京王閣、平塚、大垣、富山、玉野、小松島競輪 通常賭式発売中!
「闘将」佐々木昭彦の直前予想!
  

第27回 寛仁親王牌

10/5(金)10/6(土)10/7(日)10/8(祝月)

10/8(祝月)
↑ ページTOPヘ

第27回寛仁親王牌は最終日、クライマックスを迎える。昨日の準決勝3個レースは見応えある激しいレースだった。10レースは浅井康太が、後輩柴崎淳の先行により番手有利な戦いだった。やはり特別の準決勝を突破するためには縦脚がないとなかなか勝てない事を浅井が証明してくれた。私が本命視した古性優作は決勝進出したい欲が強過ぎていつもの変幻自在な動きではなかった。11レースは初の山崎と脇本の対決とあって私もファンの皆様も見ごたえあるレースに期待をしたことだろう。山崎が赤板からの巻き返しで高速バンクを攻め、その山崎を7番手から8秒8で豪快に捲って力でねじ伏せた脇本には脱帽させられた。小松崎の動きも良く、決勝戦は渡邉一成の番手なのでチャンスはありそう。12レースは清水裕友がレースを作り南潤の3番手から捲りを決めてG1初の優勝進出を決めた。レース後に清水に声を掛けたら毎レース力を出し切るレースを心掛けていると聞き、清水は近々特別のタイトルを獲りそうな予感がした。平原康多は清水に気持ち負けし優出したが3着が一杯だった。

第10R(S級特秀)2035m
発走時間 15:18
締切予定 15:13
選手名
1 1 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
2 2 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
3 3 香川 雄介(香川)
76期S級1班 追
4 4 飯野 祐太(福島)
90期S級1班 逃
5 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
5 6 南   潤(和歌)
111期S級2班 逃
7 大槻 寛徳(宮城)
85期S級1班 追
6 8 柴崎  淳(三重)
91期S級1班 両
9 椎木尾拓哉(和歌)
93期S級1班 追
誘導 田村 真広 S級2班

木暮安由が好位確保し捲る
並びは6南に9椎木尾の和歌山2車。8柴崎に3香川の2車。4飯野に7大槻の東北2車。2木暮に5武田の関東2車。千葉の1中村は単騎。積極的な6南が先手を取りそう。8柴崎がホームで巻き返し、もがき合いになるだろう。2木暮は前々と攻めながら最後は捲りを決めて5武田と決める。好調、8柴崎がかまし切ると粘る。穴目は6南がペース駆けし中団がもつれ合うと逃げ切りもある。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)25⇒52⇒169(6点)
(フォーメーション)28⇒82⇒357(6点)
(フォーメーション)6⇒1259⇒1259(12点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級特秀)2035m
発走時間 15:53
締切予定 15:48
選手名
1 1 橋本  強(愛媛)
89期S級1班 追
2 2 和田健太郎(千葉)
87期S級1班 追
3 3 諸橋  愛(新潟)
79期S級S班 追
4 4 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
5 新山 響平(青森)
107期S級1班 逃
5 6 取鳥 雄吾(岡山)
107期S級1班 逃
7 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
6 8 神山雄一郎(栃木)
61期S級1班 追
9 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
誘導 小林 潤二 S級2班

単騎の中川が混戦を捲る
並びは6取鳥に9松浦、1橋本の中四国3車。5新山3に諸橋、8神山の関東3車。4渡邉に2和田の南関2車。7中川は単騎。準決勝の7中川は何も出来ずに終わり悔しい思いをした事だろう。力を出し切った時の7中川の強さとスピードは計り知れない。ここは5新山と6取鳥がもがき合うとみて7中川の捲りに期待する。6取鳥が先手を取れば9松浦が番手から捲れるだけに狙う価値はある。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)7⇒2349⇒2349(12点)
(フォーメーション)9⇒1247⇒1247(12点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級決勝)2035m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
3 3 渡邉 一成(福島)
88期S級S班 逃
4 4 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
5 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
5 6 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
7 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
6 8 柏野 智典(岡山)
88期S級1班 追
9 清水 裕友(山口)
105期S級1班 逃
誘導 金子 真也 S級2班

