京王閣競輪 Dokanto!・通常賭式発売中!  富山、小松島競輪 通常賭式発売中!
「実況アナウンサー」橋本悠督の直前予想!

第72回 日本選手権競輪

5/1(火)5/2(水)5/3(祝木)5/4(祝金)5/5(祝土)5/6(日)

5/6(日)
↑ ページTOPヘ

ダービーでコテンパンにやられ続けている私の元に、先日届いた悪魔の手紙。開封するのも忌々しくて、ずーっと見て、見ぬふりをしていました。でも、捨てる訳にもいかず、遂に!今朝、開封してしまいました。その手紙とは..「自動車税納税通知書」。納期限は...5月31日!金額は39500円。も…もちろん払わせて頂きますが...車券で負けている時に、このお手紙は厳しいですね~。しかし!しかーし!そんな過酷な状況からようやく!蘇って参りました。朝イチ、富山1Rの5車立てで外した時は、今日もまた、ダメなのか…と、棺桶メーカーへの電話を考え始めた...その矢先に!潮目が変わりました。変わったのは、広島モーニングセブンの7R!三登選手が初日もう一息で後ろの吉永選手もちょっと...どうかな?と、いう読みが大正解でした!!いやぁ、5車で外し、平塚の9車「日本選手権競輪」では散々な目に逢い続けましたが、ミッドお馴染みの7車立てレースに救われました。そして、そこからダービーの準決勝もいい流れになってきまして...いやぁ、勝負事の流れっていうのは、やっぱりあるんですね~。準決勝はホント、自分で言うのもなんですが「鋭い予想」でした。9R!脇本選手が捲りに構えた訳ではありませんでしたが、一気のカマシで上がりタイムは10.9。前半が驚異の10.6という。後ろの村上選手が差せる雰囲気は全くありませんでしたね~。ワッキー強すぎ!!そして10R、申し訳ないんですが、やはり九州作戦は決まりませんでした。坂本選手の思いはガンガン伝わってきましたが....我々が思う以上に2段駆けっていうのは難しいんでしょうね~。そして11R、車券は外しましたが、浅井選手のデキの良さには何の不安もないし、何より柴崎選手が素晴らしく思い切ったレースをしましたね~。デビュー直後に話を聞いた時、四日市のニューカマー!!2人は本当にいい意味でのライバル関係でした。でも、時が経つに連れて、浅井選手だけがドンドン出世していって、手の届かないところまでいってしまった頃に、柴崎選手から感じた焦燥感。それが忘れられない私としては、このダービーの準決勝は本当に感慨深いものになりました。柴崎選手!「グランプリレーサーの背中は、まだ遠いかも知れないけど、でも確実に近づいているよ!!」そう声を掛けたい、そんな気持ちで一杯です。そして!橋本ゆーすけ選手!「大富豪の背中は、まだ遠いかもしれないけど、でも、自動車税分の儲けは、確実に近づいているよ!!」さぁ、決勝戦!気合いの予想をお見せしましょう!!

第9R(S級優秀)2025m
発走時間 15:10
締切予定 15:05
選手名
1 1 渡邉 一成(福島)
88期S級S班 逃
2 2 岩津 裕介(岡山)
87期S級1班 追
3 3 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
4 4 岩本 俊介(千葉)
94期S級2班 逃
5 成田 和也(福島)
88期S級1班 追
5 6 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
7 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
6 8 坂本 亮馬(福岡)
90期S級1班 両
9 柴崎  淳(三重)
91期S級1班 両
誘導 山田 幸司 S級1班

ここなら柴崎に付ける岩津の絡みに期待。
今節は全てのレースでバックを取っている9柴崎。4岩本も同じくらい仕上がっている印象だが、岩本以上に逞しさを感じる柴崎の仕掛けに期待して。ならば軸はもちろん2岩津になってくるが、アタマというよりは、むしろ岩津の2、3着に期待して勝負したいレース。その時のアタマ候補はやはり一撃のある1渡邉、前が不発でも自力で飛んでくる3中川。そして、4日目伸びの光った7中村あたりを。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1379 ⇒ 2 ⇒ 13798(16点)
(フォーメーション)137 ⇒ 1379 ⇒ 2(9点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第10R(S級順位決)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 山田 英明(佐賀)
89期S級1班 両
2 2 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
3 3 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
4 4 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
5 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
5 6 和田  圭(宮城)
92期S級1班 追
7 園田  匠(福岡)
87期S級1班 追
6 8 松谷 秀幸(神奈)
96期S級1班 両
9 井上 昌己(長崎)
86期S級1班 両
誘導 白戸淳太郎 S級1班

