって厳しい練習に耐えるだけの精神力も持ち合わせていない私は、当たり前ですが自転車を必死に漕いでも40kmが精一杯。だから、プロフェッショナルな皆さんに思いを託すのです。それは、なけなしのお金だけではなく、展開予想というちっぽけなプライドも同じように....全日本選抜競輪は3日目!勝負の準決勝です!

第10R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
2 2 吉澤 純平(茨城)
101期S級1班 逃
3 3 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
4 4 山田 久徳(京都)
93期S級1班 両
5 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
5 6 成清 貴之(千葉)
73期S級1班 追
7 諸橋  愛(新潟)
79期S級1班 追
6 8 海老根恵太(千葉)
86期S級1班 両
9 村上 義弘(京都)
73期S級S班 両
誘導 菅原  晃 S級2班

デキの良さ光る渡邉!ここなら粘り十分とみて!
混戦ムード漂う準決勝1組目。4山田が9村上義を連れて早めに前を叩いていく事も考えられるが、航続距離の長さは3渡邉。2日目も南潤に主導権を奪われたものの、その後にもう一度捲り追い込んで2着とデキは申し分ない。先手を取ってもいいという気持ちで仕掛けていけば、自ずと流れは南関勢に向いてくるのでは。加えて、4山田と2吉澤が中団で縺れることもあり得る。そうなれば1中川の一発も要注意だが、ムラッ気のある1中川よりも、ここは3渡邉の気配を信じて。相手はもちろんスジの8海老根基本だが、8海老根がそんなにブロックにいくタイプでもないので、別線自力はしっかり押さえておきたいところ。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3 ⇒ 8124 ⇒ 81247(16点)
(フォーメーション)8124 ⇒ 3 ⇒ 81247(16点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 古性 優作(大阪)
100期S級1班 両
3 3 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
4 4 吉田 敏洋(愛知)
85期S級1班 両
5 太田 竜馬(徳島)
109期S級1班 逃
5 6 山中 秀将(千葉)
95期S級1班 逃
7 村上 博幸(京都)
86期S級S班 追
6 8 和田真久留(神奈)
99期S級1班 逃
9 香川 雄介(香川)
76期S級1班 追
誘導 大竹 慎吾 S級2班

太田が果敢にレースを支配。3番手へのこだわりは浅井よりも古性!
今年に入って人が変わったように積極性が増している5太田。以前は簡単に前受して、後方に置かれ、何もできずに終わってしまうような事が多かったが、今はそのひ弱さは微塵も感じない。ここも相手関係を考えると、一気に主導権を奪いにいくレースになるとみて間違いないだろう。問題はその3番手に誰がいるのか?1浅井か2古性か?ということになりそうだが、初日、平原の内を攻めていったように、2古性の方が位置へのこだわりは強いように思う。1浅井より後ろになってしまっては勝負にならないと考え、2古性が3番手にいる展開を想定して。5太田が押し切るところまでは難しいが、2、3着に粘る車券で勝負する。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)271 ⇒ 5 ⇒ 2716(9点)
(フォーメーション)271 ⇒ 2716 ⇒ 5(9点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級準決勝)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
2 2 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
3 3 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
4 4 坂口 晃輔(三重)
95期S級1班 追
5 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
5 6 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
7 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
6 8 山賀 雅仁(千葉)
87期S級1班 両
9 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
誘導 小岩 大介 S級1班

松浦の抜群の仕上がりに賭けてみたい!ただ、原田不発の場合は南関勢を中心に。
今節の3松浦は素晴らしい伸び脚。6原田の後ろというのが何とも微妙で、不安なところもあるが、それでもやっぱり中心として狙ってみたい。6原田不発でも、外のコースを一気に突っ込んできても何らおかしくないだろう。相手はやはり1平原。今節、さほど目立っている印象はないが、大きな失敗をするタイプではないだけに、やっぱり車券には絡めておきたい。ただ、アタマで勝負というよりはヒモ候補。むしろ5郡司が早めに動いた時の2中村アタマの車券を穴で押さえておく。それでも3松浦の絡みや、渋太い7佐藤、単騎の4坂口あたりもしっかり押さえて勝負!

