小倉競輪「朝日新聞社杯競輪祭(GI)」 Dokanto!・通常賭式発売中!  大宮、松戸、玉野、久留米競輪 通常賭式発売中!
「闘将」佐々木昭彦の直前予想!

第72回 日本選手権競輪

5/1(火)5/2(水)5/3(祝木)5/4(祝金)5/5(祝土)5/6(日)

5/6(日)
↑ ページTOPヘ

第72回平塚ダービーも最終日を迎え、激戦を勝ち上がった9名が決勝戦を戦う。準決勝を振りかえる。9レースではスタートを脇本雄太が取り山中秀将が押さえ小川真太郎が叩き、更に渡邉一成が行く展開になり脇本がかましやすい流れになった。かましとはいえ10秒6、10秒9で一周を駆けられては後方の選手はもちろん番手の村上博幸も追走で一杯の様だった。脇本はナショナルチームのブノアコーチからサドルを上げられスパイクも変えられ、練習も重い負荷のかかったトレーニングでワールドカップを優勝した。2020年の東京オリンピックを目指して頑張っているだけにパワーが増して来ている感じがする。10レースは脇本同様、三谷竜生が思いっ切りの良いかまし先行で番手村上義弘が有利な展開を生かした。これでダービー5度目の優勝を目指す権利を得た。11レースは柴崎淳を使った浅井康太が余裕の1着だったが、私の期待の山田英明は早いイン切りで脚を使い伸びかいた。新田祐大は準決勝も中途半端なレースに終わるも2着に食い込んだ脚はさすがだ。今日の決勝戦は近畿4車で脇本が先頭になるがそろそろ脇本にGIを獲って欲しいと思う気持ちは私だけではないと思う。

第9R(S級優秀)2025m
発走時間 15:10
締切予定 15:05
選手名
1 1 渡邉 一成(福島)
88期S級S班 逃
2 2 岩津 裕介(岡山)
87期S級1班 追
3 3 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
4 4 岩本 俊介(千葉)
94期S級2班 逃
5 成田 和也(福島)
88期S級1班 追
5 6 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
7 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
6 8 坂本 亮馬(福岡)
90期S級1班 両
9 柴崎  淳(三重)
91期S級1班 両
誘導 山田 幸司 S級1班

岩本俊介の番手、中村浩士を抜擢も混戦
並びは4岩本に7中村の千葉。1渡邉に6小松崎、5成田の福島。9柴崎に2岩津。8坂本に3中川の九州の4分戦。自力型のスピードタイプが揃った9レース、その中でも必ずホームから仕掛ける4岩本がかまし切り7中村が差すと見た。昨日の7中村は後方から伸びて11秒1で突き抜けての1着で好調をアピールしている。しかしスピードでは1渡邉も負けていないし9柴崎も動きは良い。昨日同様8坂本に任せた3中川は8坂本の動きと噛み合っていないので評価を落とす。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)7⇒1289⇒1289(12点)
(フォーメーション)7⇒1⇒569(3点)
(フォーメーション)1⇒7⇒569(3点)
(フォーメーション)9⇒8⇒123(3点)
(フォーメーション)8⇒9⇒123(3点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第10R(S級順位決)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 山田 英明(佐賀)
89期S級1班 両
2 2 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
3 3 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
4 4 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
5 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
5 6 和田  圭(宮城)
92期S級1班 追
7 園田  匠(福岡)
87期S級1班 追
6 8 松谷 秀幸(神奈)
96期S級1班 両
9 井上 昌己(長崎)
86期S級1班 両
誘導 白戸淳太郎 S級1班

山田英明が総力戦でベストを尽くす
並びは1山田に9井上、7園田の九州。2郡司に8松谷の神奈川。3平原に4佐藤、6和田の東。5原田は単騎自力。昨日の1山田は少し早めのイン切りで脚を使ったのか伸びを欠いた。今日は9井上、7園田を連れてレースの流れに応じタイミング良く仕掛ける。3平原も今一つ動きは重いが実力者だけに侮れない。穴目は単騎5原田の1発。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1⇒2379⇒2379(12点)
(フォーメーション)1⇒3⇒459(3点)
(フォーメーション)3⇒1⇒459(3点)
(フォーメーション)5⇒123⇒123(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級決勝)2425m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 新田 祐大(福島)
90期S級S班 逃
3 3 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
4 4 和田健太郎(千葉)
87期S級1班 追
5 村上 博幸(京都)
86期S級1班 追
5 6 山中 秀将(千葉)
95期S級1班 逃
7 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
6 8 香川 雄介(香川)
76期S級1班 追
9 村上 義弘(京都)
73期S級1班 両
誘導 高木 隆弘 S級1班