特別連覇を目指す脇本雄太が本命
並びは3渡邉に6小松崎、4佐藤の福島3車。9清水に8柏野の中国2車。5脇本に7三谷の近畿2車。三重の1浅井、埼玉の2平原は単騎を選択した。私は初日、2日目の5脇本を見た感じでは、準決勝での山崎賢人の挑戦に手こずると見ていた。しかし修正してきた5脇本の冷静な動きと強靭なスピードを見せつけさせられたら、5脇本の特別連覇を本命視するしかない。7三谷もしっかりサポートしながら直線勝負する。3渡邉も寛仁親王牌連覇とGPの切符を手に入れる為には5脇本を後方に下げて先捲りすれば福島勢が独占するかも。9清水は一度前に出て先行を含め総力戦で戦うも厳しい。1浅井、2平原は単騎で苦しい戦いになりそうだが前々にいることは間違いないので絡める必要はある。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)57⇒75⇒126(6点)
(フォーメーション)5⇒1239⇒1239(12点)
(フォーメーション)36⇒63⇒124(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

10/7(日)
↑ ページTOPヘ

第27回寛仁親王牌は3日目、準決勝を迎える。2日目の二次予選はやはり荒れたレースが多かった。6レースは長島が逃げて50才の神山が差して特別では久しぶりの1着となった。初日に25回連続出場を表彰されたレジェンド神山が準決勝進出を決めた。9レースは111期の南の堂々の逃げ切り、10レースでは南と同期の山崎が負けじとかまし先行し後ろを千切ってゴールし好調をアピールした二人だった。お互いが意識しあって頑張っていけば今後の活躍に期待できる。最終の12レースは全員が持ち味を発揮し最後は、脇本の捲りを元オリンピック出場経験があるの中川が差してローズカップを制した。二次予選以上に激しい戦いが繰り広げられそうな準決勝、決勝戦進出を決めるのは誰か、楽しみだ。

第10R(S級準決勝)2035m
発走時間 15:18
締切予定 15:13
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 渡邉 一成(福島)
88期S級S班 逃
3 3 古性 優作(大阪)
100期S級1班 両
4 4 和田健太郎(千葉)
87期S級1班 追
5 村上 義弘(京都)
73期S級1班 両
5 6 柴崎  淳(三重)
91期S級1班 両
7 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
6 8 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
9 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
誘導 田村 真広 S級2班

変幻自在の古性優作が抜け出す
並びは3古性に5村上の近畿2車。6柴崎に1浅井の三重2車。8渡邉雄太に7中村、4和田の南関3車。2渡邉一成に9佐藤の福島2車。激戦区の10レース、どこからでも狙えるが自力自在で前々と位置取り厳しい3古性に期待する。前回落後の村上も初日は脇本雄太、2日目は三谷竜生としっかりと追走しているのでトリーキーな3古性の動きに対応できるはず。ライン3車の南関勢が先手を取りそうだが、6柴崎も好調でGP王者1浅井が付くだけに巻き返しが早くなるので、もがき合いは避けられそうにない。最後は混戦に強い3古性の捲りが決まりそう。しかし、前回の覇者2渡邉も単走路得意なので9佐藤を引き連れて3古性よりも先に仕掛けられたら福島勢で決まる。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3⇒5⇒1278(4点)
(フォーメーション)31⇒13⇒257(6点)
(フォーメーション)29⇒92⇒137(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級準決勝)2035m
発走時間 15:53
締切予定 15:48
選手名
1 1 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
2 2 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
3 3 大槻 寛徳(宮城)
85期S級1班 追
4 4 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
5 山崎 賢人(長崎)
111期S級2班 逃
5 6 神山雄一郎(栃木)
61期S級1班 追
7 香川 雄介(香川)
76期S級1班 追
6 8 荒井 崇博(佐賀)
82期S級1班 両
9 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
誘導 小林 潤二 S級2班

