小倉競輪「朝日新聞社杯競輪祭(GI)」 Dokanto!・通常賭式発売中!  大宮、松戸、玉野、久留米競輪 通常賭式発売中!
「実況アナウンサー」橋本悠督の直前予想!
  

第3回 ウィナーズカップ

3/21(祝木)3/22(金)3/23(土)3/24(日)

3/24(日)
↑ ページTOPヘ

只今、3月24日の午前1時31分。日付が変わるその瞬間まで大垣で番組を行い、その番組を終えた1時間半後!今、私はどこにいるでしょうか?何と!!何と!!名神高速道路の路肩の端っこでございます!!いやぁ、パンクですよパンク!!突然、私の乗っている車がガタガタ揺れだして「いやぁ、今日は結構冷えるから、車まで震えとるわい」なんて下らんことを思いながらも、ちょっと頑張ってみたんですが、震えが突然痙攣に変化して「もうこりゃいかんわい!」と端に停めて降りてみると、この有様でございます。やっぱり、こんなもんですよ、私の人生。ウィナーズカップ3日目3レース。近畿ライン3番手の鷲田選手の突っ込みに期待して買った車券が大当たり!3連単の配当が12万を超えまして「いやぁ、今節これで負けはなくなったわい!!やっぱり10万車券の味はたまらんですなぁ」なんて思ってたところですよ。やっぱりツキの帳尻合わせがしっかりくるんですね~。JAFの担当者によりますと、1時間は待ってください!とのことで、まさかのロスタイム....「はぁ、原稿でも書きますか」てな流れでございますね~。端っこに停まっている私の横をどんどん通り過ぎていく車たち。一台、そしてまた一台。もう捲られっぱなしですよ!!垂れていく先行選手がどんどん後ろに抜かれて9着になる。その時の気分は今みたいな感じなのかなぁ、なんてセンチメンタルな気分を味わいつつ...まぁ、でも折角の時間ですから少しでも有意義に過ごさないと!!そう、物事は何でもプラス思考が吉!!この時間は、じっくりレースの予想を考えて最終日の大きな勝利へ向かうための時間なんです!!そう思うことにしましょう!!

第9R(L級Gコレ)1625m
発走時間 14:40
締切予定 14:35
選手名
1 1 小林 優香(福岡)
106期L級1班 両
2 2 児玉 碧衣(福岡)
108期L級1班 両
3 3 石井 寛子(東京)
104期L級1班 両
4 4 石井 貴子(千葉)
106期L級1班 両
5 5 梅川 風子(東京)
112期L級1班 両
6 6 山原さくら(高知)
104期L級1班 両
7 梶田  舞(栃木)
104期L級1班 両
誘導 濱口 高彰 S級2班

小林vs児玉の同門対決の行方は?車券は石井貴の2、3着で勝負!
昨年8月のいわき平以来!国内の競輪は半年以上のブランクを経て、ファンの前に登場する1小林。今の脇本の快進撃を見ると、ナショナルチームで鍛え上げられている選手のレベルはワンランク上で、男子がそうなら、女子も同じだろう、と考えるのが自然か。ただ、これまでの小林の国内でのレースを見ていると、仕掛けを待ちすぎて失敗することもあり、過剰な期待は禁物か。思い切りの良さと現状の勢いなら2児玉。勝つのはこの同門の2人のうちどちらかと決め打ちで、ここに絡んでくるのは勝負強さ、位置取り、タテ脚、全てにおいてバランスの取れた4石井貴を抜擢。石井貴が確定版を外すことはないだろう、という期待から、2、3着固定で狙ってみたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)12⇒4⇒123(4点)
(フォーメーション)12⇒123⇒4(4点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第10R(S級特秀)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
2 2 新山 響平(青森)
107期S級1班 逃
3 3 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
4 4 齋藤登志信(宮城)
80期S級1班 追
5 村上 博幸(京都)
86期S級S班 追
5 6 佐藤 幸治(長崎)
92期S級2班 両
7 稲毛 健太(和歌)
97期S級1班 逃
6 8 松川 高大(熊本)
94期S級1班 逃
9 菅田 壱道(宮城)
91期S級1班 両
誘導 冨岡 健一 S級2班

