ナイター開催 小倉競輪「朝日新聞社杯競輪祭(GI)」 Dokanto!・通常賭式発売中!  ミッドナイト開催 松戸、玉野競輪 通常賭式発売中!
「実況アナウンサー」橋本悠督の直前予想!
  

第27回 寛仁親王牌

10/5(金)10/6(土)10/7(日)10/8(祝月)

10/8(祝月)
↑ ページTOPヘ

現在は小倉ミッドナイト競輪開催中で、私はもちろん滞在中。お昼ご飯ももちろん小倉で済ませるのですが、先程食べに行った「資さんうどん」にて、スマホでレースをチェックしながらカツとじ丼を注文すると、その画面をチラッと見たお店の親父さんに声を掛けられまして…「準決勝は10レース、難しいですなぁ」という。あまりにも突然の一言に意表を突かれ、「は、はい…」しか言えないでいると、その後も親父さんはどんどん畳みかけてきます。

「小倉にはいいドームがあるからね~、お兄ちゃんもドームには行くの?」「はい」「えっ!!来てるのか~。俺もしょっちゅう行くけど、その割に会わないね~、なんでなんだろうね~?ほんとに来てるの??いやいや、それより今日の勝負は【ひらばる】だよ。【ひらばる】は強いし上手いよね。レースが!!もう準決勝の最終は【ひらばる】で勝負しかないな~と思ってね~どうよ?」という、もう予想の話より途中から【ひらばる】というフレーズが気になって気になって。

今まで私は実況で何度も何度も【ひらはら】と言ってきた筈ですが、親父さんからすると、誰が何と言おうと平原選手は【ひらばる選手】なんですね。その親父さんの自由な感じに少し心がほんわかしました。お会計の時に「しっかり当てるんだよ~」と優しく声を掛けてもらい、何だかいいことありそうだなぁ、なんて思っていたら、今日もまずまずの的中率で好調キープです!皆さんも是非!小倉にお越しの際には勝利を運んでくれそうな「資さんうどん京町店」にいる「ひらばるおじさん」を探してみてください。

時々仕事をサボってメディアドームに行くそうですが、タイミングよく出会えたら、きっと気さくに競輪談義に応じてくれると思いますよ~。さぁ!!勝負の準決勝戦!連覇のかかる渡邊一成選手も良かったし、最終レースの清水選手も近況の成績は本物だというところをしっかりと見せつけました。しかし!!やっぱり次元の違う強さを見せたのは脇本選手。上がりタイム8.8はバンクレコードタイですからね~。周りがいくら包囲網を敷こうとも、脇本選手のスピードと持久力をもってすれば、何っちゃないんです!!何も考えずに脇本選手からいってみよう!!かなぁ、と思いつつ出走表をチェックしてみると、決勝戦、脇本選手の車番は5番です。

そして、その瞬間!今節初日に番組でご一緒した木三原さくらさんの一言が頭をよぎりました。 「今回の寛仁親王牌のポスターに書いてあるキャッチフレーズ、流星のごとく、なんですよね~。ごとく....ごとく...5と9???」きたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!完全にこれは繋がりましたね。 繋がったんですが、正直、果たしてこれだけでいいのだろうか?相手は9番車の清水選手だけでいいのだろうか。

悩ましい、実に悩ましい。ひらばる選手も気になるし、何よりラインで買わなくていいのだろうか。様々な葛藤を抱えながら、いよいよ大会は最終日!有終の美を目指して頑張ります!

