京王閣、平塚、大垣、富山、玉野、小松島競輪 通常賭式発売中!
「闘将」佐々木昭彦の直前予想!
  

第3回 ウィナーズカップ

3/21(祝木)3/22(金)3/23(土)3/24(日)

3/24(日)
↑ ページTOPヘ

大垣競輪場で開催されているウィナーズカップもいよいよ決勝戦を迎える。昨日の準決3個レースを振り返る。
10レースでは今年に入り先行で戦っていた太田が新山相手に楽に主導権を握り、番手松浦が太田を残し気味に差して1着と全日本に続く優出を決めた。松浦はF1、G3と自力で戦って力を付けているだけに連続優出につながったと思う。11レースは中本が先行し、番手中川のインに鈴木竜が粘る展開、番手捲りにでた鈴木を好調郡司が一気に捲りインをついた隙のない浅井が1着ゴールした。中川もあんなに簡単に番手を奪われては今後の番手戦に響くだろう。
12レースは2日間の脇本の強さを見ていて3連勝濃厚と思っていたが、先捲りする渡邉雄を更に捲る脇本を誰かもが1着を信じていたが、空いていたインから山崎賢が躊躇なく捲り脇本の連勝を阻止した。新人山崎は凄い度胸を持っているなと改めて感じた。今日の決勝戦は105期以降の渡邉雄、太田竜、山崎賢が脇本相手にどこまで抵抗出来るか楽しい決勝戦になるだろう。
そしてガールズコレクションでは新女王児玉と、ナショナルチームの小林の久しぶりの対戦も楽しみだ。

第9R(L級Gコレ)1625m
発走時間 14:40
締切予定 14:35
選手名
1 1 小林 優香(福岡)
106期L級1班 両
2 2 児玉 碧衣(福岡)
108期L級1班 両
3 3 石井 寛子(東京)
104期L級1班 両
4 4 石井 貴子(千葉)
106期L級1班 両
5 5 梅川 風子(東京)
112期L級1班 両
6 6 山原さくら(高知)
104期L級1班 両
7 梶田  舞(栃木)
104期L級1班 両
誘導 濱口 高彰 S級2班

成長した児玉碧衣が本命
連勝が20で止まった2児玉だが状況は問題ない。グランプリ女王の意地を見せゴールを目指す。対するナショナルチームの1小林は海外遠征中心で久しぶりの日本でのレース。自分の力を十分に出せるかが問題。脚力的には2児玉と好勝負できる。3石井寛は昨年のグランプリ以降18連勝と好調を維持し幅広い組み立てで2強(2児玉、1小林)に迫る。5梅川は昨年のグランプリで何も出来なかった悔しい思いがある以上、積極的に攻めて活路を開くか。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)21⇒12⇒345(6点)
(フォーメーション)2⇒345⇒1(3点)
(フォーメーション)5⇒123⇒123(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第10R(S級特秀)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
2 2 新山 響平(青森)
107期S級1班 逃
3 3 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
4 4 齋藤登志信(宮城)
80期S級1班 追
5 村上 博幸(京都)
86期S級S班 追
5 6 佐藤 幸治(長崎)
92期S級2班 両
7 稲毛 健太(和歌)
97期S級1班 逃
6 8 松川 高大(熊本)
94期S級1班 逃
9 菅田 壱道(宮城)
91期S級1班 両
誘導 冨岡 健一 S級2班

新山の番手、菅田壱道が捌く
昨日は絶好の3番手から捲れなかった2新山がうっぷんを晴らし、番手9菅田の差しが有力。5村上は今年に入りG3の2回の優勝の実力者、7稲毛に任せ最後は伸びて来る。準決勝で番手のもろさを見せた1中川が8松川の発進で番手捲りが決まれば6佐藤との1-2フィニッシュもある。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)92⇒29⇒345(6点)
(フォーメーション)95⇒59⇒237(6点)
(フォーメーション)1⇒356⇒356(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級特秀)2025m
発走時間 15:55
締切予定 15:50
選手名
1 1 志智 俊夫(岐阜)
70期S級1班 追
2 2 藤木  裕(京都)
89期S級2班 両
3 3 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
4 4 松谷 秀幸(神奈)
96期S級1班 両
5 渡部 哲男(愛媛)
84期S級1班 追
5 6 川口 聖二(岐阜)
103期S級2班 逃
7 山田 久徳(京都)
93期S級1班 両
6 8 長島 大介(栃木)
96期S級1班 逃
9 清水 裕友(山口)
105期S級S班 逃
誘導 森川 大輔 S級1班