中川がまたしても不可解な番手戦。ならば菅田軸の車券で強気に勝負!
全日本選抜を圧倒的な強さで逃げ切った1中川。あれだけの強烈な自力を持ちながら、どうして格下の自力につけるのか?これは競輪界7不思議の一つ。実際、3日目も中本に託して、その選択が裏目に出ている。確かに任せる8松川も調子は悪くない。悪くないが、元来先行タイプではない上に、2新山相手に力勝負できるのか?となると難しいと言わざるを得ない。先行実績は新山が断然で、ならば番手有利に運べる9菅田中心の車券で迷わず勝負したい。菅田の気配は上り坂で、初日捲ったスピードは良好。前を残しながら抜くところを基本に、4斎藤の突き抜けも少し。後は着順ほど悪くなさそうな5村上との番手同士の車券も押さえつつ、ここは勝負レースとして考えたい一戦。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)9⇒245⇒2453(9点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級特秀)2025m
発走時間 15:55
締切予定 15:50
選手名
1 1 志智 俊夫(岐阜)
70期S級1班 追
2 2 藤木  裕(京都)
89期S級2班 両
3 3 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
4 4 松谷 秀幸(神奈)
96期S級1班 両
5 渡部 哲男(愛媛)
84期S級1班 追
5 6 川口 聖二(岐阜)
103期S級2班 逃
7 山田 久徳(京都)
93期S級1班 両
6 8 長島 大介(栃木)
96期S級1班 逃
9 清水 裕友(山口)
105期S級S班 逃
誘導 森川 大輔 S級1班

実績は平原も大混戦ムード漂う一戦。藤木から手広く!!大穴車券を狙う。
実績は断然3平原だが、ラインの前で勝負!となると強気に推せないのが現状の印象。捌きもできる9清水や7山田、単騎の4松谷がいる中で、思い通りの位置がしっかり取れるのか?というのも微妙なところ。ならば、リスクある中、低配当の車券で勝負する必要はないとみた。展開は地元の最終戦で気合の入る6川口が主導権か。ならばチャンスは1志智だが、2車のラインでは心もとない。むしろ中団に入ったラインの方に魅力を感じる。どこが中団なのか、というのがポイントになりそうだが、川口以外に主導権を握ってもいい、と考えているのは京都コンビだろう。位置を狙いにいくのではなく、先手含みで動いていった方が好位置に入りそうなレースだけに、チャンスは京都勢に!!3日目、一度は離れたが、そこから盛り返した2藤木を軸に、大穴を狙いにいく。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)2⇒47139⇒47139(20点)
(フォーメーション)47139⇒2⇒47139(20点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級決勝)2025m
発走時間 16:35
締切予定 16:30
選手名
1 1 脇本 雄太(福井)
94期S級S班 逃
2 2 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
3 3 山崎 賢人(長崎)
111期S級1班 逃
4 4 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
5 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
5 6 太田 竜馬(徳島)
109期S級1班 逃
7 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
6 8 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
9 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
誘導 永井 清史 S級1班

3日目2着も脇本の強さは日本一!もし破るなら、南関作戦か!
3日目の準決勝、山崎賢人に敗れ2着に甘んじた1脇本だが、山崎が力で勝利したというよりも、内を突いての展開で負けてなお強し、の印象。後ろが5浅井で早めの仕掛けなら逆転も、と考えたが、打倒脇本へ3山崎が今度は力勝負で決着をつけたいだろうし、何より南関連携は2段駆けシフト。そんなに早駆けの印象はない7渡邊だが、ここは2郡司、8中村を連れてのレースなら捨て身で主導権取りへ突進する可能性は十分考えられる。南関必勝態勢が出来上がり、尚且つ脇本が後ろに追いやられるという、ある程度限定された展開になってくるが、郡司Vの車券もしっかりと押さえておきたい。後は6太田の一撃や伸び堅実な4佐藤の突っ込みまで。5浅井は脇本が仕掛けた時にがっちり続けたとしても2着までの評価で。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1⇒526⇒254896(15点)
(フォーメーション)2⇒1846⇒184956(20点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