第10R(S級特秀)2035m
発走時間 15:18
締切予定 15:13
選手名
1 1 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
2 2 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
3 3 香川 雄介(香川)
76期S級1班 追
4 4 飯野 祐太(福島)
90期S級1班 逃
5 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
5 6 南   潤(和歌)
111期S級2班 逃
7 大槻 寛徳(宮城)
85期S級1班 追
6 8 柴崎  淳(三重)
91期S級1班 両
9 椎木尾拓哉(和歌)
93期S級1班 追
誘導 田村 真広 S級2班

好調柴崎の一撃に期待!!穴は単騎、中村の突っ込みを。
メンバーを見渡すと、やはり6南が主導権を握っていくのでは?というレース。ならば流れは9椎木尾だが、それよりも8柴崎の気配を重視して考えたい。近況は早めに動いてよく粘っているし、今節も悪くない。勿論、マークする3香川との折り返しを中心に。地元の2木暮は3日目、天田にマークして連対したものの、自らが前で勝負となるとどこまでやれるのかは疑問。ここは2着までの候補として。むしろ、6南が先手を取った場合の3番手にいそうな1中村の突っ込みを。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)83 ⇒ 83 ⇒ 12947(10点)
(フォーメーション)1 ⇒ 839 ⇒ 839(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級特秀)2035m
発走時間 15:53
締切予定 15:48
選手名
1 1 橋本  強(愛媛)
89期S級1班 追
2 2 和田健太郎(千葉)
87期S級1班 追
3 3 諸橋  愛(新潟)
79期S級S班 追
4 4 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
5 新山 響平(青森)
107期S級1班 逃
5 6 取鳥 雄吾(岡山)
107期S級1班 逃
7 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
6 8 神山雄一郎(栃木)
61期S級1班 追
9 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
誘導 小林 潤二 S級2班

107期同期対決を渡邊が一捲り!!叩き合いなら中川が飛んでくる!!
今節共に動きのいい5新山と6取鳥。特に新山は3日間しっかりバックを取るレースで非常に粘り強い。ただ、6取鳥も全く負けていないし、積極的に動いていこう!という気持ちの感じるレースが続いている。お互いが火花を散らす展開になるならば、もちろん4渡邉にチャンスだし、一番後ろから7中川が飛んでくる車券も考えておきたい。追い込み陣の気配でいうと1橋本。取鳥が主導権で、もし番手の9松浦が早めに踏み込むような場面があるなら、アタマまで突っ込んでくる車券は少し、ほんの少し押さえておきたいところ。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)47 ⇒ 472 ⇒ 472931(16点)
(フォーメーション)1 ⇒ 947 ⇒ 9472(9点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級決勝)2035m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
3 3 渡邉 一成(福島)
88期S級S班 逃
4 4 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
5 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
5 6 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
7 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
6 8 柏野 智典(岡山)
88期S級1班 追
9 清水 裕友(山口)
105期S級1班 逃
誘導 金子 真也 S級2班

今の脇本には逆らえない!!GI連覇へ、遮るものは何もない!!
今の5脇本の強さは、もはや圧倒的。相手が懸命に踏んでいるのに、それをしっかりと叩いてしまうスピード、そして出切ってからも粘りこめる強靭な持久力、文句なしに大本命で勝負したい、というかするしかないレース。3日目の追走を見ているとやはり2着の7三谷は外せない。ただ、3番手に1浅井か2平原がいた場合は2着逆転のケースもあり得るし、強気に攻める9清水の番手から8柏野の強襲も気になる。オッズ次第になってくるところもあるが、近畿スジを厚めにいって、筋違いを少々。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)5 ⇒ 7 ⇒ 12986(5点)
(フォーメーション)5 ⇒ 12986 ⇒ 7(5点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

10/7(日)
↑ ページTOPヘ

いつもいつも、オケラと言われ続けて不本意な毎日を送っていましたが、ようやくこんな私にも光が差し込んできました!!昨日、ここのコラムで注目していた柏野選手!古性選手の捲りに乗って3番手から、最後は内のコース。切れも抜群!!やってくれました。2着に入って中穴配当!!そして、何といっても心から感謝の気持ちを捧げたいのは南潤選手。事故レースになって残念なところもありますが、初日、私が感じた気配は間違いではなかった…粘って押し切って大波乱ですよ~。南選手が名前の通り、私の心と財布に「潤い」を与えてくれました。実は、昨日のこの時間は台風の影響で広島発の新幹線が2時間ストップ!自由席で缶詰状態。最悪の気分だったんですよ。でも、何が幸いするか分かりませんね~。もし慌ただしく移動していたら、ちゃんと車券は買えなかったかもしれません。買っていてもじっくり検討できずに、抜け目で取り逃がしていたかもしれません。2時間缶詰状態がもたらしてくれた大勝利!といっても過言ではありません。ありがとう東海道新幹線。ありがとうJR西日本。そして、ありがとう南選手。ただ、その後は相変わらずの鳴かず飛ばずの状況で、ラストの12Rは得意の3着抜けで終わりました。しかし、やっぱり脇本選手は強いですね~。中川選手に差されはしましたが、懸命に逃げる一成選手を叩き切り、更に3番手から浅井選手に捲らせず、という。ほんと恐れ入りました。