ここなら先手は平原が取るとみて…穴は気楽に勝負できる原田の一発に。
1山田、3平原、そして2郡司と「徹底先行タイプ」は不在のレース。展開が非常に読みにくい一戦。無理やり根拠を探すなら、今年、ここまでの成績を考えてほんの少し、初のGPが視野に入っている1山田は捨てレースを作らないのでは?という気がするのと、やはり2郡司は2車。ならば3平原が今節の悔しさを、ここでぶつける仕掛けになるのでは?と読んで。そうなれば展開は北日本のマーク陣に向く。後は、気配良好な5原田が気楽に勝負できるので、その一発に期待して。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)415 ⇒ 41563 ⇒ 41563(36点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級決勝)2425m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 新田 祐大(福島)
90期S級S班 逃
3 3 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
4 4 和田健太郎(千葉)
87期S級1班 追
5 村上 博幸(京都)
86期S級1班 追
5 6 山中 秀将(千葉)
95期S級1班 逃
7 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
6 8 香川 雄介(香川)
76期S級1班 追
9 村上 義弘(京都)
73期S級1班 両
誘導 高木 隆弘 S級1班

近畿勢が何とも強力だが、敢えて、超大穴ミラクル車券で勝負!
準決勝!3脇本のレースのインパクトがあまりにも強烈で、おまけに近畿勢が4人の構成。すんなりなら、番手の7三谷がダービー連覇!これが濃厚だし、もし番手がもつれたら3脇本の押し切りになるのでは?あるいは底力で9村上兄!という、いずれにしても近畿勢から優勝者が出そうな雰囲気だが、敢えて!!ここは大穴から狙ってみたい。あまりにも脇本のデキが抜群過ぎるため、1浅井、場合によっては2新田までもが近畿分断にいき、その場合は3脇本がペースを緩める展開に。そこに隙が生まれた場合、ドーン!と勝負にいくのは6山中。後ろの4和田とは、競輪祭でも全日本選抜でもワンツーを決めて、レース直後にガッチリ握手を交わす、固い固い信頼関係で結ばれている。トップスピードの高い6山中がその気になれば、例え今の脇本でも叩けるだろうし、そうなれば4和田にチャンス到来!「お前はあほか?」と馬鹿にされるのを覚悟の上で、和田が差し切ってGI初V!昨年の三谷、桑原のハイタッチの再現が和田&山中で。という車券を中心に。ガールズケイリンコレクションに続いて、今回は千葉の選手がやってくれることに期待しようじゃありませんか。これが決まれば、5年は自動車税の心配が必要ないですね。ありがとうございます!そこに期待しましょう!!

フォーカス
3連単
(フォーメーション)4 ⇒ 137968 ⇒ 137968(30点)
(フォーメーション)13 ⇒ 4 ⇒ 137968(10点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

5/5(祝土)
↑ ページTOPヘ

日本選手権競輪4日目のメインレースはゴールデンレーサー賞。浅井康太選手が最後にグイッと外伸びまして、私が「アタマ」で狙っていた山田英明選手を「ゴール寸前」で抜き去りました。その瞬間、脳裏に浮かんだのは、ある名言「他の公営競技と比べて絶対的な競輪の魅力は、ゴール寸前まで本当に結果が分からない事なんですよ!」(橋本ゆーすけ 1972~)だったという…以前、私が競輪の初心者セミナーでビギナーの方たちを相手によく口にしてきたことが、まさか!こんな形になって跳ね返ってきてしまうとは…2018年春、とんでもない皮肉、とんでもないしっぺ返しですよ。っていうか!!浅井選手は最終ホーム手前の時点では一番後ろ、しんがりだったんです。それでも最後に一着とは...初戦の段階で薄々は感じておりましたが、浅井選手の今節は相当仕上がってますね~。そして、しんがりからの一撃と言いますともう一人、佐藤博紀選手。こちらは最終バックからの捲り追い込みで届きました。さすがGI「最高峰」だけに「最後方」からでも届くんです....届くんですね...と、そんなくだらないことはさておき、ホント、何事も諦めちゃいけませんね~。私も、まだ勝負のレースはたっぷり残っています!車券作戦、現時点で最後方かもしれませんが、最後に一発、前団を抜き去っていく大当たりが飛び出すことを信じて、信じていきましょう!!さしずめ....4日目の気配を信じて5日目、その佐藤博紀選手から勝負だ!!なんて思いながら出走表をチェックしてみると...佐藤博紀選手、今日は走りません...走らないんです....勝負したい時に、お目当ての選手が「お休み」という...もう、この時点で何と言いますか....う~ん、何なんでしょうね~。