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3 ⇒ 621 ⇒ 62174(12点)
(フォーメーション)2 ⇒ 8531 ⇒ 85314(16点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

2/9(土)
↑ ページTOPヘ

私の通っていた高校は男子校で、おまけに当時、先生もみんな男性。とにかく男ばっかりの環境で3年間を過ごしてまいりました。「魁!!男塾」が大嫌いで勿論、淡い思い出など皆無。周囲には共学の高校がたくさんあって、夕暮れ時、仲良さそうに歩いている高校生のカップルを見る度に「くそーっ!不純なやつらめ!学生の本分は学業であるにも関わらず、異性とイチャイチャすることにウツツをぬかしやがって!!羨ましい、実に羨ましいじゃないか」と、嫉妬の嵐に苛まれておりました。
なので、基本的に愛校心などというモノが育まれるはずもなく、というより高校一年の入学式から持ち合わせていない!!そう思っていたのですが…これがですね~。そうでもなかったんですよ!!何と!なにわの暴れん坊!古性優作選手は、私の通っていた高校の19年後輩!それだけで、もう親近感しかありません。まぁ、きっと彼も私と同じように異性との接触を望みつつも、なかなかそれが叶わない、そんな悶々とした思いを抱きながら高校の3年間を過ごしてきたんでしょう。
しかし!私は思うのです。その3年間の悶々が、彼の今の「ケンカ上等」のスタイルを作り上げたのではないだろうか、と。きっと、彼が共学の高校出身なら、飛び付くレースなどやらなかったでしょう。ましてや、初日のレースで平原選手のインコースを突いていくなんて....平原選手が共学なのか男子校なのか、私は知りません。しかし、彼の事ですから高校時代からモテモテだったはずです。異性との淡い思い出も数多くあるでしょう。
そんな、競輪界モテ男代表と言っても過言ではない平原選手に、簡単に位置を奪われる訳にはいかないんです!「何の為に高校の3年間、男子校の屈辱に耐えてきたのか」もはや、己のアイデンティティーに関わる問題になってくるのです。私は、今こそ、この事について古性選手、いや優作と語り合いたい。そんな思いでいっぱいです。
ここでの予想も有難いことに的中いたしまして、軍資金も大幅アップです。しかし、まだまだ、私も、そして優作もこれで完全に不毛な高校時代の思いを清算できたわけではないでしょう。優作は夢のGIタイトルに向かって、そして私は、何に向かっていくのか分かりませんが....とにかく、明日以降も戦うのみ!さぁ、全日本選抜競輪2日目の予想も頑張っていきましょう!

第10R(S級二予選)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 五十嵐 力(神奈)
87期S級1班 両
2 2 菅田 壱道(宮城)
91期S級1班 両
3 3 荒井 崇博(佐賀)
82期S級1班 両
4 4 南   潤(和歌)
111期S級1班 逃
5 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
5 6 山賀 雅仁(千葉)
87期S級1班 両
7 渡邉 一成(福島)
88期S級1班 逃
6 8 杉森 輝大(茨城)
103期S級1班 逃
9 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
誘導 菅原  晃 S級2班