第10R(S級準決勝)2035m
発走時間 15:18
締切予定 15:13
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 渡邉 一成(福島)
88期S級S班 逃
3 3 古性 優作(大阪)
100期S級1班 両
4 4 和田健太郎(千葉)
87期S級1班 追
5 村上 義弘(京都)
73期S級1班 両
5 6 柴崎  淳(三重)
91期S級1班 両
7 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
6 8 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
9 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
誘導 田村 真広 S級2班

浪速の暴れん坊!古性が巧みに立ち回り、決勝への切符を掴む!穴は中村の抜け出し。
激戦必至の4分戦。GPへの賞金争いで微妙なところにいる選手が3人いて、このことがレースの流れを左右しそうな気がする。まず、ランキング12位の2渡邉一。2日目は脇本と先行争いを演じたが、ここは大事に、いつものように前受から始まりそうなレース。引いての捲り勝負になりそうだが、大事にいき過ぎると、その組み立てが裏目に出るのでは。そしてランキング15位の7中村。人望ある支部長が初のGPへ。そんな思いは8渡邉雄もしっかり感じているはずで、おまけにラインも3人。流れの中で捲りになることはあるかもしれないが先行基本の組み立てになってくるだろう。そして、目下ランキング11位の3古性、どうしても落とせないレースになった準決勝、最悪でも4番手、引けない場合は番手まで、強気に前々へ攻めていく可能性が高い。その古性の暴れっぷりに期待して。相手はスジの5村上はもちろん、南関先手なら7中村の絡み、好調6柴崎の一撃と乗る1浅井の三重コンビまで。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3 ⇒ 751 ⇒ 75164(12点)
(フォーメーション)751 ⇒ 3 ⇒ 75614(12点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級準決勝)2035m
発走時間 15:53
締切予定 15:48
選手名
1 1 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
2 2 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
3 3 大槻 寛徳(宮城)
85期S級1班 追
4 4 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
5 山崎 賢人(長崎)
111期S級2班 逃
5 6 神山雄一郎(栃木)
61期S級1班 追
7 香川 雄介(香川)
76期S級1班 追
6 8 荒井 崇博(佐賀)
82期S級1班 両
9 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
誘導 小林 潤二 S級2班

脇本のパワーに、期待の新星、山崎がチャレンジ!小松崎の気配は本物か??
飛ぶ鳥を落とす勢いで2連勝の新星5山崎が、1脇本に真っ向勝負を挑んできそうな11R。山崎も気配は抜群だが、今の脇本には逆らえない。九州勢との叩き合いを制して9三谷とのゴール勝負になる所を基本に考えたい。ただ、脇本が予想以上に激しい5山崎の抵抗にあって消耗戦になった場合にチャンスが見えてくるのが4小松崎。初日、ゴール寸前で脇本を交わした伸びは印象的だったし、2日目もバック8番手から4着まで迫っている脚色は注目しておきたい。あと、先行争いの後ろで、こっそりチャンスを見極めて突っ込んできそうな7香川の絡みも外せない。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)19 ⇒ 1945 ⇒ 19457(18点)
(フォーメーション)3 ⇒ 28 ⇒ 281(4点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級準決勝)2035m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
2 2 椎木尾拓哉(和歌)
93期S級1班 追
3 3 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
4 4 柏野 智典(岡山)
88期S級1班 追
5 諸橋  愛(新潟)
79期S級S班 追
5 6 稲村 成浩(群馬)
69期S級1班 追
7 山田 英明(佐賀)
89期S級1班 両
6 8 南   潤(和歌)
111期S級2班 逃
9 清水 裕友(山口)
105期S級1班 逃
誘導 金子 真也 S級2班