強烈先行脇本雄太が第72回平塚ダービーを獲る
並びは3脇本先頭に、7三谷、9村上義、5村上博、近畿4車並ぶ。1浅井に8香川。6山中には4和田の千葉。2新田は単騎となった。近畿勢結束の4車、3脇本以外全員がタイトルホルダーで3脇本は12回のGI決勝進出し数々の頑張りで近畿勢から多くの優勝者が出た。今回のスピード、パワーは抜群なのと3脇本相手に主導権争いする選手がいない、そして自分の競走を心掛け、あとは運を呼び寄せて自分を信じて走れば獲れる。しかしダービーは皆が憧れるGIなので7三谷の差しや好調1浅井の伸び、今回不調の2新田もツキはあるだけに侮れない。穴目は6山中に乗る4和田の突っ込み。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3⇒7⇒129(3点)
(フォーメーション)7⇒3⇒129(3点)
(フォーメーション)3⇒1247⇒1247(12点)
(フォーメーション)4⇒1679⇒1679(12点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

5/5(祝土)
↑ ページTOPヘ

第72回平塚ダービーは最大の山場、準決勝が行われる。昨日のゴールデンレーサー賞は浅井康太の強さにビックリした。全盛期の浅井の強さに戻っている。浅井は昨年末のグランプリを優勝し、その後地元の全日本選抜を含め調子が出ず本人も悔しい思いがあったからこそ前向きに努力した成果だと思う。準決勝も激戦区ではあるが楽しみな一人だ。地元開催で燃える郡司浩平も単騎でも前々に攻めて捲った内容は地元ファンは喜んだはず。山田英明は浅井がホームから捲って来たのでタイミングがとれず捲りの出が悪かったが問題ない。しかし常に全力、常に勝ってファンの皆様に喜んでもらえる事を心掛けしているだけに今日もしっかりと勝ち上がり優勝目指して頑張って欲しい。

第9R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:10
締切予定 15:05
選手名
1 1 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
2 2 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
3 3 桑原 大志(山口)
80期S級S班 追
4 4 松谷 秀幸(神奈)
96期S級1班 両
5 渡邉 一成(福島)
88期S級S班 逃
5 6 和田  圭(宮城)
92期S級1班 追
7 村上 博幸(京都)
86期S級1班 追
6 8 小川真太郎(徳島)
107期S級1班 逃
9 山中 秀将(千葉)
95期S級1班 逃
誘導 白戸淳太郎 S級1班

「脇本雄太の先行の番手、村上博幸が差す」
9山中に4松谷、1郡司の南関。2脇本に7村上の近畿。5渡邉に6和田の東北。8小川に3桑原の中四国の4分戦。 ここは2脇本、8小川、9山中、5渡邉と機動力選手が揃っているが徹底先行タイプは2脇本だけに7村上が有利か。初戦の特選では原田研太朗の先行を5番手から10秒9でごぼう抜きして好調をアピールしている。9山中が神奈川勢の4松谷、1郡司に任せられた以上早目の巻き返しがあると思うがしっかりと対応する。107期8小川も初出場で準決勝まで勝ち進み勢いがあるし、混戦になると5渡邉の1発がある。私的には南関を引っ張って来た1郡司が3番手を回る事が疑問だが気迫で伸びて来そう。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)7⇒2587⇒2587(6点)
(フォーメーション)75⇒75⇒236(6点)
(フォーメーション)1⇒479⇒479(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第10R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 園田  匠(福岡)
87期S級1班 追
2 2 和田健太郎(千葉)
87期S級1班 追
3 3 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
4 4 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
5 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
5 6 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
7 村上 義弘(京都)
73期S級1班 両
6 8 坂本 亮馬(福岡)
90期S級1班 両
9 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
誘導 嶋津 拓弥 S級1班