南の番手が浅井なら、もう考えることはないでしょう!
4南の番手に9浅井、文句なしのシフトになった10R。5渡邉雄太が真っ向勝負!というタイプならもがき合う展開も想定できるが、勝ち上がりのかかった大事な二次予選で5渡邉がそこまでの勝負に出るかと言われれば、可能性は低いと言わざるを得ない。かなりの確率で9浅井に絶好の流れになるだろう。3番手の3荒井もタテ脚あるが、義理人情を重んじるだけに、中近の後ろからシビアに、ということもないだろう。基本線は安いが9浅井軸の、4南ー3荒井へ流す車券を。ただ一つ、見えないのは2菅田の後ろに7渡邉一成がつけるというシフト。普通は前後が逆になるはずなのだが、2菅田が前になることで何か一策があるのか?いや、あったとしても、3番手の3荒井のところが競り合いになるくらいか。点数を絞りに絞って、分厚く勝負にいきたいレース。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)9 ⇒ 43 ⇒ 43(2点)
(フォーメーション)9 ⇒ 4 ⇒ 285(3点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級二予選)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 諸橋  愛(新潟)
79期S級1班 追
2 2 近藤 隆司(千葉)
90期S級1班 逃
3 3 山崎 芳仁(福島)
88期S級1班 両
4 4 齊藤 竜也(神奈)
73期S級1班 追
5 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
5 6 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
7 岡村  潤(静岡)
86期S級1班 追
6 8 永澤  剛(青森)
91期S級1班 両
9 柏野 智典(岡山)
88期S級1班 追
誘導 小岩 大介 S級1班

ここなら原田が男気先行!と読んで。逃げたら強いんです!!
展開が非常に読みづらい11R。主導権は2近藤か6原田か。この両者を比較してみると、近況、積極的に動いている印象は6原田。一瞬のスキをついて主導権取りへ動いてくると見た。そんなに早めからレースが動きそうな構成ではないだけに、風が強い別府バンクとはいえ逃げれば粘りも十分あるのでは?思い切って、9柏野と6原田の折り返しを中心に勝負してみたい。後は、絶好の3番手に5平原がいる可能性は高そうなので、5平原アタマからの車券も少し考えておく必要があるが、6原田の仕掛けがカマシになりそうなので、意外と勇気をもって6原田の前にイン斬りした選手が3番手にいるかもしれない。2近藤が「先行してもいいぞ」くらいの気持ちでインを斬る流れなら、そこを6原田がドーン!と叩いて、意外と3番手には2近藤がいるかもしれない。その場合は、2近藤の先捲りで南関ワンツーを!!

フォーカス
3連単
(フォーメーション)69 ⇒ 69 ⇒ 517(6点)
(フォーメーション)97 ⇒ 972 ⇒ 97265(12点)
(フォーメーション)5 ⇒ 91 ⇒ 9167(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級STR)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
2 2 太田 竜馬(徳島)
109期S級1班 逃
3 3 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
4 4 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
5 古性 優作(大阪)
100期S級1班 両
5 6 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
7 村上 義弘(京都)
73期S級S班 両
6 8 椎木尾拓哉(和歌)
93期S級1班 追
9 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
誘導 大竹 慎吾 S級2班

グランプリ王VSヤンググランプリ王!しかし、車券は…
昨年のGPチャンピオン1三谷に、ヤングGPのチャンピオン2太田が挑んでいく一戦。初日の2太田は、少し末が甘くなったものの自信を持って主導権を握っていたのが好印象。近況の好調ぶりは変わらない!近畿4車になるのだが、今の2太田のトップスピードと「積極的にいこう」という強い気持ちを考えれば、先手をしっかり奪うとみて。その場合、怖いのは番手の6小倉よりも4松浦。昨日、ずっと車間を切って前をかばいながら、尚且つ直線で余裕を持って抜け出している。4松浦はかなり今節仕上がってるとみて間違いないだろう。思い切って4松浦本命のアタマ勝負!後は1三谷が近畿4人ラインという責任感を感じ、2太田との力勝負に打って出た場合。その時は後ろで脚を溜めている9中川が一気に飛んでくるだろう。その時の2着は手広く、手広く考えたい。本日、コラム冒頭で5古性の事しか書いていなかったが...2日目は2着までの予想で。スマン!優作!