第9R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:10
締切予定 15:05
選手名
1 1 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
2 2 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
3 3 桑原 大志(山口)
80期S級S班 追
4 4 松谷 秀幸(神奈)
96期S級1班 両
5 渡邉 一成(福島)
88期S級S班 逃
5 6 和田  圭(宮城)
92期S級1班 追
7 村上 博幸(京都)
86期S級1班 追
6 8 小川真太郎(徳島)
107期S級1班 逃
9 山中 秀将(千葉)
95期S級1班 逃
誘導 白戸淳太郎 S級1班

幸せ配達人、脇本が今度は自分の幸せに向かって!!
先行意欲、逃げての実績は文句なしに2脇本。今節ここまでの2走も非常に積極的。「あぁ、ここも近畿先行か」と、敵のラインも想定してくるだろう。そんな相手の警戒感を逆手に取って、ここは脇本が捲りで勝負してくるのでは?と考えている。ましてや、相手は9山中、5渡邉と比較的位置取りは淡白なタイプ。前へ前へ攻めていく中で、8小川先行、脇本が3番手にという可能性も十分あり得る。これまで近畿の番手の選手に1着を何度となくプレゼントしてきた「幸せ配達人」。もう機は熟してます。自分が幸せになってもいいじゃないですか!!ただ、やっぱり脇本が先行に拘ってしまって5渡邉が捲ってしまう車券は少しだけ...少しだけ押さえさせてください。ごめん!

フォーカス
3連単
(フォーメーション)2 ⇒ 7 ⇒ 4936(4点)
(フォーメーション)5 ⇒ 673 ⇒ 67384(12点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第10R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 園田  匠(福岡)
87期S級1班 追
2 2 和田健太郎(千葉)
87期S級1班 追
3 3 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
4 4 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
5 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
5 6 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
7 村上 義弘(京都)
73期S級1班 両
6 8 坂本 亮馬(福岡)
90期S級1班 両
9 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
誘導 嶋津 拓弥 S級1班

平原VS近畿勢。互角の攻防に!
6小松崎が早めに先手を取りに行く可能性もなくはないが、ここなら例え2車でも3三谷が主導権を握りにいくと見た。そこに捲りで5平原が迫る、というのがオーソドックスな展開予想。あと、この2走を見て4中川が番手戦なのが何とも勿体ない。九州2段駆けも一瞬考えたが、三谷や平原を相手に、8坂本先行から中川が番手捲り、というのがどうしてもイメージできない。かといって、坂本の普段の組み立てで中川が生きてくるとも思えない。九州勢この並びなら、申し訳ないが完全に見送り。本命サイドの決着に期待する。

フォーカス
3連単
(フォーメーション) 75 ⇒ 7532 ⇒ 7532(12点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級準決勝)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 成田 和也(福島)
88期S級1班 追
3 3 山田 英明(佐賀)
89期S級1班 両
4 4 香川 雄介(香川)
76期S級1班 追
5 新田 祐大(福島)
90期S級S班 逃
5 6 芦澤 辰弘(茨城)
95期S級1班 追
7 井上 昌己(長崎)
86期S級1班 両
6 8 柴崎  淳(三重)
91期S級1班 両
9 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
誘導 山田 幸司 S級1班

新田よりも、浅井のデキの良さを信頼!
今節の5新田は組み立ての甘さもさることながら、脚勢も一息の印象。2成田とのコンビはやはり結構人気になってきそうだが、ちょっと今節の新田は狙えないな、というのが正直なところ。むしろ、ここは四日市連携に期待したい一戦。8柴崎も前へ前へ連日強気に攻めているし、冒頭でも書いたように、1浅井の気配は今節抜群。柴崎にのる浅井の抜けだし基本!だが、やはり怖いのは3山田。今の充実ぶりは魅力十分。あと、1浅井の後ろに6芦澤がいるケースも忘れずに。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1 ⇒ 836 ⇒ 8364(9点)
(フォーメーション)3 ⇒ 1 ⇒ 8364(4点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

5/4(祝金)
↑ ページTOPヘ

日本選手権競輪3日目、注目の最終レースはガールズケイリンコレクション。「絶対先行」の奥井選手がいない中で果たしてどんな展開になるのか?今後のコレクションを考える上でも非常に注目しておりました。で、やはりといいますか、奥井選手がいないと最終ホーム手前、あそこでレースのペースが一旦落ちるんですね~。そんな児玉選手が流したところを「ドーン!」と強気にカマしたのが山原さくら選手。「若い子たちには負けないわよっ!」という戦前の言葉通り、メンバーの中で最も経験豊富な彼女があそこで挑戦した。まず、その勇気に拍手を送りましょう!ただ、展開はあれで完全に児玉選手に向きました。向いたんです!しかし最後はレース巧者、石井貴子選手が差し切って笑顔笑顔のコレクションVとなりました。今回のコレクションはトライアル形式になっていて、基本は決勝1,2着が条件でしたが、7人の中で石井選手だけがトライアル3着でのコレクション進出だったんですよ。トライアル3着から優勝.....例えるなら、ペナントレースで3位だったチームがクライマックスシリーズを制し、更に日本シリーズまで勝ってしまった、あの感じですかね。思わず「史上最大の下剋上」という名フレーズが私の脳裏に浮かびましたよ。確か!あれは8年前、2010年の千葉ロッテでした!そうか、千葉ロッテだったよな.....千葉...千葉....「あっ!!石井選手も!!!」あらためて、千葉の持つ下剋上の魔力に驚くばかりです。そして!私の車券も「下剋上」できるんでしょうか?こっちの方は、更に厳しくなってまいりました....