平原が自在脚を駆使し細切れ戦を制す
準決勝の3平原は勝負どころでインから浅井に来られ優出を外した。今日は3平原が得意としている細切れ戦を前々と攻め、最後は自力で抜け出すと見た。マークは自力型の8長島、3平原のトリッーキーな動きに付いていけると信じる。7山田は準決勝で脇本には離れたが調子は悪くなく脚を溜めての捲りか。穴目は日に日に良くなっている9清水から狙いたい。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3⇒8⇒149(3点)
(フォーメーション)37⇒73⇒149(6点)
(フォーメーション)9⇒357⇒357(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級決勝)2025m
発走時間 16:35
締切予定 16:30
選手名
1 1 脇本 雄太(福井)
94期S級S班 逃
2 2 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
3 3 山崎 賢人(長崎)
111期S級1班 逃
4 4 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
5 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
5 6 太田 竜馬(徳島)
109期S級1班 逃
7 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
6 8 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
9 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
誘導 永井 清史 S級1班

次元が違う脇本雄太の機動力を信じる
惜しくも今開催、3連勝ならなかった1脇本だが2着でも強烈な捲りは強いの一言。決勝戦も仕掛けるタイミングさえ間違わなければ優勝は確実。3日間1脇本の番手が離れているだけに5浅井は後輪に集中し走る。南関勢は7渡邉が発進し番手の2郡司が1脇本に抵抗する。3山崎や6太田は1脇本に対し、位置どりと攻める気持ちで上位争いか。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)1⇒5⇒2349(4点)
(フォーメーション)1⇒2⇒3689(4点)
(フォーメーション)2359⇒1⇒2359(12点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

3/23(土)
↑ ページTOPヘ

第3回ウィナーズカップは準決勝レースをメインに3日目を迎える。12レースの毘沙門天賞を振り返って見ると、やはり脇本の独壇場だった。初日の特別選抜で2着に大差を付けて勝つなんて見たことがない。強さは本当に世界に通用するところまで進化していると感じていたが、2日目の毘沙門天賞でも番手捲りした平原を、いとも簡単に捲り切っての2連勝を見ると負ける要素すらないくらい脇本は強くなっている。私の現役時代時には滝澤正光、坂本勉、吉岡稔真といった強力な自力型がいたが、それ以上の強さを感じさせるパワーを披露してくれている。しかし、それでも二次予選で勝ち上がった太田竜馬、山崎賢人、渡邉雄太、新山響平など100期以降の選手が脇本相手にどこまで抵抗出来るか、残り2日間に期待したい。

第10R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
2 2 吉澤 純平(茨城)
101期S級1班 逃
3 3 佐藤慎太郎(福島)
78期S級1班 追
4 4 太田 竜馬(徳島)
109期S級1班 逃
5 新山 響平(青森)
107期S級1班 逃
5 6 川口 聖二(岐阜)
103期S級2班 逃
7 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
6 8 鈴木謙太郎(茨城)
90期S級1班 逃
9 村上 博幸(京都)
86期S級S班 追
誘導 濱口 高彰 S級2班

太田の積極駆けで松浦悠士が展開有利
ヤンググランプリを優勝し積極的にレースを組み立てている4太田の番手、7松浦が展開有利になる。その7松浦も地元広島G3で優勝してからは勢いは良いし切れがある。4太田の先行を援護し最後は抜け出すと見た。1三谷は本調子に欠けるが前々と攻めるだけに9村上にもチャンスが訪れるか。5新山は3佐藤を連れて捲りかかましで決勝戦進出を目指す。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)74⇒47⇒238(6点)
(フォーメーション)79⇒97⇒124(6点)
(フォーメーション)5⇒139⇒139(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級準決勝)2025m
発走時間 15:55
締切予定 15:50
選手名
1 1 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
2 2 鈴木 竜士(茨城)
107期S級1班 逃
3 3 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
4 4 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
5 中本 匠栄(熊本)
97期S級2班 両
5 6 不破 将登(岐阜)
94期S級2班 逃
7 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
6 8 渡部 哲男(愛媛)
84期S級1班 追
9 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
誘導 森川 大輔 S級1班