3/23(土)
↑ ページTOPヘ

もはや誰もついていけないのか....脇本選手の走りに戦慄を覚えたウィナーズカップ2日目。もはや今節の優勝争いうんぬんではなく「これは本当に東京オリンピックで金メダルが取れるのでは?」そんな期待を抱かずにはいられない強さです。
私は1972年生まれなので、前回の1964年の東京オリンピックをリアルタイムでは知りません。ただ、過去の映像は恐ろしいほどの熱狂に包まれていて、国民が一丸となって一喜一憂するシーンは強く目に焼き付いています。当時と今では大きく時代は変わりました、恐ろしく変わりました。しかしそれでも変わらないのはオリンピックは単なるスポーツの祭典というだけではなく、日本人が本気になったらここまでやれるんだ!!という国の誇りをかけた戦い、という側面です。競輪はこれまで海外招待選手にコテンパンにやられ続けてきました。日本人選手が5人でラインを組んで3段ロケットで対抗しても、海外の選手にはあっさり捲られ..「おいおい、こんなにレベルが違うのか~」という。それでも車券が当たれば嬉しいですよ。嬉しいですけど、やはり日本人が束になって向かっていきながらあっさりと散っていく姿を見るのは寂しいものです。その度に「自転車競技で日本人がオリンピック!それも金メダルなんて」そんな風に思っていました。だから本当に今!金メダルが取れるかも?という期待が芽生えている自分自身に大いに驚いています。もう、ここまできたら今日も、明日も、圧倒的な強さを見せ続けて欲しいですね。ウィナーズカップ3日目!車券作戦も頑張ります!

第10R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
2 2 吉澤 純平(茨城)
101期S級1班 逃
3 3 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
4 4 太田 竜馬(徳島)
109期S級1班 逃
5 新山 響平(青森)
107期S級1班 逃
5 6 川口 聖二(岐阜)
103期S級2班 逃
7 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
6 8 鈴木謙太郎(茨城)
90期S級1班 逃
9 村上 博幸(京都)
86期S級S班 追
誘導 濱口 高彰 S級2班

先手への意欲は太田よりも新山!ならば佐藤に絶好のチャンスか!
昨年のGPチャンピオン1三谷が脇本の仕掛けに離れてしまった。脇本が強すぎるのか?1三谷の調子が一息なのか?判断の難しいところはあるものの、やはり昨年までの勢いは今のところ感じられない。加えて準決勝はいわゆる「ウマなし」のレース。点数上位だが割り引いて考える必要があるように思う。勢いは4太田と5新山。特に4太田のスピードと粘りが際立っている。しかし、5新山も差がなく状態はいい。2日目は単騎のレースで相手は脇本だったのでやむなし。初日、清水の番手捲りの上を再三のブロックに合いながら捉えている気配を信じて。好機のスパートから主導権を握り流れは3佐藤へ。ただ、それでも4太田が一人飛んでくる可能性と。1三谷不発からの9村上のアタマは考えておきたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3 ⇒ 549 ⇒ 5497(9点)
(フォーメーション)549 ⇒ 3 ⇒ 5497(9点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:55
締切予定 15:50
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 鈴木 竜士(茨城)
107期S級1班 逃
3 3 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
4 4 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
5 中本 匠栄(熊本)
97期S級2班 両
5 6 不破 将登(岐阜)
94期S級2班 逃
7 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
6 8 渡部 哲男(愛媛)
84期S級1班 追
9 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
誘導 森川 大輔 S級1班