「平原康多が総合力上位も波乱含み」
並びは8坂本が前で4中川、1園田の九州。3三谷に7村上の近畿。5平原に2和田の東。6小松崎に9佐藤の福島の4分戦。5平原の2日間の動かしは、はっきり言ってピリッとしない。しかしきっちりと修正能力抜群なのが5平原なのでここは中心か。九州勢や3三谷、6小松崎の動きを見据え最後は捲りで決める。気になるのは九州勢の並びで8坂本が前で4中川、1園田と回る。何をするかわからない8坂本が好調なだけにスピードある4中川が伸びて来そう。3三谷は7村上が付くので早目の仕掛けになりそうなので番手7村上も有利に運べる。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)52⇒52⇒1347(8点)
(フォーメーション)54⇒54⇒1278(8点)
(フォーメーション)74⇒74⇒1358(8点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級準決勝)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 成田 和也(福島)
88期S級1班 追
3 3 山田 英明(佐賀)
89期S級1班 両
4 4 香川 雄介(香川)
76期S級1班 追
5 新田 祐大(福島)
90期S級S班 逃
5 6 芦澤 辰弘(茨城)
95期S級1班 追
7 井上 昌己(長崎)
86期S級1班 両
6 8 柴崎  淳(三重)
91期S級1班 両
9 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
誘導 山田 幸司 S級1班

「激戦区も勢いがある山田英明中心か」
並びは3山田に7井上の九州。9原田に4香川の四国。5新田に2成田の福島。8柴崎に1浅井の三重。6芦澤は単騎を選択し細切れ戦になった。中心視する3山田はG3連覇しダービーに乗り込み初戦の特選ではナショナルチームの深谷知広の先行を捲り、ゴールデンレーサー賞も捲って2着と全盛期の平原康多のように隙のない動きが出来ている。5新田の2日間は中途半端な動きで全日本選抜で優勝した時の動きに比べかなり悪い。それに対し8柴崎を使える1浅井や二日日逃げ3着の9原田も調子が良いので山田にとって侮れない相手か。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3⇒1579⇒1579(12点)
(フォーメーション)1579⇒3⇒1579(12点)
(フォーメーション)13⇒13⇒29(4点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

5/4(祝金)
↑ ページTOPヘ

4日目を迎えた第72回平塚ダービーは二次予選2個レースと全員が準決勝の権利があるゴールデンレーサー賞が行われる。昨日ガールズコレクションは児玉碧衣の番手を取り切って差した石井貴子が優勝した。石井はアルペンスキーからの転向組で自転車(競技用)に乗ってまだ1週間の時にガールズサマーギャップで出会って指導した事を思いだす。とても練習熱心で、わからない事は何でも聞いてくるとても頑張屋だった。その石井がガールズコレクションは3度目の優勝を決めた。今度はガールズグランプリ優勝を目指して更なる努力と根性で頑張って欲しい。さて今日のゴールデンレーサー賞は皆が試したい事や少々早目でも主導権を取る選手がいる。まさしく脇本雄太だろう。初日を見る限り調子は良さそうだしなんと言っても村上兄弟が付くので山田英明や原田研太朗、浅井康太の捲りにどう対応するのか楽しみだ。今日も波乱続出の平塚ダービーになりそうだ。

第9R(S級二予選)2025m
発走時間 15:10
締切予定 15:05
選手名
1 1 和田  圭(宮城)
92期S級1班 追
2 2 岩本 俊介(千葉)
94期S級2班 逃
3 3 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
4 4 坂本 亮馬(福岡)
90期S級1班 両
5 渡邉 晴智(静岡)
73期S級1班 追
5 6 高橋 陽介(青森)
89期S級1班 両
7 桐山敬太郎(神奈)
88期S級2班 両
6 8 長島 大介(栃木)
96期S級1班 逃
9 北津留 翼(福岡)
90期S級1班 逃
誘導 山田 幸司 S級1班