フォーカス
3連単
(フォーメーション)4 ⇒ 6259 ⇒ 625913(20点)
(フォーメーション)9 ⇒ 5134 ⇒ 513426(20点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

2/8(金)
↑ ページTOPヘ

ふらっと電車の待ち時間に入ったコンビニの雑誌コーナーに「他人と自分を比べない生き方」みたいな本が並んでおりました。まぁ、この手の幸せ探し本は無数にありますが、確かに!「あの人はあんなに幸せそうなのに、自分ときたら…」などと考えるのは意味のないことで、その思考は不幸への入り口なのかも知れません!!
しかし、しかしですよ、パチンコで自分が全く当たりがこないのに、隣のオッサンがジャンジャンバリバリ出しまくっている状況下で、果たして心中穏やかに過ごせる人間がどのくらいいるでしょうか?「このオッサン!帰り道でドブにハマって靴がビチョビチョになってしまったらいいのに、コノヤロー!」と思うのは自然なことなのではないだろうか?そんな風に感じたりもするわけです。
というか、そもそもプロスポーツの世界で、他人と自分を比べることを放棄してしまって、どうやってモチベーションを保つんですか!!ライバルがいて「あいつには絶対負けたくない」そう思うからこそ、厳しい練習に向き合うことができる、ような気がします。野村克也は長嶋茂雄がいたからこそであり、江川とトレードされて阪神に移籍した最初の年の小林繁の反骨心を絵に描いた様な鬼気迫るピッチングは、子供心に瞼に焼き付いております。
それは競輪の世界でも同じこと。特に期の若い選手はデビューしてすぐの頃、同期の選手の走りが気になって仕方がない、といいます。自分より先に出世していく姿を見て、悔しくないはずがありません。南潤に山崎賢人。競輪学校時代から非常に高いレベルで切磋琢磨してきた2人の111期生。デビュー当初は、南潤選手が快進撃を続けてきましたが、昨年後半は、その南選手が失速し、その失速と反比例するかのように山崎賢人選手がスターへの階段を駆け上がりました。今年1発目の大舞台で、この二人がどんなレースを見せるのか?大いにお互い比べ合って、意識し合って、いいレースを見せてもらいたいものです。
そして、昨年土壇場の競輪祭で!グランプリの切符を掴んだ清水裕友選手。期は違いますが、その清水選手の活躍に触発されたかのように、同じ中四国地区の太田竜馬選手がヤンググランプリを制し先日の高松記念でも優勝と、近況の勢いはとどまるところを知りません。この中四国の屋台骨を担っていく2人の力関係も今度どうなっていくのか?楽しみで仕方ありません。
他人と比べない生き方ができれば、心穏やかに過ごせるかもしれませんが、勝負の世界で穏やかな心など百害あって一利なし!今年最初のGI開催、全日本選抜競輪。別府の街に湧き立つ湯けむりの如く。熱い、熱いレースを期待しましょう!

第10R(S級特選予)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
2 2 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
3 3 吉澤 純平(茨城)
101期S級1班 逃
4 4 太田 竜馬(徳島)
109期S級1班 逃
5 村上 博幸(京都)
86期S級S班 追
5 6 渡邉 一成(福島)
88期S級1班 逃
7 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
6 8 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
9 諸橋  愛(新潟)
79期S級1班 追
誘導 菅原  晃 S級2班