浅井も、平原も、中川までも前任せ!ならばここは郡司の一撃で!
実績上位の選手3人が全てマーク戦になる11R。前を任された選手は相当なプレッシャーの中でのレースになるのでは?まず、1浅井が託した6不破は地元で気合の入るところだが、このメンバーでどこまで勝負できるかは微妙。3中川に任された5中本も、昨日山崎賢人の番手でギリギリの差し切りと、ここも自力で勝負となると見劣りしてしまう。ラインのバランスを考えると関東か南関。特に出来がいいのは7郡司。前団一気に捲り去って、最後は4中村とのゴール勝負になる車券を厚めに。後は実績上位の選手を絡めながら狙っていきたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)74 ⇒ 74 ⇒ 198(6点)
(フォーメーション)7 ⇒ 19 ⇒ 198(4点)
(フォーメーション)3 ⇒ 7 ⇒ 198(3点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級準決勝)2025m
発走時間 16:35
締切予定 16:30
選手名
1 1 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
2 2 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
3 3 脇本 雄太(福井)
94期S級S班 逃
4 4 吉田 拓矢(茨城)
107期S級1班 逃
5 山田 久徳(京都)
93期S級1班 両
5 6 松谷 秀幸(神奈)
96期S級1班 両
7 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
6 8 芦澤 辰弘(茨城)
95期S級1班 追
9 山崎 賢人(長崎)
111期S級1班 逃
誘導 永井 清史 S級1班

脇本が圧倒的上位!今日もVロードへまっしぐら。
この2日間、見事な勝ちっぷりを見せている3脇本。これだけ後ろを千切ってしまうレースが続くと、マークする選手も「次は俺も離れるかもしれない」そんな意識が働くだろう。まず、力うんぬんの前に5山田にかかる重圧は相当なものだと考える。ここも、前2日間と同じく3脇本軸の筋違い車券で。9山崎は2日目粘りのレースを見せたが、ここは3脇本との勝負で強気にぶつかっていきたい。そんな気持ちが強いだろう。4吉田は後ろに7武田がいて更に8芦澤までという同県ライン。おのずと仕掛けは早くなる。そんな中で、3脇本の存在を過剰に意識することなく、ただ勝ち上がりを考えて冷静に攻めていきそうなのは1渡邉 。その冷静な立ち回りが最後に幸運を呼ぶとみて。脇本軸の対抗は1渡邉 一本で!絞って厚めに勝負にいく。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3 ⇒ 1 ⇒ 624(3点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

3/22(金)
↑ ページTOPヘ

イチロー引退!突然の報道に驚き、仕事終わりで眠いにも関わらず「最初から最後までしっかりと、一言一句逃さぬよう」集中してスマホの画面に向かいました。
そこであらためて感じたのは、報道する側にありがちな勝手な憶測から生まれるエゴイズムに一切妥協せず、テレビが大好きな安っぽい感情論に同調しない、本当の意味での真摯な姿でした。やっぱりその姿は単純にカッコいいんですよね。
思考と感情を伝えるツールが言葉である以上、本来はそこに思考と感情がなければ言葉というものは何の意味も持ちません。あれが好き、これが嫌い。その時の感情を言葉で伝えるのは簡単です。でも問題は思考なんですよね。思考なき言葉のお風呂に浸かり続けていると、思考を繰り返す中で言葉を獲得していくイチローの様な人物と対峙した時に何も聞けなくなってしまうんだろうな~。一応、プロのはしくれとして、そんなことを考えさせられましたね。
競輪界にもそういった意味で、常に思考を繰り返し、本当の意味での言葉を持っている選手が数多くいます。イチローと同年代の選手ならばやはり真っ先に名前が挙がってくるのが村上義弘選手。前半10.6で後ろをブッ千切っていった脇本選手のような走りを目の当たりにして、今、何を思うのか。そして今後、どんな思考を繰り返していくのか。そして、世代はイチローと一回り違いますが、独自の理論で言葉を獲得していく浅井康太選手。浅井選手は今、脇本選手を破るには何が必要だと考えているのか?自問自答を繰り返しながら、きっとレースに臨んでいるでしょうね。圧倒的なポテンシャルの高さを見せつけられた時に、他のライバルたちがどう考えて戦っていくのか。レースから垣間見えるその瞬間を楽しみに!ウィナーズカップ2日目、楽しみにしていきたいと思います。