「岩本俊介に乗る桐山敬太郎が伸びる」
並びは2岩本に7桐山、5渡邉の南関。3木暮に8長島の関東。9北津留に4坂本の福岡。6高橋に1和田の東北の4分戦。本命視する7桐山は今年1月の広島F1で南潤のかましに飛び付き優勝した。その時に話す機会があり好調の原因を聞いたら平塚ダービーという目標があるから頑張れると話した。その7桐山が絶好調の2岩本の番手を得て後ろは信頼ある5渡邉が固めるので勝つ条件が揃った。しかし、前々と中団キープして捲る3木暮や2北津留次第だが好調4坂本が脅威なので、2岩本の仕掛けが遅れると波乱もある。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)7⇒2⇒1345(4点)
(フォーメーション)7⇒1345⇒1345(12点)
(フォーメーション)3⇒4⇒158(3点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第10R(S級二予選)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 大塚健一郎(大分)
82期S級1班 追
2 2 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
3 3 新田 祐大(福島)
90期S級S班 逃
4 4 清水 裕友(山口)
105期S級2班 逃
5 吉田 敏洋(愛知)
85期S級1班 逃
5 6 萩原 孝之(静岡)
80期S級1班 追
7 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
6 8 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
9 成田 和也(福島)
88期S級1班 追
誘導 藤田 和彦 S級2班

「新田祐大が負けられない奮起戦」
並びは7中川に1大塚の九州、5吉田に2金子の中部、3新田に9成田、6萩原の東、4清水に8松浦の中国の4分戦。本命視する3新田の初戦は中途半端な位置取りで脚を使い捲り不発だった。それだけに修正し9成田、6萩原を連れて早目の捲りを決めてくるはず。しかしいつも通りの捲りであれば、調子を戻してきた7中川の先捲りや5吉田や4清水も好調なだけに不発のケースもある。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3⇒579⇒5679(9点)
(フォーメーション)3⇒7⇒159(3点)
(フォーメーション)7⇒158⇒1548(9点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級二予選)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 桑原 大志(山口)
80期S級S班 追
3 3 村上 義弘(京都)
73期S級1班 両
4 4 村上 博幸(京都)
86期S級1班 追
5 山田 英明(佐賀)
89期S級1班 両
5 6 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
7 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
6 8 園田  匠(福岡)
87期S級1班 追
9 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
誘導 成田 健児 S級1班

「近畿勢結束し3番手の村上博幸が伸びる」
並びは9脇本に3村上義弘、4村上博幸の近畿、5山田に8園田の九州、7原田に2桑原の中四国。1浅井、6郡司は単騎を選択して戦う。初日逃げた9脇本は新田祐大を捲らせず村上義の2着に残った脚は素晴らしかった。今日も村上兄弟が付くだけに全力で走る。番手3村上義も捲ってくる選手をブロックし脚を使うので最後は4村上博が3番手から伸びてくる。4村上博は2日目特選で三谷、稲川の3番手から捲って来た平原をブロックして直線突き抜けた脚は感動的だった。今日も直線伸びてくると信じる。しかし5山田も近況流れが良いだけに侮れない存在に成長している。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)4⇒39⇒13589(8点)
(フォーメーション)1359⇒5⇒1359(6点)
(フォーメーション)5⇒168⇒168(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

5/3(祝木)
↑ ページTOPヘ

第72回平塚ダービーは今日、二次予選5レース、最終12レースにはガールズケイリンコレクションが行われる。昨日の特別選抜は深谷知広の先行を捲った山田英明、そして平原康多をブロックして5番手から伸びた村上博幸には感動した。 これで四日目のゴールデンレーサー賞のメンバーが揃った。脇本雄太、村上兄弟の近畿勢や先行して逃げ残った原田研太朗、GPチャンピオン浅井康太相手に山田英明(孫弟子)がどう戦うのか、とても楽しみだ。

第10R(S級二予選)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 岩津 裕介(岡山)
87期S級1班 追
2 2 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
3 3 山田 久徳(京都)
93期S級1班 逃
4 4 松岡 健介(兵庫)
87期S級1班 両
5 岡村  潤(静岡)
86期S級1班 両
5 6 伊藤 成紀(大阪)
90期S級2班 逃
7 渡邉 一成(福島)
88期S級S班 逃
6 8 山賀 雅仁(千葉)
87期S級1班 両
9 取鳥 雄吾(岡山)
107期S級1班 逃
誘導 川口 直人 S級2班