実績上位は平原も、位置取りもつれて苦戦のシーンも。穴狙いで多点勝負だ!
実績、格を考えれば1平原でというレースだが、初日は番手勝負が成功したものの、2日目の動きは心配。今節どこまで自力で戦えるかの判断は非常に難しいところ。仮に8南が先手を取ったとして、平原がしっかり3番手を確保できるかも微妙だし、場合によっては9清水が強気に攻めて平原より前にいるかもしれない、いや、現状のレースから漂う気迫を考えれば、むしろ清水が好位を確保している可能性の方が高いのでは。3中川は例のごとく8番手から届くのかどうか、のレースになりそうだが、さすがの中川も1本棒の展開なら難しいだろう。ただ、中団もつれる展開に限定して、一発飛んでくる車券は少し押さえておきたい。後は南が粘りこむところと、中団取った清水が捲り追い込んだ時、内に進路を取り、中を突っ込んでくる4柏野の強襲劇!それも期待しつつ、多点勝負で穴を取りにいく。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)2349 ⇒ 23498 ⇒ 23498(48点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

10/6(土)
↑ ページTOPヘ

寛仁親王牌ニコニコ生放送!個人的に勝負の11R発売中に何と!憧れの及川奈央さんがやってきました。YAMADAグリーンドーム前橋をも包み込んでしまいそうな柔らかな笑顔と、ヘレンケラーを彷彿とさせる優しく、上品な受け答え。柔和と気品の見事なコラボレーションに感動を覚えました。
更に、それだけじゃない黒のノースリーブから漂う大人の艶やかさ。勝負レースでこんな素敵な方がわざわざ「私の応援」に来てくれるなんて!これは、完全に勝利の女神になってくれるだろう。間違いない!今日は脇本選手のアタマで強気にいこう!元々固まっていた私の気持ちが更に固くなりまして。もう、ハートはギンギンの鋼鉄になってしまいました!
でも、鋼鉄だって砕けることはあるんですね。いや、鋼鉄だと思っていたのは自分だけなのかも?勝手な独りよがりで、固くなっていた私の心は鋼鉄なんかじゃなく...ほんとはフニャフニャの....嗚呼。でも、もういいんです。全ては小松崎選手の抜け出しと共に終わってしまったんです。失意の中....前橋に別れを告げ、私は小倉へ向かいます。
しかし、このまま終わる訳にはいきません。しっかりレースをチェックして、今節この後追いかけてみたいなぁという選手は見つけたつもりです。3R、混戦の中キラリと光った柏野選手の切れ味。6R、清水選手を叩けなかったけど、踏み出しの良さと諦めない気持ちが伝わってくる永井選手の走り。12R、番手を平原選手に奪われたもののしっかり主導権を握り河端選手を寄せ付けなかった南潤選手。きっと2日目以降やってくれるでしょう。私の勝利の女神は幻だったけれど、今度は、私を勝利へ導く勇者を探して...寛仁親王牌、車券勝負の旅はまだまだ続きます。

第10R(S級二予A)2035m
発走時間 15:18
締切予定 15:13
選手名
1 1 和田健太郎(千葉)
87期S級1班 追
2 2 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
3 3 山崎 賢人(長崎)
111期S級2班 逃
4 4 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
5 椎木尾拓哉(和歌)
93期S級1班 追
5 6 河端 朋之(岡山)
95期S級1班 逃
7 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
6 8 小林 大介(群馬)
79期S級1班 追
9 園田  匠(福岡)
87期S級1班 追
誘導 田村 真広 S級2班