近畿勢が本線になりそうだが、あえて山崎賢人の番手荒井崇博に期待する
並びは1脇本に9三谷の近畿2車。2武田に6神山の関東2車。5山崎に8荒井の九州2車。4小松崎に3大槻の東北2車。大方の予想は実績ある近畿勢が中心となるが、111期の5山崎の勢いとチャレンジャー精神旺盛な気持ちが強いだけに主導権を取るはず、番手を回る8荒井は5山崎と練習仲間で、呼吸は合っているので有利な展開に持ち込める。1脇本を後方に置くレースができたら番手8荒井が抜け出す。しかし1脇本も先行にこだわりがあるので一気に叩ききったら9三谷が差す。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)8⇒2357⇒2357(12点)
(フォーメーション)91⇒19⇒2578(8点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級準決勝)2035m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
2 2 椎木尾拓哉(和歌)
93期S級1班 追
3 3 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
4 4 柏野 智典(岡山)
88期S級1班 追
5 諸橋  愛(新潟)
79期S級S班 追
5 6 稲村 成浩(群馬)
69期S級1班 追
7 山田 英明(佐賀)
89期S級1班 両
6 8 南   潤(和歌)
111期S級2班 逃
9 清水 裕友(山口)
105期S級1班 逃
誘導 金子 真也 S級2班

レース巧者平原康多が中心
並びは1平原に5諸橋、6稲村の関東3車。8南に2椎木尾の和歌山2車。9清水に4柏野の中国2車。3中川に7山田の九州2車。1平原は初日、2日目の動きを見る限り動きは悪くないしレースの流れで攻めている。準決勝も8南や9清水、3中川の動きを見ながら隙のない動きで抜け出すと見た。先行基本の8南も二次予選の逃げ切りは自信がついたはずなので上手く仕掛けたら短走路だけに3着までは残れそう。9清水は番手を含め総力戦で戦い共同通信社杯に引き続き決勝戦を目指す。位置取り甘い3中川は混戦になればスピードあるだけに一発はあるが、仕掛けるポイント次第。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1⇒3589⇒3589(12点)
(フォーメーション)19⇒91⇒458(6点)
(フォーメーション)3⇒179⇒179(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

10/6(土)
↑ ページTOPヘ

第27回寛仁親王牌は2日目を迎える。初日は比較的に荒れる事なく無難な幕開けだった。その中で予選スタートの111期の山崎賢人がスタート牽制で誘導員を2周追う不利な展開から捲って勝った脚は勢いを感じる。10レースは渡邉一成のスピードある捲り、前橋バンクの仕掛けるタイミングを良くわかっている。11レースでは脇本雄太が2周先行し自分の競走に徹し最後は小松崎大地に捕らえられた。オールスターの時のスピードと粘りが今回はいま一つの感じがする。12レース理事長賞は南潤の先行に平原康多がイン粘りし関東勢独占を決めた。共同通信社杯を優勝し余裕ある戦いで全盛期の平原らしさを見せつける内容だった。今日2日目は初日と違い波乱が起きそうな予感がするのは私だけではないと思う。

第10R(S級二予A)2035m
発走時間 15:18
締切予定 15:13
選手名
1 1 和田健太郎(千葉)
87期S級1班 追
2 2 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
3 3 山崎 賢人(長崎)
111期S級2班 逃
4 4 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
5 椎木尾拓哉(和歌)
93期S級1班 追
5 6 河端 朋之(岡山)
95期S級1班 逃
7 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
6 8 小林 大介(群馬)
79期S級1班 追
9 園田  匠(福岡)
87期S級1班 追
誘導 田村 真広 S級2班