「渡邉一成が好機にスパートし捲り切る」
並びは7渡邉に2佐藤、3山田に4松岡、6伊藤の近畿。9取鳥に1岩津の岡山、8山賀に5岡村の南関の4分戦。本命視するナショナルチームメンバーの7渡邉は昨日の特別選抜では平原の動きを見過ぎ悔いの残る動きだった。今日は信頼ある2佐藤が付くだけに早目の捲りを決めてくる。好調9取鳥が主導権を握る公算が高い為、番手1岩津も有利。穴目は8山賀の捲り追い込み。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)72⇒27⇒135(6点)
(フォーメーション)71⇒17⇒249(6点)
(フォーメーション)8⇒135⇒135(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級二予選)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
2 2 坂口 晃輔(三重)
95期S級1班 追
3 3 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
4 4 根田 空史(千葉)
94期S級1班 逃
5 芦澤 辰弘(茨城)
95期S級1班 追
5 6 東 龍之介(神奈)
96期S級1班 追
7 柴崎  淳(三重)
91期S級1班 両
6 8 小川 勇介(福岡)
90期S級1班 両
9 牛山 貴広(茨城)
92期S級1班 追
誘導 加藤 圭一 S級2班

「平原康多が負けられない一戦」
並びは1平原に5芦沢、9牛山の関東。柴崎に坂口の三重。4根田に3中村、6東の南関。8小川は単騎。昨日の1平原は三谷の動きを待ちすぎ後手に回り仕掛けずに終わり本人も反省しているはず、修正能力ある1平原は好調4根田、7柴崎相手に隙のない動きで1着を目指す。師弟関係の4根田が3中村を連れてタイミング良く先行すれば3中村にチャンス。穴目は動き良い7柴崎の一発。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1⇒5⇒3479(4点)
(フォーメーション)13⇒31⇒3457(6点)
(フォーメーション)7⇒123⇒123(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(ガールズケイリンコレクション)1625m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 児玉 碧衣(福岡)
108期L級1班 両
2 2 高木 真備(東京)
106期L級1班 両
3 3 太田 りゆ(埼玉)
112期L級1班 両
4 4 鈴木 美教(静岡)
112期L級1班 両
5 5 山原さくら(高知)
104期L級1班 両
6 6 石井 貴子(千葉)
106期L級1班 両
7 内村 舞織(福岡)
112期L級1班 両
誘導 野村 純宏 S級2班

「太田りゆがスピードある捲りを決める」
3太田は現在ナショナルチームで東京オリンピックを目指していて、2017年アジア選手権チームスプリントで3位と競技の方も活躍しているし、ガールズ競輪も現在4連覇。3太田はレース運びも上手く持ち前のダッシュをいかした捲りを決め優勝を目指す。でも1児玉碧衣や2高木真備、復活してきた6石井貴子も差はなく混戦になるのは間違いないので手広く。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)31⇒13⇒245(6点)
(フォーメーション)32⇒23⇒145(6点)
(フォーメーション)6⇒123⇒123(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

5/2(水)
↑ ページTOPヘ

第72回日本選手権は2日目を迎える。昨日は私の孫弟子の荒井崇博が中川誠一郎の捲りに乗り10秒4のバンクレコードを叩き出してくれた。1994年の吉岡稔真の10秒5を24年ぶりに更新した。4月の武雄G3に向けて頑張ってきた成果がでたと思うし二次予選も頑張って欲しい。
特別選抜では脇本雄太が村上義弘に差されはしたが素晴らしい先行だった。本命視した新田祐大は赤板から無駄な動きが多く捲り不発になったのに少し不安が残る。浅井康太は上々の動きだったし43歳の村上義弘の気迫は素晴しかった。
今日は残りの一次予選6レース、特別選抜2レースが行われる。その中、G3連覇中の山田英明に全力で力を出しきるレースを望みたい。

第9R(S級一予選)2025m
発走時間 15:10
締切予定 15:05
選手名
1 1 吉田 敏洋(愛知)
85期S級1班 逃
2 2 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
3 3 菊地 圭尚(北海)
89期S級1班 両
4 4 近藤 龍徳(愛知)
101期S級1班 追
5 杉森 輝大(茨城)
103期S級1班 逃
5 6 久米 康平(徳島)
100期S級1班 逃
7 牛山 貴広(茨城)
92期S級1班 追
6 8 阿部 拓真(宮城)
107期S級2班 逃
9 竹内 雄作(岐阜)
99期S級1班 逃
誘導 川口 直人 S級2班