渡邉の好調ぶりも気になるが、ここは九州勢を信頼!点数押さえて強気に勝負。
勝ち上がりは4着権利の2次予選A、先行して粘りに自信のある選手なら比較的強気に勝負できるというのが、まず大きなポイント。ここなら3山崎がしっかり先手を奪いにいくレースになるのでは。6河端は初日、南を叩けずに終わっているので、まだまだ復調途上といった印象だし、4渡邉は間違いなく好調だが、ここで先手を奪いにいくような気持ちになっているか?というと疑問。前回、青森で主導権を握りにいったレースは、後ろに叔父である師匠、渡邉晴智選手がいたケースに限定されていたし、初日の組み立てを見ても、そこまで早め早めに動くようには思えない。勝ちにこだわって仕掛けが遅めになるなら勝負所で地元2木暮よりも前にいる必要があるし、そう考えれば多少割り引いて考えなければいけない。なので車券は九州両者から。奈良FIで一度離れている9園田だが、今の調子なら大丈夫だと信じて、九州両者のワンツーを基本に、そこに5椎木尾が付けていたケースと2木暮、1和田、7小倉の絡みで。ト

フォーカス
3連単
(フォーメーション)39 ⇒ 39 ⇒ 52817(10点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級二予A)2035m
発走時間 15:53
締切予定 15:48
選手名
1 1 村上 義弘(京都)
73期S級1班 両
2 2 成田 和也(福島)
88期S級1班 追
3 3 竹内 雄作(岐阜)
99期S級1班 逃
4 4 井上 昌己(長崎)
86期S級1班 両
5 新山 響平(青森)
107期S級1班 逃
5 6 取鳥 雄吾(岡山)
107期S級1班 逃
7 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
6 8 稲村 成浩(群馬)
69期S級1班 追
9 香川 雄介(香川)
76期S級1班 追
誘導 小林 潤二 S級2班

混戦模様で穴レース。格上近畿両者よりも107期2人の一撃に期待したい。
細切れ戦で、各ラインの前はみんな早めに仕掛けてきそうな選手ばかり。相当レースが早く動くのでは?そんな中、やはり先行力で一歩リードは3竹内。脆さが同居している部分はあるが、例え別地区の4井上が後ろであったとしても主導権基本の組み立てになってくるだろう。そこに真っ向勝負の先行宣言は5新山。叩き合い覚悟で勝負します!という強気なコメントは頼もしいし、そのくらいの気持ちで積極的にいくのなら、おのずと好展開になる可能性もあり得る。加えて、初日の脚色を見ても全く問題なし!一方の7三谷だが、向日町記念でも少し動きが重そうな印象でGI連覇の頃と比べると、少し物足りない印象。それならば思い切って、近畿勢は見送り、初日しっかり粘りこんだ6取鳥の一撃にも期待してみたい。107期2人を頭に据えて、大穴車券を狙ってみよう!!

フォーカス
3連単
(フォーメーション)5 ⇒ 2164 ⇒ 216479(20点)
(フォーメーション)6 ⇒ 9145 ⇒ 91457(16点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級ローズ)2035m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 諸橋  愛(新潟)
79期S級S班 追
3 3 渡邉 一成(福島)
88期S級S班 逃
4 4 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
5 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
5 6 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
7 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
6 8 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
9 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
誘導 金子 真也 S級2班

初日2着も脇本の評価に変わりなし!忖度なしの仕掛けでラインワンツーだ!!
初日は村上を連れて、ラインで決めようという意識が強く見えた5脇本の先行。ラスト、小松崎に交わされはしたものの、逆にあれだけ配慮しつつ早めに動いて2着に残ったのはさすが。2日目の番手はスプリンター8中川で、何の遠慮もなく仕掛けるべきポイントで思い切って勝負できるのは好材料。心理的にも5脇本にとっては近畿ラインで連携よりも、その方がいいのでは?5脇本が一気にカマして出切ってしまえば、8中川の交わし目まであるだろう。あとはその3番手に1浅井がいたケースと7平原がいるケース。これは両方考えておきたい。3渡邉はこのメンバーなら勝負所7番手になる可能性がどうしても高く、仕上がりは問題なさそうだが、5脇本の先行で中団に1浅井や7平原がいる中で、アタマまで届くのか、となると厳しいだろう。あっても3着までか。あと、優しい8中川が、5脇本を残そうとして車間を斬りすぎて、それが裏目に出てしまったケースは少し考えて。その時は、5脇本から1浅井、7平原の折り返しを。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)58 ⇒ 58 ⇒ 137(6点)
(フォーメーション)517 ⇒ 517 ⇒ 51789(18点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