第9R(S級二予選)2025m
発走時間 15:10
締切予定 15:05
選手名
1 1 和田  圭(宮城)
92期S級1班 追
2 2 岩本 俊介(千葉)
94期S級2班 逃
3 3 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
4 4 坂本 亮馬(福岡)
90期S級1班 両
5 渡邉 晴智(静岡)
73期S級1班 追
5 6 高橋 陽介(青森)
89期S級1班 両
7 桐山敬太郎(神奈)
88期S級2班 両
6 8 長島 大介(栃木)
96期S級1班 逃
9 北津留 翼(福岡)
90期S級1班 逃
誘導 山田 幸司 S級1班

いぶし銀、渡邉晴智のツッコミに期待しつつ、穴は九州勢の一撃に!
このメンバー構成ならば、ライン3車の南関東勢が先手を取りにいく可能性が高い。3木暮、6高橋は中団を意識した組み立てになりそう。ならば展開有利なのは7桐山になるが、桐山は他派の捲りを警戒しつつの追い込み勝負で、最悪番手からタテに踏むケースも想定したい。4コーナー手前混戦のケースか、あるいは桐山が番手から誰かの捲りに併せて出ていくケースか、その2パターンのどちらかならば、3番手の5渡邉を軸に狙ってみたい。後は中団ごちゃつくか、もしくは2岩本が流し過ぎた時には9北津留の一撃も考えて。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)5 ⇒ 714 ⇒ 71483(12点)
(フォーメーション)7 ⇒ 5 ⇒ 1483(4点)
(フォーメーション)94 ⇒ 94 ⇒ 13678(10点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第10R(S級二予選)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 大塚健一郎(大分)
82期S級1班 追
2 2 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
3 3 新田 祐大(福島)
90期S級S班 逃
4 4 清水 裕友(山口)
105期S級2班 逃
5 吉田 敏洋(愛知)
85期S級1班 逃
5 6 萩原 孝之(静岡)
80期S級1班 追
7 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
6 8 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
9 成田 和也(福島)
88期S級1班 追
誘導 藤田 和彦 S級2班

ここなら新田中心だが、清水の一発にも期待して。
初戦不発に終わった3新田だが、後ろが9成田で、更に6萩原までとライン3車の構成。加えて二次予選なら、勝ち上がりに重点を置いて、早めに仕掛けてくることも考えたいレース。ただ、一気にカマした場合6萩原は離れる恐れが。そうなると、3番手にはまっている可能性が高いのはチャレンジャー4清水。その展開で新田にどこまで迫れるか?非常に興味深い。後は、7中川のスピードをもらいつつ突っ込んできそうな1大塚。メンバーを見ると、最後の4角から大塚の突っ込むコースがあるのではなかろうか?そこも少し気になるところ。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)39 ⇒ 39 ⇒ 481(6点)
(フォーメーション)439 ⇒ 4391 ⇒ 3981(23点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級二予選)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 桑原 大志(山口)
80期S級S班 追
3 3 村上 義弘(京都)
73期S級1班 両
4 4 村上 博幸(京都)
86期S級1班 追
5 山田 英明(佐賀)
89期S級1班 両
5 6 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
7 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
6 8 園田  匠(福岡)
87期S級1班 追
9 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
誘導 成田 健児 S級1班

鉄の結束近畿勢、他派に付け入るスキがあるだろうか??
初戦、粘りこむレースで「絶好調宣言」も飛び出した9脇本。ここも、まず先行は間違いないとみていいだろう。後ろは過去、ダービー決勝でワンツーもある村上兄弟。競り合いがあるなら別だが、準決勝フリーパスの一戦で近畿分断策を5山田や6郡司が狙ってくる可能性は低いだろう。基本は3村上兄が中心の車券で。穴があるとすれば、初戦で果敢に攻めた7原田が「もう一丁」早めの勝負を9脇本に挑んだ場合。この時は九州勢!5山田軸からの筋違いも考えて。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3 ⇒ 49 ⇒ 4951(6点)
(フォーメーション)5 ⇒ 3816 ⇒ 38164(16点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