竹内雄作に乗る吉田敏洋中心も波乱もある
並びは9竹内に1吉田、4近藤の中部。6久米に2小倉の徳島。8阿部に3菊地の東北。5杉森に7牛山の茨城。4分戦で目まぐるしい展開が予想される中、積極的な先行をしそうなのは9竹内で、番手1吉田が中心となる。しかし3菊地に任された8阿部が何でもする自在タイプ、2小倉に任さた6久米も積極的な走りが予想されるので波乱もある。穴目は8阿部のG1初出場の張り切りで3菊地から狙いたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1⇒2349⇒2349(12点)
(フォーメーション)3⇒2578⇒2578(12点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第10R(S級特選予)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
2 2 山田 英明(佐賀)
89期S級1班 両
3 3 深谷 知広(愛知)
96期S級S班 逃
4 4 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
5 椎木尾拓哉(和歌)
93期S級1班 追
5 6 金子 貴志(愛知)
75期S級1班 両
7 稲垣 裕之(京都)
86期S級1班 逃
6 8 岡村  潤(静岡)
86期S級1班 両
9 桑原 大志(山口)
80期S級S班 追
誘導 野村 純宏 S級2班

勢いがある山田英明を抜擢も深谷知広の先行も魅力
並びは2山田に9桑原の西。4郡司に1中村、8岡村の南関。3深谷に6金子の愛知。7稲垣に5椎木尾の近畿。このレースも激戦だが、2山田が総力戦で戦い中心か。今の2山田はG3連覇の中、近況は持ち前のスピードに度胸ある走りが加わり特選も攻めてくる。対する3深谷はウィナーズカップ以来で調子が心配されるが、先行一車の番組なので力を出しきれば逃げ切りもある。7稲垣、4郡司も目まぐるしい展開の中の一発を狙う。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)2⇒3479⇒3479(12点)
(フォーメーション)3⇒1246⇒1246(12点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級特選予)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
2 2 渡邉 一成(福島)
88期S級S班 逃
3 3 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
4 4 村上 博幸(京都)
86期S級1班 追
5 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
5 6 稲川  翔(大阪)
90期S級1班 追
7 成田 和也(福島)
88期S級1班 追
6 8 園田  匠(福岡)
87期S級1班 追
9 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
誘導 出口 眞浩 S級2班

総合力を考えて平原康多から狙う
並びは1原田に8園田の西。3三谷に、6稲川4村上の近畿。9平原に5木暮の関東。2渡邉に7成田の福島で4分戦なる。中心となる9平原は前回の地元西武園G3決勝戦でまさかの敗退も調子は悪くなく動けていた。ここも2渡邉、3三谷、1原田の動きを見据え前々と攻めて最後は捲りで勝機か。穴目はもつれた時に2渡邉がスーパーダッシュで捲った時。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)9⇒5⇒346(3点)
(フォーメーション)5⇒9⇒346(3点)
(フォーメーション)9⇒1258⇒1258(12点)
(フォーメーション)2⇒379⇒379(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

5/1(火)
↑ ページTOPヘ

第72回日本選手権競輪が今日から6日間、平塚競輪場で開催される。G1でもっとも獲りたいタイトルで参加選手も優勝してダービー王の称号に名を残したいのはずだ。私も第39回平塚ダービー決勝戦で前受けし、滝沢正光のかまし先行の番手小門洋一に飛び付き、競り勝っての準優勝だった。しかし、優勝した滝沢との着差は1/4輪で悔しく涙した事を思い出す。その頃は私も勢いがあり負けず嫌いだったので…(笑)。今回の注目はなんと言っても新田祐大、深谷知広、脇本雄太、渡辺一成のナショナルチームの選手達だろう。5月の平塚競輪場はバックが追い風となりとにかく軽い高速バンクになる。その為、ナショナルチームにとってスピードレースになればなるほど有利になるから注目したい。平塚ダービー王の称号を賭けた白熱した戦いが繰り広げられので高配当続出するのは間違いない。