第10R(S級二予選)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 吉田 拓矢(茨城)
107期S級1班 逃
2 2 村上 博幸(京都)
86期S級S班 追
3 3 松坂 洋平(神奈)
89期S級2班 逃
4 4 竹内  翼(広島)
109期S級2班 逃
5 芦澤 辰弘(茨城)
95期S級1班 追
5 6 畑段 嵐士(京都)
105期S級2班 両
7 内藤 秀久(神奈)
89期S級1班 追
6 8 山中 貴雄(高知)
90期S級2班 追
9 稲毛 健太(和歌)
97期S級1班 逃
誘導 原  真司 S級2班

基本は茨城勢軸だが、竹内の一撃に乗る山中の突っ込みも警戒。
初日は門田の内で被る展開が続いて不完全燃焼に終わった1吉田。組み立てミスが響いたものの状態に関しては申し分ない。早めのスパートを決めて5芦澤とのゴール勝負、という車券が基本になってくるが、初日まんまと逃げ切った4竹内が何とも不気味。車番、戦法から考えると、4竹内の初手位置は後ろになりそうで、一度前に立ったあとに9稲毛が叩きにいき、流れの中で4竹内が3番手に入っていることは十分考えられる。ただ、被るのを恐れて4竹内は早めに仕掛けるだろう。ならばそれに乗る8山中の突っ込みで穴はしっかり狙いにいく。番手同士の組み合わせを広めに買って、高配当を仕留めたい!

フォーカス
3連単
(フォーメーション)15 ⇒ 15 ⇒ 287(6点)
(フォーメーション)8 ⇒ 275 ⇒ 1275(9点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級二予選)2025m
発走時間 15:55
締切予定 15:50
選手名
1 1 北村 信明(徳島)
93期S級2班 追
2 2 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
3 3 南   潤(和歌)
111期S級1班 逃
4 4 勝瀬 卓也(神奈)
84期S級1班 追
5 鈴木謙太郎(茨城)
90期S級1班 逃
5 6 島川 将貴(徳島)
109期S級2班 逃
7 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
6 8 朝倉 佳弘(東京)
90期S級1班 追
9 村上 義弘(京都)
73期S級S班 両
誘導 竹田 和幸 S級2班

南につける村上が気迫の追い込み!ただ、アタマは他の自力型か?
初日ラインできっちり決めたものの反省の残るレースだったと語る新鋭3南。6島川もキップよく仕掛けそうだが、スピードで上回る3南が一気に主導権を奪うとみた。ならば展開は9村上。ただ、今の9村上の脚勢ならば、番手からでも後ろから飛んでくる自力タイプに食われてしまうのでは?と考えて、9村上の2、3着固定で勝負する。アタマ候補は、スピードある5鈴木に2渡邉。あとは前が止められても突っ込みありそうな7中村に8朝倉。3南の残り目も考えつつ、変則的な車券で大穴を狙いたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)5278 ⇒ 9 ⇒ 52783(16点)
(フォーメーション)5278 ⇒ 52783 ⇒ 9(16点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級毘沙門)2025m
発走時間 16:35
締切予定 16:30
選手名
1 1 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
2 2 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
3 3 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
4 4 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
5 脇本 雄太(福井)
94期S級S班 逃
5 6 新山 響平(青森)
107期S級1班 逃
7 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
6 8 吉澤 純平(茨城)
101期S級1班 逃
9 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
誘導 永井 清史 S級1班