5/3(祝木)
↑ ページTOPヘ

日本最高峰のGIともなれば、熱いレースになるのは至極当然、当たり前ではありますが、それにしても日本選手権競輪!激しいレースが続きますね~。そして、その激しいレースになっている大きな要因は、これまで比較的淡白な組み立てをしていた選手まで位置取りに拘ってきているという、これが本当に大きいですね~。特に2日目で言うと山賀選手!!正直、申し訳ないんですが、山賀選手というと7番手か8番手が指定席のイメージで、そこからの捲り追い込みが届くかどうか?みたいな想定で展開予想をすることが多かったのですが…「ちょっと、ヤマちゃん、あなた....淡白じゃなくなったのね.....い..いつからなの??あっ...そこで粘るのは...ダメっ❤」という、ある日突然、普通の紳士が加藤鷹さんに変身したような、そんな雰囲気に衝撃を隠しきれません。やはり「このままじゃイカン!」という危機感がもの凄く強い、ということなんでしょう。個人的にはそういった、スタイルを変えて結果が「出始めてきた選手」というのは、どうしても狙ってみたくなりますね~。まぁ、なかなか一朝一夕にフルモデルチェンジ!とはいきませんが、マイナーチェンジを重ねていく中で、どんなレースを今後見せてくれるのか?楽しみなところです!そして!!初日のコラムに書きました、橋本の養子候補選手、清水裕友!やってくれましたね~。最終ホームで仕掛けると思いきや、咄嗟の判断で戻り、ひと呼吸置いてから捲り上げたあの落ち着き!!GIの一次予選で、23歳、できませんよ!!普通は最終ホームで仕掛けると決めたら、いってしまいそうなもんですけどね~。そんな「橋本裕友」への道を着実に突き進む彼の活躍にも目が離せません。で!車券は.....が、頑張ります。

第10R(S級二予選)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 岩津 裕介(岡山)
87期S級1班 追
2 2 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
3 3 山田 久徳(京都)
93期S級1班 逃
4 4 松岡 健介(兵庫)
87期S級1班 両
5 岡村  潤(静岡)
86期S級1班 両
5 6 伊藤 成紀(大阪)
90期S級2班 逃
7 渡邉 一成(福島)
88期S級S班 逃
6 8 山賀 雅仁(千葉)
87期S級1班 両
9 取鳥 雄吾(岡山)
107期S級1班 逃
誘導 川口 直人 S級2班

渡邉の一撃が比較的決まりやすい展開になるのでは??
「おいっ!お前!冒頭で8山賀選手を推奨していたじゃないか!!」と思いっきりツッコミが飛んできそうですが、違うんです!!ここは、山賀選手がそういったスタイルで攻めるんだ!と、今強く意識しているからこそ7渡邉の捲り頃になるのでは?と睨んでいるのです。初日の気配を見ても果敢に攻めそうなのは9取鳥、対して3山田は取鳥と力勝負にいくのか?もしくは中団狙いか?になるのだが、中団狙いなら、今の山賀と位置取り争いになるのは避けられないし、力勝負でも9取鳥を簡単に叩けるとも思えない。要するに!どっちにしても隊列が短くなる展開になる、ということです。初日のレースで7渡邉の調子を判断しきれないところはあるものの、ここは渡邉の得意な展開になるとみて。初日、位置を奪われた2佐藤が連続して不甲斐ないレースをすることもないだろうと、ここも信頼して、北のコンビを中心に、絞って勝負!

フォーカス
3連単
(フォーメーション)7 ⇒ 2 ⇒ 3451(4点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級二予選)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
2 2 坂口 晃輔(三重)
95期S級1班 追
3 3 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
4 4 根田 空史(千葉)
94期S級1班 逃
5 芦澤 辰弘(茨城)
95期S級1班 追
5 6 東 龍之介(神奈)
96期S級1班 追
7 柴崎  淳(三重)
91期S級1班 両
6 8 小川 勇介(福岡)
90期S級1班 両
9 牛山 貴広(茨城)
92期S級1班 追
誘導 加藤 圭一 S級2班

今節の平原は???ならば、思い切って南関東勢を中心に!
実績を考えれば文句なしに1平原が中心のレースになるが、初戦、本来仕掛けるべきポイントで動いていないのが気になるところ。何となく平原は三谷竜生に苦手意識を持っているのでは?という印象があるので、単にそれだけの問題なのかもしれないが、それにしても結果ではなく、鐘過ぎで勝負にいかなかった1平原に今、過剰な期待はできない。展開は師匠3中村を連れて4根田の先行が濃厚。初日早めに前を叩きにいった7柴崎だが、ここで1平原がいるのに根田と先行争いは考えられない。寧ろ、中部と関東で中団争いになるのでは?と見ている。ならば、南関のペース駆けに。根田はペースになれば滅法強い!逃げ切りまで考えて!!