第9R(S級一予選)2025m
発走時間 15:10
締切予定 15:05
選手名
1 1 石塚輪太郎(和歌)
105期S級1班 逃
2 2 大塚健一郎(大分)
82期S級1班 追
3 3 吉澤 純平(茨城)
101期S級1班 逃
4 4 三宅 伸(岡山)
64期S級1班 追
5 東口 善朋(和歌)
85期S級1班 追
5 6 山田 義彦(埼玉)
92期S級1班 両
7 松川 高大(熊本)
94期S級1班 逃
6 8 伊藤 信(大阪)
92期S級2班 逃
9 神山 拓弥(栃木)
91期S級1班 追
誘導 出口 眞浩 S級2班

総合力は吉澤純平だが波乱もある
並びは3吉澤に9神山、6山田の関東3車、7松川に1大塚の九州に岡山の4三宅が付く3車。1石塚に5東口の和歌山2車。大阪の8伊藤は単騎を選択した。安定感は3吉澤が群を抜いている。前回の和歌山は優勝失格だったが動きは良かった。先行するのは1石塚で3吉澤は幅広い戦法で3番手を狙いながら捲りを決めてくる。しかし中団は好調7松川も狙ってくるので、もつれれば1石塚の番手5東口が有利になる。

フォーカス
3連単
39⇒93⇒157(6点)
35⇒53⇒179(6点)
5⇒379⇒379(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第10R(S級一予選)2025m
発走時間 15:50
締切予定 15:45
選手名
1 1 山崎 芳仁(福島)
88期S級1班 両
2 2 太田 竜馬(徳島)
109期S級1班 逃
3 3 池田 勇人(埼玉)
90期S級1班 逃
4 4 朝倉 佳弘(東京)
90期S級2班 追
5 柏野 智典(岡山)
88期S級1班 追
5 6 小嶋 敬二(石川)
74期S級1班 両
7 橋本 強(愛媛)
89期S級1班 追
6 8 伊藤 正樹(愛知)
71期S級1班 両
9 飯野 祐太(福島)
90期S級1班 逃
誘導 旭 啓介 S級2班

思いっきり先行が戻った太田竜馬が中心か
並びは2太田に7橋本、5柏野の中四国。6小嶋に8伊藤の中部。9飯野に1山崎の福島。3池田に4朝倉の関東の4分戦。ラインが長いのが中四国勢で、そのラインの先頭で戦う2太田は冬場は苦手なのか精彩を欠いていた。しかしウイナーズカップや別府を見た印象はかなり上向いているので積極的にいけば、番手2橋本とのゴール勝負か。グランドスラムがかかっている1山崎は9飯野に任せてチャンスを待つ。2太田と9飯野がもがきあえば3池田の一発もある。

フォーカス
3連単
27⇒72⇒135(6点)
21⇒12⇒379(6点)
3⇒146⇒146(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級特選予)2025m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 村上 義弘(京都)
73期S級1班 両
3 3 諸橋 愛(新潟)
79期S級S班 追
4 4 井上 昌己(長崎)
86期S級1班 両
5 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
5 6 北津留 翼(福岡)
90期S級1班 逃
7 和田健太郎(千葉)
87期S級1班 追
6 8 坂口 晃輔(三重)
95期S級1班 追
9 新田 祐大(福島)
90期S級S班 逃
誘導 吉川 誠 S級2班

新田祐大のスピードが勝るが脇本雄太次第で村上義弘
並びは9新田に7和田。6北津留に4井上の九州。5脇本に2村上の近畿。1浅井に8坂口の三重。新潟の3諸橋は単騎を選択し細切れ戦。平塚の今の時期はバックが追い風になり、凄くタイムがでるのでナショナルチームの9新田や5脇本が合っているイメージがする。5脇本が2村上を連れて先行して1浅井が先捲りしても9新田が異次元のスピードで捲る展開か、ただ5脇本に先行争いを挑む選手がいないためすんなりだと2村上が有利になるし5脇本の逃げ切りもある。

フォーカス
3連単
92⇒29⇒1357(8点)
91⇒19⇒2357(8点)
5⇒129⇒129(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ


[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る