脇本で文句なし!!三谷でも離れるのでは???
初日、前半ラップは10.6。まさに手が付けられない状態の5脇本。現段階でこれだけスピードが違うと、他のラインは手も足も出ないのでは、というくらいの差を感じる。加えて、単騎の選手も多く、5脇本を潰そうという選手も見当たらない。例え8吉澤が真っ向からぶつかっていったとて今の3武田に番手から発進して5脇本のスピードに併せ切ってというのは酷な話。近畿主軸に考えるのが基本、だが、踏み出しがあまりにも強烈で、1三谷まで離れてしまうのでは、という恐れは感じている。5脇本軸の、対抗筆頭は9浅井。2松浦も、今は前で勝負する方が楽しみな印象だし、4郡司の調子も変わりなく悪くない。6新山も、ここ単騎なら楽しみ倍増!5脇本からの筋違いで勝負!

フォーカス
3連単
(フォーメーション)9 ⇒ 2469 ⇒ 24697(9点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

3/21(木)
↑ ページTOPヘ

昨日、AIロボのsotaくんと向日町競輪場で予想対決!をやらせていただきました!最初は「AIが競輪予想だと?フフフッ(笑)そんな可愛らしいロボットに何ができるんじゃい!!そうかそうか、やるんだな。よっしゃ!!ならば全力でかかってこんかい!」という感じでございました。
確かに今の時代、テクノロジーの進歩は凄まじく人間様がいくら逆立ちしても敵わない事が無数にある!ことは百も承知。しかし!しかしですよ。競輪は人間が走るから競輪なのであって、そんな人間心理を読むのが、いわゆるひとつの醍醐味!選手の人間心理をAIが理解し、予想をするなんて、キャリア20年の私が負けるはずがありません!ちゃんちゃら...ちゃんちゃら!おかしく、ありませんでしたぁぁぁぁぁ!
はい、結果は惨敗ですよ。まさに木端微塵!!最後に一矢報いることは出来ましたが、中盤戦では結構な穴予想も的中させて、しまいにはsotaくんの周りに人垣ができる始末。「人間なんてラララララララーラ♪人間なんてラララララララーラ♪」そうか!吉田拓郎はもう、あの昭和の時代からこんな未来が訪れる事を予期していたんですね。
嗚呼、切ない、切なすぎるぜ。このままいけば、予想コラムだって私よりAIの方が...「ハシモトさん、今まで本当にありがとうございました。元号も変わりますし、次回からこのコラムもAIロボのジャスミンちゃんに依頼しますので・・」という、そんな状況が間近に迫っているのではなかろうか?そんな危機感を感じずにはいられません!
ウィナーズカップ、今回の舞台は大垣競輪。私は夜の展望番組を担当させていただきますが、眠いとかダルいとか腹減ったとか、そんなことは言ってられません!AIロボは眠くならないし、ダルくならないし、腹は減らないのです!!うーん、困った。状況は圧倒的に不利ですが、そんな中でもやるしかありません。
平成が終わりゆく中で時代の流れにこのまま負けてしまうのか?はたまた!!さぁ、人間様の威信をかけて!ウィナーズカップ初日!いざ、出陣です!!

第10R(S級特選予)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
2 2 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
3 3 稲毛 健太(和歌)
97期S級1班 逃
4 4 福田 知也(神奈)
88期S級1班 両
5 村上 義弘(京都)
73期S級S班 両
5 6 小原 唯志(茨城)
101期S級2班 逃
7 清水 裕友(山口)
105期S級S班 逃
6 8 片折 亮太(埼玉)
92期S級2班 逃
9 新山 響平(青森)
107期S級1班 逃
誘導 原  真司 S級2班