混戦を郡司浩平が捲る
激戦が予想される11レース。5中本が3中川の前回りで8渡部が3番手、9平原の前が2鈴木、1浅井の前が6不破と前を回る選手が責任重大でごちゃごちゃしそう。連日動きが良い7郡司浩平が冷静にレースを見ながら最後は4中村を引き連れ捲ると見た。1浅井も落車明けだが動きは悪くなく、6不破に任せるが最後は自力で迫る。隙のない9平原は2鈴木のスピードに乗りゴールを目指す。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)7⇒4⇒139(3点)
(フォーメーション)91⇒19⇒36(4点)
(フォーメーション)9⇒127⇒127(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級準決勝)2025m
発走時間 16:35
締切予定 16:30
選手名
1 1 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
2 2 小倉 竜二(徳島)
77期S級1班 追
3 3 脇本 雄太(福井)
94期S級S班 逃
4 4 吉田 拓矢(茨城)
107期S級1班 逃
5 山田 久徳(京都)
93期S級1班 両
5 6 松谷 秀幸(神奈)
96期S級1班 両
7 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
6 8 芦澤 辰弘(茨城)
95期S級1班 追
9 山崎 賢人(長崎)
111期S級1班 逃
誘導 永井 清史 S級1班

脇本雄太の首位不動で2着探し
3脇本の連日の強さを見ると逆らえない。5山田も調子が良いが村上博や三谷が離れた事を考えると不安視される。その中でも積極的なのが9山崎と4吉田で2小倉や7武田が恵まれても2着までか。スピードある1渡邉も2着圏内。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)3⇒9⇒125(3点)
(フォーメーション)3⇒1⇒267(3点)
(フォーメーション)3⇒7⇒489(3点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

3/22(金)
↑ ページTOPヘ

第3回ウィナーズカップは今日は2日目、二次予選とメインの毘沙門天賞が行われる。初日の特別選抜3個レースを振り返る。10レースでは平原が若い二人に任したが分裂され、後方に置かれた、しかし隙のない動きで1着でゴールし完璧な頃の平原に戻った感じがした。11レースは伊早坂の先行に吉澤が番手捲り、続いた浅井、三谷が突き抜けた。私が期待した山崎は中途半端なレースに終わり今一つの印象を与えた。12レースは脇本の独壇場だった。好調村上博が脇本のかましにいとも簡単に離れ大差の逃げ切りに度肝を抜かれた。東京オリンピックを目指す脇本は日本の大会では負けられない印象を与え今日の毘沙門天賞を戦う。

第10R(S級二予選)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 吉田 拓矢(茨城)
107期S級1班 逃
2 2 村上 博幸(京都)
86期S級S班 追
3 3 松坂 洋平(神奈)
89期S級2班 逃
4 4 竹内  翼(広島)
109期S級2班 逃
5 芦澤 辰弘(茨城)
95期S級1班 追
5 6 畑段 嵐士(京都)
105期S級2班 両
7 内藤 秀久(神奈)
89期S級1班 追
6 8 山中 貴雄(高知)
90期S級2班 追
9 稲毛 健太(和歌)
97期S級1班 逃
誘導 原  真司 S級2班