10/5(金)
↑ ページTOPヘ

台風の進路が右バッターのアウトコースからインコースへ。平松のカミソリシュートばりに曲がっていく天気図は、もういい加減見飽きたし、うんざりですね~。先日の台風では私の地元大阪でもかなり大きな被害が出てしまいまして、自然の猛威というのはこんなに恐ろしいものなのか、と身に染みて感じているのですが、息つく暇もなく「またかよ!!」という。折角の連休、折角のGIなのに…何という事でしょう。かくなる上は私の予想と同じように?できるだけ進路が日本列島を「ハズレて」影響が小さくなることを願うばかりです。

今回の寛仁親王牌、舞台は前橋。ドームでの開催なので、いくら天気が悪くとも見上げる空、いや天井、その景色は何も変わりませんが、やっぱり全国的に場外発売もありますし、秋晴れを期待したい!ですね~。さぁ、この大会!!大きな特徴は5月に青森で行われた全日本プロ選手権自転車競技大会で好成績を残した選手が、優先的に斡旋されていることです。なので普段のGIであまり見かけない選手が何人か入っているのですが、個人的に密かに注目しているのが、デビュー8年目にして初のGIを迎える、大分の利根正明選手と、10年目で初GIという福島の須永優太選手ですね~。実際の競輪競争で結果を残して権利を獲得した訳ではないし、正直、トップクラスとの力の差はかなりあるかもしれません。それでも長年夢見た、初の檜舞台でしょうから、思い切って、堂々とチャレンジして欲しいですね。

特に利根選手は、別府競輪の女達のPRで共に女装した仲間ですから....大いに期待しております!!一方!争覇クラスで行きますと、やはり今回の超目玉は脇本雄太選手でしょう。高松宮記念杯、そしてオールスターでの初タイトル。ちょっと直近のGI戦線を見ていると、とにかくレベルが違う印象で、敵の自力型が全く歯が立たない、そんなレースが続いています。が!!脇本選手の強さに脅威を感じているのは敵の自力型だけではなく、脇本選手にマークする近畿の仲間達です。

「脇本に離れないように」これをテーマに対策をしていかないといけないという。今、上位クラスの競輪は大きな転換点を迎えていますね。そんな中で、初日、脇本選手と連携するのは村上義弘選手。これは非常に興味深いですね~。もし仮に脇本選手がここで勝ったとして「近畿でワンツーが決まるのかどうか」そのことは4日間の戦いを見据えた上で大きな意味を持つのではないかと思っています。さぁ、台風を吹き飛ばす、熱いレースに期待しましょう~。

第10R(S級特選予)2035m
発走時間 15:18
締切予定 15:13
選手名
1 1 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
2 2 渡邉 一成(福島)
88期S級S班 逃
3 3 村上 博幸(京都)
86期S級1班 追
4 4 柴崎  淳(三重)
91期S級1班 両
5 和田健太郎(千葉)
87期S級1班 追
5 6 伊藤 裕貴(三重)
100期S級1班 逃
7 根田 空史(千葉)
94期S級1班 逃
6 8 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
9 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
誘導 田村 真広 S級2班

格よりも絆重視で!中近ライン中心で勝負。
全プロチームスプリント優勝で特選の権利をゲットした三重コンビ。その時の第一走者が6伊藤で第二走者が4柴崎と、呼吸、信頼関係も全く問題ない。

格上の2渡邉のスピードはやはり気になる所だが、迷いなく6伊藤が主導権を握り、被る前にうまく4柴崎が発進できれば、後ろの3村上とのゴール勝負へ。特に、番手捲りなら早めの仕掛けになりそうなので3村上の頭に比重を置いて考えたい。