関東2段掛けよりも新山や、中国コンビに期待!!
関東ラインは6小原を先頭に8片折-2平原というシフト。今や関東の総大将、2平原を3番手において6小原が仕掛けない訳にはいかないだろう。ただ、そんなことはライバルラインは百も承知。3稲毛や9新山が指をくわえて関東ラインに主導権を許すとは到底思えない。どうしても、近畿や東日本勢の仕掛けも早くなってくる。ならば、チャンスは7清水に。別府、全日本選抜での落車から約1か月振りの実戦という不安はあるものの、昨年の後半に見せた快進撃は本物だと期待して。後ろの1松浦のタテ脚も魅力十分!中国両者に、先行力上位の9新山と4福田のコンビを絡めたボックス車券で勝負!!

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1749 ⇒ 1749 ⇒ 1749(24点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級特選予)2025m
発走時間 15:55
締切予定 15:50
選手名
1 1 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
2 2 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
3 3 吉澤 純平(茨城)
101期S級1班 逃
4 4 山崎 賢人(長崎)
111期S級1班 逃
5 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
5 6 松坂 洋平(神奈)
89期S級2班 逃
7 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
6 8 伊早坂駿一(茨城)
105期S級2班 逃
9 山田 久徳(京都)
93期S級1班 両
誘導 竹田 和幸 S級2班

伊早坂の先行を山崎が早めに仕留めて!ラストは中川が抜け出す!
別府の全日本選抜で頂点に立ち、グランプリ一番乗りを決めた7中川。自分が前でも強いのに4山崎がいてその番手という、まさに鬼に金棒状態!8伊早坂が早め早めに仕掛けてくるのはほぼ間違いないだろうが、4山崎のトップスピードの高さなら、しっかり前を叩き切るだろう。ならば中心は7中川で。ただ、4山崎の仕掛けが早くなる、あるいは8伊早坂相手に少し手こずる、そんな場面があるなら飛んでくるのは2浅井。あとは8伊早坂マークから切り替えて突っ込んできそうな3吉澤。そして、実績上位の1三谷。もし仮に、叩き合いが長引きそうなら2浅井アタマの車券は少し考えておきたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)7 ⇒ 2143 ⇒ 2143(12点)
(フォーメーション)2 ⇒ 137 ⇒ 1379(9点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級特選予)2025m
発走時間 16:35
締切予定 16:30
選手名
1 1 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
2 2 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
3 3 村上 博幸(京都)
86期S級S班 追
4 4 北村 信明(徳島)
93期S級2班 追
5 近藤 隆司(千葉)
90期S級1班 逃
5 6 藤木  裕(京都)
89期S級2班 両
7 鈴木 竜士(茨城)
107期S級1班 逃
6 8 中本 匠栄(熊本)
97期S級2班 両
9 脇本 雄太(福井)
94期S級S班 逃
誘導 森川 大輔 S級1班

グランプリ以来の脇本!!そのポテンシャルやいかに??
昨年の後半戦、GIタイトルを2つ立て続けに獲得し、一気に輪界最高峰に登り詰めた9脇本が国内の競輪今年初登場。普段はナショナルチームでの活動が中心なので、未知数なところはあるものの、今や日本のケイリンは世界でもナンバーワンの評価。もはや9脇本はかつての海外招待選手、テオボスくらいの感覚で捉えておいていいのではないか?という気がする。問題は3村上がしっかりつけきるか?もちろん3村上が今の最重要課題として「脇本のマークを外さない」と考えているのは間違いないところだが、5近藤や7鈴木を叩きにいく時の9脇本のスピードに対応できるかは微妙。オッズとの兼ね合いもあるが、基本は離れるところを中心で狙ってみたい。相手は、南関勢!5近藤に託した1郡司の気配の良さに期待して。9脇本からの筋違いで勝負する。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)9 ⇒ 1 ⇒ 578(3点)
(フォーメーション)9 ⇒ 578 ⇒ 1(3点)
(フォーメーション)2 ⇒ 97 ⇒ 97136(8点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

Plofile
  


[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る