フォーカス
3連単
(フォーメーション)43 ⇒ 43812 ⇒ 43812(24点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(ガールズケイリンコレクション)1625m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 児玉 碧衣(福岡)
108期L級1班 両
2 2 高木 真備(東京)
106期L級1班 両
3 3 太田 りゆ(埼玉)
112期L級1班 両
4 4 鈴木 美教(静岡)
112期L級1班 両
5 5 山原さくら(高知)
104期L級1班 両
6 6 石井 貴子(千葉)
106期L級1班 両
7 内村 舞織(福岡)
112期L級1班 両
誘導 野村 純宏 S級2班

全身からみなぎる自信!太田りゆのスピードに期待!
戦法的に先手を取りそうなのは1児玉か2高木。2人とも、過去の大きいレースでは、慎重になり過ぎて不完全燃焼、ということが比較的多かっただけに、ここはその分も果敢に攻めるだろう。奥井選手がいない分、両者共に先手を奪う隙は十分ある。そして、その辺りを意識して位置取り重視になってきそうなのは6石井、勿論、勢いのある4鈴木や7内村も気になるところだが、普段の堂々としたレース運びと、あのインタビューでの立ち居振る舞いを見ていると3太田が最後は一気に!前を捉えてしまいそうな気がして仕方がない。あの自信は、元来の気性なのだろうが、ナショナルチームの練習が相当充実している証拠ともいえるだろう。もう、ここは3太田の一撃に期待して!5山原はあまり強く推すと叱られるので連穴程度に。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3 ⇒ 146 ⇒ 1465(9点)
(フォーメーション)14 ⇒ 3 ⇒ 1465(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

5/2(水)
↑ ページTOPヘ

狙いは決して悪くないんです。ポイントも間違ってないんです。なぜ?どうして?こうなってしまうんでしょうか?確かに前半レースからその嫌な兆候はありました。2R、中川選手と柴崎選手から色々買ったのに…バンクレコードを叩き出した荒井選手の絡みがなかったり、4R、古性選手軸の筋違いをたくさん押さえていたのに、何故か?志村選手の2着がなかったり、と。「何か、今日はズレているなぁ」とは思っていたのですが、後半3つは特にひどかったですね。
9R、武雄記念で男を上げた松川選手を中心に据えたにも関わらず、大塚選手の交わし目は押さえておりませんでした。これ、ガチの車券も、勿論押さえておりません。10R、太田選手のラインから決まるだろう!この考えは間違っていませんでした。しかし!なぜ?もっと素直になれなかったんでしょうか?己のひねくれた車券戦術が災いをよびました。そして!!ラストの11R、北津留選手が4番手に入るという展開の誤算はありましたが、浅井選手が捲った瞬間に、正直「これは、もらった!」と思いました!思いましたとも!しかし、村上選手の残し方がお見事だったのはありますが、新婚パワーで脇本選手が2着に粘り込み、ここでも手痛い敗北を喫しました。
最近は、こういうのを「芸術的な外れ車券」なんて言ったりして、実際、芸術点が高いと「おいしい」という、確かにそういう部分はあるのですが...後半3つ、全部、そこまで「おいしく」なくていいんですよ。いいんですよ。2日目、何とか、よろしくお願いします!

第9R(S級一予選)2025m
発走時間 15:10
締切予定 15:05
選手名
1 1 吉田 敏洋(愛知)
85期S級1班 逃
2 2 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
3 3 菊地 圭尚(北海)
89期S級1班 両
4 4 近藤 龍徳(愛知)
101期S級1班 追
5 杉森 輝大(茨城)
103期S級1班 逃
5 6 久米 康平(徳島)
100期S級1班 逃
7 牛山 貴広(茨城)
92期S級1班 追
6 8 阿部 拓真(宮城)
107期S級2班 逃
9 竹内 雄作(岐阜)
99期S級1班 逃
誘導 川口 直人 S級2班