もし6伊藤の先行を潰しにいくとすれば南関勢だが、前を走る7根田の気配が少し心配なのも中近勢にとっては追い風に。ただ、5和田の突っ込みは要警戒。

あと、地元で気合の入る単騎戦の1木暮が、このメンバーの中で一番位置取りに拘ってきそう。中近主導権で、4番手に1木暮が入っている展開を基本に考えて。

もう一人単騎の8原田は青森記念後半、ギアを変えて好走しているが、相手のレベルを考えると勝って当然のレースだったし、むしろ組み立ての甘さが気になった。あっても3着あたりか。むしろ3着候補なら2渡邉不発からの9佐藤に期待。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3 ⇒ 124 ⇒ 124589(15点)
(フォーメーション)12 ⇒ 3 ⇒ 124589(10点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級特選予)2035m
発走時間 15:53
締切予定 15:48
選手名
1 1 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
2 2 山田 英明(佐賀)
89期S級1班 両
3 3 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
4 4 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
5 桑原 大志(山口)
80期S級S班 追
5 6 早坂 秀悟(宮城)
90期S級1班 逃
7 村上 義弘(京都)
73期S級1班 両
6 8 荒井 崇博(佐賀)
82期S級1班 両
9 大槻 寛徳(宮城)
85期S級1班 追
誘導 小林 潤二 S級2班

アタマは脇本で文句なし!!ただ、ライン車券は見送り。点数を絞って勝負だ!
オールスター決勝戦、好調竹内雄作が目一杯の力で先行しているにもかかわらず、そこを最終ホームでねじ伏せて、そのままの勢いでぶっ千切り!初のGIタイトルを獲得した3脇本。6早坂の抵抗が例えあったとしても、パワーの違いは歴然。アタマ鉄板!ではないかと、個人的には思っている。

問題はマークの7村上。共同通信社杯決勝での落車から、体調面に不安を残したままの前橋入り。いくら逆境に強い7村上といえども、ここで3脇本とワンツーを決めるのは難しいのでは?あっても7村上は3着と考え、別線の絡みで勝負する。

3脇本アタマで、まず考えたいのは6早坂が第2先行の展開。その時は4小松崎、9大槻の2、3着で。

後は、3脇本の仕掛けに、中国勢と九州勢が追走していた展開。その時も2、3着はスジの車券で。絞ってしっかり厚めに勝負したい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3 ⇒ 49 ⇒ 479(4点)
(フォーメーション)3 ⇒ 15 ⇒ 125(4点)
(フォーメーション)3 ⇒ 28 ⇒ 128(4点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級特選予)2035m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
3 3 成田 和也(福島)
88期S級1班 追
4 4 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
5 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
5 6 河端 朋之(岡山)
95期S級1班 逃
7 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
6 8 南   潤(和歌)
111期S級2班 逃
9 諸橋  愛(新潟)
79期S級S班 追
誘導 金子 真也 S級2班

展開は三谷に向きそうだが、河端のカマしもあり得るレース。浅井、平原中心も、中川アタマは少し考えたい。
デビューからの快進撃に少し陰りが見えてきた8南。全プロ1kmタイムトライアルで初出場初優勝を決めた、あの頃の勢いは今、感じられない。ただ、後ろは直前の向日町記念で地元勢に大いに貢献した5三谷なだけに、積極的に攻めていくのは間違いないだろう。心配なのはケガ明けの3成田。右足首の靭帯断裂からの復帰戦で、どこまできっちり追走し、直線伸びてくるかは疑問。

逆にしっかり時間をかけてここに合わせてきた6河端が8南に真っ向勝負を挑んでくる可能性は十分あるだけに、6河端のカマしが決まって4中川の抜け出しは少し考えておきたい。本線は、8南と6河端の叩き合いを見据えて安定感抜群の1浅井と2平原。天地がひっくり返っても、この2人を車券から外すわけにはいかない。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)4 ⇒ 125 ⇒ 1257(9点)
(フォーメーション)12 ⇒ 125 ⇒ 1257(8点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

Plofile
  


[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る