勢いある山崎賢人の逃げ切り
並びは4渡邉に1和田の南関2車。6河端に7小倉の中四国2車。2木暮に8小林の群馬2車。3山崎に9園田の九州2車。5椎木尾は単騎を選択した。初日の3山崎はスタート牽制で誘導員を追う展開でかなり脚を消耗したはずだが最後は捲りを決めて1着ゴールした。インタビューでは前橋のバンクは走りやすかったと応えていたのにはビックリした。その新鋭3山崎から狙いたい。3山崎マークは9園田で単騎の椎木尾がその後ろにいる可能性があるので山崎も戦いやすい。総力戦で戦う2木暮や4渡邉の抵抗もあるが3山崎が力で押し切ると見た。ただ、3山崎がかました時に9園田が離れる危険性もあるので2木暮の飛び付きや南関勢が3山崎の番手にはまり込んで4渡邉が一気に伸びるケースも考えたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3⇒9⇒1245(4点)
(フォーメーション)32⇒23⇒148(6点)
(フォーメーション)41⇒14⇒235(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級二予A)2035m
発走時間 15:53
締切予定 15:48
選手名
1 1 村上 義弘(京都)
73期S級1班 両
2 2 成田 和也(福島)
88期S級1班 追
3 3 竹内 雄作(岐阜)
99期S級1班 逃
4 4 井上 昌己(長崎)
86期S級1班 両
5 新山 響平(青森)
107期S級1班 逃
5 6 取鳥 雄吾(岡山)
107期S級1班 逃
7 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
6 8 稲村 成浩(群馬)
69期S級1班 追
9 香川 雄介(香川)
76期S級1班 追
誘導 小林 潤二 S級2班

総合力で三谷竜生も混戦
並びは5新山に2成田の東北2車。7三谷に1村上の近畿2車に地元8稲村が付く3車。6取鳥に9香川の中四国2車。岐阜の3竹内に長崎の4井上が付く2車。徹底先行タイプの5新山や3竹内、6取鳥3人が赤板前から激しくやり合う展開のなか総合力上位の7三谷が前々から好位キープし捲りを決めると見た。前回の落車が気になった1村上だが、初日は脇本雄太にしっかりと追走していたので7三谷とのゴール勝負に持ち込めると考える。3竹内が主導権を取れば捲り脚ある4井上も魅力だし、5新山の巻き返しも早いので番手2成田にもチャンスはある。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)71⇒17⇒248(6点)
(フォーメーション)74⇒47⇒129(6点)
(フォーメーション)2⇒457⇒457(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級ローズ)2035m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 諸橋  愛(新潟)
79期S級S班 追
3 3 渡邉 一成(福島)
88期S級S班 逃
4 4 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
5 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
5 6 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
7 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
6 8 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
9 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
誘導 金子 真也 S級2班

脇本雄太の番手を得た中川誠一郎が差しきる
並びは、7平原に9武田、2諸橋の関東3車。3渡邉に6小松崎、4佐藤の福島3車。福井の5脇本に熊本の8中川が付く2車。三重の1浅井は単騎。8中川と5脇本はナショナルチームでの練習仲間。福井G3でも連携しているし先行力抜群の5脇本にすんなりであれば差せる。ただ福島勢の並びが3渡邉が前だけに5脇本を苦しめる展開になる、その時は隙のない7平原が一気に仕掛けると関東勢が浮上する。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)85⇒58⇒167(6点)
(フォーメーション)86⇒68⇒145(6点)
(フォーメーション)79⇒97⇒126(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

10/5(金)
↑ ページTOPヘ

第27回寛仁親王牌.世界選手権記念トーナメントが今日から8日迄の4日間、前橋競輪場で開催される。先月の共同通信社杯優勝の平原康多は、今年は試行錯誤して練習内容や自転車のセッティングなど試してきたもののなかなか結果が出なかった。
だが前回の共同通信社杯を制したことで、再び本来の隙のない動きを披露するだろう。中核の平原に勢いが戻った関東勢の今大会の飛躍を期待したい。

また今回は、前回欠場のGI王者 脇本雄太や昨年覇者 渡邉一成らナショナルメンバーも出場するためトーナメントはさらに盛り上がることだろう。そして台頭著しい若手の抵抗も激しい。共同通信社杯で活躍した山崎賢人、清水裕友、南潤ら100期以降の選手が今回も果敢に下剋上を狙っていく。

GIも残り2開催。グランプリ出場を目指す選手にとっては取りこぼしのできない厳しい戦いとなる。短走路の前橋競輪を制するのは誰か、一瞬たりとも目が離せない4日間となろう。

第10R(S級特選予)2035m
発走時間 15:18
締切予定 15:13
選手名
1 1 木暮 安由(群馬)
92期S級1班 両
2 2 渡邉 一成(福島)
88期S級S班 逃
3 3 村上 博幸(京都)
86期S級1班 追
4 4 柴崎  淳(三重)
91期S級1班 両
5 和田健太郎(千葉)
87期S級1班 追
5 6 伊藤 裕貴(三重)
100期S級1班 逃
7 根田 空史(千葉)
94期S級1班 逃
6 8 原田研太朗(徳島)
98期S級1班 逃
9 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
誘導 田村 真広 S級2班