中部は竹内次第。先手が取れなければ、波乱の決着も。
先行実績、そしてラインの厚みを考えても中部勢が有利なレース。しかし!⑨竹内は出切れなかった時に脆い上、出切ってからの粘りも近況はもう一息な印象。加えて②小倉先輩を後ろに付けて⑥久米が中部勢に力勝負を挑んでくる可能性も十分考えられる。簡単に中部勢が先制できるとはとても思えない。そんな、早い段階から主導権争いが激化しそうな展開なら、武雄記念で非常に軽快に動いていた⑧阿部の突っ込みに期待したい。初の特別競輪で緊張感はあると思うが、この構成なら⑧阿部の持ち味が生きるレースになるとみて。薄く広く網を広げて大穴を獲りたい一戦。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)8 ⇒ 3127 ⇒ 312745(20点)
(フォーメーション)3127 ⇒ 8 ⇒ 312745(20点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第10R(S級特選予)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
2 2 山田 英明(佐賀)
89期S級1班 両
3 3 深谷 知広(愛知)
96期S級S班 逃
4 4 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
5 椎木尾拓哉(和歌)
93期S級1班 追
5 6 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
7 稲垣 裕之(京都)
86期S級1班 逃
6 8 岡村  潤(静岡)
86期S級1班 両
9 桑原 大志(山口)
80期S級S班 追
誘導 野村 純宏 S級2班

ナショナルチームに集中する深谷に一抹の不安。キレッキレの追い込み選手に期待したいレース。
③深谷、⑥金子の師弟コンビの強さ、実績は言うまでもないが、現在、③深谷はほとんど競技用の自転車にしか乗っていない。ウィナーズカップを見ても、国内の競輪に対応できるのかは疑問。対する⑦稲垣も、前回の西武園記念の動きを見ると、そんなに遅めの勝負にはならないだろうし、④郡司は①中村、⑧岡村までラインを固めてくれるなら男気を見せて強気に攻めていくだろう。ならば展開は、直前の地元記念を制した②山田に向くが、山田を軸にというよりは、混戦時に突っ込んできそうな⑤椎木尾、①中村あたりも同等の評価で。BOXに近い狙い方で勝負したい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)251 ⇒ 2519 ⇒ 251897(36点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級特選予)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
2 2 渡邉 一成(福島)
88期S級S班 逃
3 3 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
4 4 村上 博幸(京都)
86期S級1班 追
5 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
5 6 稲川  翔(大阪)
90期S級1班 追
7 成田 和也(福島)
88期S級1班 追
6 8 園田  匠(福岡)
87期S級1班 追
9 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
誘導 出口 眞浩 S級2班

近畿先制なら、カギは稲川のブロック。ごちゃつけば波乱も。
①原田、②渡邉は自慢のスピードを生かしてワンチャンスに賭ける組み立てになりそう。⑨平原はしっかり中団を確保しての自力勝負。そして、この構成なら③三谷が主導権と考えるのが自然。そして番手は⑥稲川。この稲川の調子が不安なところに加えて、3番手に④村上という、稲川からすると非常にプレッシャーの感じる番手戦になった。勿論、調子が良ければ展開をモノにできるだけの実力はあるが「何とか番手の仕事を」という気持ちが、強引なブロックになってしまわないか?その辺りが気になって仕方ない。⑨平原の捲りを、稲川が強烈に外に持っていった時に⑤木暮がその内側にいけるか?そして、外へ⑨平原が持っていかれた時は、①原田や②渡邉も煽りを受けてしまうのでは?そうなると、内に進路を取りそうな⑦成田や⑧園田にチャンスが訪れる。③三谷の前残りも考えつつ、ここも大きな穴を狙ってみたい、そんなレース。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3578 ⇒ 3578 ⇒ 3578(24点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

5/1(火)
↑ ページTOPヘ

函館記念は南潤選手がデビューから298日で過去最速のGⅢ制覇!ついこの間、チャレンジ戦でミッドナイト競輪の優勝インタビューをしたばかりなんですけど...そんな選手がもう記念を獲ってしまうとは!というか、まだ20歳ですよ!20歳!!いいですね~。こんな息子が欲しいですね。う~ん、欲しいっ!と、もう、自分が選手になれたら!という目線ではなく、こんな息子がいたらなぁ、という発想になるところが、完全にジジイですね。で!!更に、更に!強烈に今、私の息子になってほしい存在は、海の向こうのメジャーリーグに!23歳、大谷翔平選手が2刀流の大活躍。大フィーバーじゃないですか!!「うちの長男が翔平で次男が潤だったらなぁ。でも、アナハイムと和歌山か...往復は大変だな....」などと、夢は膨らむばかりです。え?「どう考えても、父親のオケラDNAからそんな息子が生まれる訳ないだろ!」おっしゃる通りでございます!まぁ、それはさておき、どんな世界でも「キラ星の如く現れるスーパースター」を見るのは心躍りますね。躍るんですよ!ただ、競輪は上のクラスに上がれば上がるほど、その競技の特性として「なかなか新人が優勝しにくい」ところは否めません。でも!そんな中で、やっぱりフレッシュな選手の台頭に期待したいですね。新田祐大、平原康多、村上義弘、浅井康太!こういったビッグネームに挑戦し、脅かす、そんな若手選手の登場に期待しましょう!個人的には...ガンバレ!清水裕友!!今回の頑張り次第では「君もうちの養子に」というのを検討しようじゃないか!!