今の太田の勢いは本物!ただ、混戦時は村上の突っ込みは魅力十分!
昨年末からの勢いがどんどん加速している印象の4太田。結果もさることながら、今年に入って積極性が驚くほど増しているのが頼もしい。今年13走して、そのうち11個のレースでバックを取っている。GIだからといって、今のスタイルを変えてくることはないだろう。後ろは同県の仕事人8小倉。頼もしいじゃないですか。手負いの3吉澤、そして海外遠征続きで調子の見えない6渡邉では厳しいとみて、本線は徳島両者に。ただ、やっぱり2浅井は外せない。最後に2浅井が飛んでくる車券と、8小倉が2浅井をブロックにいってもつれた時の5村上の強襲は考えておきたい。そのケースでは、中四国3番手の7松浦も絡めつつ、高配当を狙いにいく。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)48 ⇒ 48 ⇒ 725(6点)
(フォーメーション)5 ⇒ 784 ⇒ 2478(9点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級特選予)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
2 2 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
3 3 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
4 4 新山 響平(青森)
107期S級1班 逃
5 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
5 6 和田健太郎(千葉)
87期S級1班 追
7 清水 裕友(山口)
105期S級S班 逃
6 8 椎木尾拓哉(和歌)
93期S級1班 追
9 菅田 壱道(宮城)
91期S級1班 両
誘導 大竹 慎吾 S級2班

実績は三谷だが、勢いは清水。ならば番手の中川軸で勝負!穴は和田の突っ込みで!
昨年のグランプリを制し、地元近畿地区のGIII、和歌山記念に凱旋した1三谷。決勝まで勝ち上がったものの、その決勝では地元両者を連れて前を叩けなかった。勿論、ここはしっかり年末の疲れを取って臨んでくるだろうが、好調時のパワーではないと見た。4新山も乱調気味。おまけに後ろの9菅田が復帰戦で、ここもデキが全く見えてこないので見送り。5木暮もここで捲れるようなスピードのキレは近況感じない。ならば軸は西日本勢に。7清水が好機のスパートを決めるだろう。少々遅めの仕掛けでも2中川ならラスト交わすとみて、2中川をアタマで固定する車券が中心。ただ、7清水が捲り切った後に8椎木尾や9菅田が2中川に絡んでいくケースはあり得るので、7清水アタマから筋違いは少し。あと、単騎で先手ラインに乗りながら突っ込み狙う6和田の車券は魅力十分!

フォーカス
3連単
(フォーメーション)2 ⇒ 7 ⇒ 6819(4点)
(フォーメーション)7 ⇒ 8 ⇒ 165(3点)
(フォーメーション)7 ⇒ 9 ⇒ 4651(4点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級特選予)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 香川 雄介(香川)
76期S級1班 追
2 2 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
3 3 村上 義弘(京都)
73期S級S班 両
4 4 山田 英明(佐賀)
89期S級1班 両
5 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
5 6 近藤 隆司(千葉)
90期S級1班 逃
7 古性 優作(大阪)
100期S級1班 両
6 8 山崎 賢人(長崎)
111期S級1班 逃
9 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
誘導 小岩 大介 S級1班

山崎は戻ってきたが番手の山田に一抹の不安。かき回す古性軸だが、南関にもワンチャンスあるか!
ひところのスランプを脱しつつある8山崎。末の甘さは残るもののしっかり主導権を握っているのは好印象。ただ、やはり踏み出す時のタイミングが無理矢理で、追走する選手が四苦八苦するシーンも目立つ。ましてや、調子を落とし気味の4山田なら九州連携に綻びが生まれる可能性はあり得る。加えて、4山田が追走できたとしても、なにわの暴れん坊7古性が強気に番手勝負にいく可能性はある。2平原はその後ろあたりを意識しての組み立てになるだろう。しかし、2平原も近況まとめてはいるものの以前のような凄みは感じない。軸は、強気に攻めていく7古性を抜擢。ただ、4山田も不調とはいえ、横への対応はトップレベル。番手もつれるなら、そこをドーンと9郡司が叩いてしまい、自力ある6近藤が悠々抜け出す穴車券は少し押さえてみる。あと、2平原の後ろに控える5佐藤の絡みは外せない。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)7 ⇒ 253 ⇒ 25386(12点)
(フォーメーション)6 ⇒ 927 ⇒ 927(6点)
(フォーメーション)927 ⇒ 6 ⇒ 927(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

Plofile
  


[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る