前回の覇者、渡邉一成を信じる
並びは2渡邉に9佐藤の福島2車。6伊藤に4柴崎、3村上の中部近畿3車。7根田に5和田の南関2車。1木暮、8原田は単騎を選択した。細切れ戦になった10レース、ナショナルチームの練習で単走路得意な2渡邉を本命視する。
前回のオールスターでは脇本雄太のパワーに屈したが、初日からの3連勝は動きも良く、6伊藤と7根田の先手争いが見込まれるだけに2渡邉の捲りが決まりそう。しかし6伊藤が主導権を取ると好調4柴崎の2段駆けもあるので中近勢にも注意したい。

穴目は総力戦で戦う1木暮が地元声援に応えるかも。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)2⇒1349⇒1349(12点)
(フォーメーション)34⇒34⇒1258(8点)
(フォーメーション)1⇒248⇒248(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級特選予)2035m
発走時間 15:53
締切予定 15:48
選手名
1 1 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
2 2 山田 英明(佐賀)
89期S級1班 両
3 3 脇本 雄太(福井)
94期S級1班 逃
4 4 小松崎大地(福島)
99期S級1班 逃
5 桑原 大志(山口)
80期S級S班 追
5 6 早坂 秀悟(宮城)
90期S級1班 逃
7 村上 義弘(京都)
73期S級1班 両
6 8 荒井 崇博(佐賀)
82期S級1班 両
9 大槻 寛徳(宮城)
85期S級1班 追
誘導 小林 潤二 S級2班

脇本雄太中心は揺るがない
並びは3脇本に7村上の近畿2車。1松浦に5桑原の中国2車。2山田に8荒井の佐賀2車。6早坂に4小松崎、9大槻の東北3車の4分戦。今年の3脇本は走る度にパワーアップしている感じがする。

8月の平オールスターからの出場だが2020年東京オリンピックを見据えてナショナルチームで練習しているだけに抜群の機動力を発揮すし3脇本が一人旅しそう。3脇本の番手、7村上は共同通信社杯の決勝戦で落車し、どの程度戻してきたかだが44歳の7村上に急激な回復が見込まれないので2着、3着は幅広く狙った方が良いかも。

穴目を探すなら3脇本の負けパターンであるスタートを取らされて後方からの捲りだ。3脇本が単走路甘く見て捲り不発の時は6早坂の番手4小松崎から狙いたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3⇒1249⇒1249(12点)
(フォーメーション)4⇒1259⇒1259(12点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級特選予)2035m
発走時間 16:30
締切予定 16:25
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
3 3 成田 和也(福島)
88期S級1班 追
4 4 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
5 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
5 6 河端 朋之(岡山)
95期S級1班 逃
7 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
6 8 南   潤(和歌)
111期S級2班 逃
9 諸橋  愛(新潟)
79期S級S班 追
誘導 金子 真也 S級2班

南潤の番手三谷竜生が抜け出すと見た
並びは8南に5三谷の近畿に福島の3成田が付く3車。2平原に7武田、9諸橋の関東3車。6河端に4中川の西2車。1浅井は単騎を選択した。

このレースでの主導権は間違いなく8南だろう。8南の番手、5三谷は共同通信社杯、向日町G3の動きは成績以上に動きは悪くない。中団は1浅井か2平原がキープし、かます6河端や捲りを打つ2平原の動きを見ながら番手から抜け出すと見た。

3成田は落車復帰戦で追走一杯か。2平原は共同通信社杯を優勝し流れをつかみつつある。前々と攻めて本来の2平原の動きが出来れば逆転もある。スピードある4中川は6河端任せでは…それよりは近畿の後ろを選択せず単騎で戦う1浅井が恐い。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)5⇒3⇒1279(4点)
(フォーメーション)25⇒25⇒137(6点)
(フォーメーション)1⇒2357⇒2357(12点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

Plofile
  


[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る