第9R(S級一予選)2025m
発走時間 15:10
締切予定 15:05
選手名
1 1 石塚輪太郎(和歌)
105期S級1班 逃
2 2 大塚健一郎(大分)
82期S級1班 追
3 3 吉澤 純平(茨城)
101期S級1班 逃
4 4 三宅 伸(岡山)
64期S級1班 追
5 東口 善朋(和歌)
85期S級1班 追
5 6 山田 義彦(埼玉)
92期S級1班 両
7 松川 高大(熊本)
94期S級1班 逃
6 8 伊藤 信(大阪)
92期S級2班 逃
9 神山 拓弥(栃木)
91期S級1班 追
誘導 出口 眞浩 S級2班

武雄記念で完全燃焼!松川の一撃に期待。
①石塚は元来先行タイプ。初のG1で、そのはやる気持ちを抑えきれるか?どうしても、早め早めに動いてしまいそうな気がする。その上、直前の静岡を見る限り、スピードは③吉澤がやはり①石塚を上回る印象。しっかり位置を確保して捲る関東勢が本線になりそうだが、石塚を意識して慎重に攻めそうな吉澤よりも、直前の武雄記念で男を上げた⑦松川の一撃が気になるところ。ただ、後ろの②大塚のキレはもう一息。ドーン!と飛んでくる松川を軸に、筋違いも考えつつ。あと、気になるのは、あえて和歌山勢と連携しなかった⑧伊藤信。混戦時に自力で絡んで高配当も狙いたい。

フォーカス
3連単
7 ⇒ 2583 ⇒ 25839(16点)
83 ⇒ 7 ⇒ 2835(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第10R(S級一予選)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 山崎 芳仁(福島)
88期S級1班 両
2 2 太田 竜馬(徳島)
109期S級1班 逃
3 3 池田 勇人(埼玉)
90期S級1班 逃
4 4 朝倉 佳弘(東京)
90期S級2班 追
5 柏野 智典(岡山)
88期S級1班 追
5 6 小嶋 敬二(石川)
74期S級1班 両
7 橋本 強(愛媛)
89期S級1班 追
6 8 伊藤 正樹(愛知)
71期S級1班 両
9 飯野 祐太(福島)
90期S級1班 逃
誘導 旭 啓介 S級2班

3番手、柏野の突っ込みが何とも不気味。
武雄での落車が不安材料だった②太田だが、どうやら問題はなさそう。このメンバー構成なら先行基本に、となりそうだが⑥小嶋や⑨飯野を相手にどこまで末が持つだろうか?ただ、中部勢は車番が2人とも良くないのと、⑨飯野も後ろが落車明けの①山崎で連携がキッチリ決まるのか?不安は残る。ならば、ここは中四国勢が軸。普通に考えれば⑦橋本の交わし目なのだが、一筋縄ではいかないG1の1次予選。混戦時の⑤柏野の底力に期待したい。そして!混戦ならば関東勢の浮上も。特に④朝倉あたりは何が何でも外せない選手。

フォーカス
3連単
5 ⇒ 742 ⇒ 7423(9点)
742 ⇒ 5 ⇒ 7423(9点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級特選予)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 村上 義弘(京都)
73期S級1班 両
3 3 諸橋 愛(新潟)
79期S級S班 追
4 4 井上 昌己(長崎)
86期S級1班 両
5 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
5 6 北津留 翼(福岡)
90期S級1班 逃
7 和田健太郎(千葉)
87期S級1班 追
6 8 坂口 晃輔(三重)
95期S級1班 追
9 新田 祐大(福島)
90期S級S班 逃
誘導 吉川 誠 S級2班

このメンバーなら浅井が後手はないとみて。
総大将②村上が番手なら⑤脇本が果敢に攻めると考えるのが自然なレース。その後ろに単騎の③諸橋がいる可能性はあり得るが、⑥北津留、⑨新田が相手なら、①浅井が4番手以内にまず間違いなくいるだろう。勿論、スピードは⑨新田が断然だが、新田と和田の車番で前受けができるのだろうか?というのと、やはりウィナーズカップでも新田の脆さは強く印象に残ってしまった。なので過剰に信頼は置けないな、というのが正直なところ。むしろ、展開向きそうな②村上、そして後手はなさそうな①浅井、そしてここなら良くも悪くも気を使わなくてもいい③諸橋の絡みに比重を置いて考えたい。⑨新田は1着か、着外か?2着や3着のケースは全く考えないで勝負したい。

フォーカス
3連単
926 ⇒ 1 ⇒ 2387(11点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ


[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る