状態良い吉田拓矢が強気の攻め
前回、名古屋F1を完全優勝しウィナーズカップに望んだ1吉田、初日は3着だったが動きは悪くなく好調をキープしている。ここは自力で相性の良い5芦澤と1-2フィニッシュを決める。ライン充実の近畿勢は9稲毛が思いっきり攻めれば番手2村上にもチャンスか。穴目は予選で逃げて勝った4竹内が怖い。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)15⇒51⇒279(6点)
(フォーメーション)12⇒21⇒569(6点)
(フォーメーション)4⇒128⇒128(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級二予選)2025m
発走時間 15:55
締切予定 15:50
選手名
1 1 北村 信明(徳島)
93期S級2班 追
2 2 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
3 3 南   潤(和歌)
111期S級1班 逃
4 4 勝瀬 卓也(神奈)
84期S級1班 追
5 鈴木謙太郎(茨城)
90期S級1班 逃
5 6 島川 将貴(徳島)
109期S級2班 逃
7 中村 浩士(千葉)
79期S級1班 追
6 8 朝倉 佳弘(東京)
90期S級1班 追
9 村上 義弘(京都)
73期S級S班 両
誘導 竹田 和幸 S級2班

近況充実の中村浩士が混戦を抜け出す
7中村に任された2渡邉雄は初日、伊早坂、吉澤の2段駆けを捲るスピードは気配上々と見て番手の7中村が抜け出すと見た。3南は2車でも先行勝負すれば9村上義がしっかりガードする。穴目は5鈴木のかましが決った時の8朝倉から狙う。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)72⇒27⇒459(6点)
(フォーメーション)79⇒97⇒234(6点)
(フォーメーション)8⇒579⇒579(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級毘沙門)2025m
発走時間 16:35
締切予定 16:30
選手名
1 1 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
2 2 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
3 3 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
4 4 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
5 脇本 雄太(福井)
94期S級S班 逃
5 6 新山 響平(青森)
107期S級1班 逃
7 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
6 8 吉澤 純平(茨城)
101期S級1班 逃
9 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
誘導 永井 清史 S級1班

パワーが違う脇本雄太の独壇場か
初日の特別選抜で後続をぶっち切り大差をつけるパワーを見せつけた5脇本、スピード、持久力が更に進化していた感じがした。ここは5脇本中心に狙いたい。2着候補は5脇本の番手の1三谷、関東絆ラインの中心の7平原、単騎の9浅井、好調4郡司か。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)5⇒1⇒2479(4点)
(フォーメーション)5⇒7⇒2349(4点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

3/21(木)
↑ ページTOPヘ

第3回ウィナーズカップ(GII)が今日から4日間、大垣競輪場で開催される。
東京オリンピックを目指す脇本雄太は昨年のGP以来の出走になるも、ナショナルチームで鍛え上げられたスピードを披露する。
全日本選抜で落車し骨折したGP王者三谷竜生や清水裕友のSS班の二人は、復帰戦だからと言って中途半端なレースはしない。
勝ち星優先の選考基準で選出された100期以降の若手が脇本や三谷ら豪脚を相手にどれだけ対抗できるか楽しみだ。
若手の登竜門としての性格も併せ持つウィナーズカップ。
ニュースター誕生となるか、興味深い4日間になりそうだ。

第10R(S級特選予)2025m
発走時間 15:15
締切予定 15:10
選手名
1 1 松浦 悠士(広島)
98期S級1班 両
2 2 平原 康多(埼玉)
87期S級S班 両
3 3 稲毛 健太(和歌)
97期S級1班 逃
4 4 福田 知也(神奈)
88期S級1班 両
5 村上 義弘(京都)
73期S級S班 両
5 6 小原 唯志(茨城)
101期S級2班 逃
7 清水 裕友(山口)
105期S級S班 逃
6 8 片折 亮太(埼玉)
92期S級2班 逃
9 新山 響平(青森)
107期S級1班 逃
誘導 原  真司 S級2班

展開有利な平原康多の抜け出し
6小原が、関東の先頭志願で早目の発進か。番手回りの8片折が番手捲りし2平原が有利な展開になる。しかし7清水が全日本選抜以来の復帰戦で調子を見るために自力で戦えば俊敏な1松浦にもチャンスが出てくる。前回落車欠場の5村上は3稲毛に託し上位進出を目指す。9新山はレースの流れで捲り一発を狙った時は高配当。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)12⇒12⇒789(6点)
(フォーメーション)25⇒25⇒138(6点)
(フォーメーション)9⇒124⇒124(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第11R(S級特選予)2025m
発走時間 15:55
締切予定 15:50
選手名
1 1 三谷 竜生(奈良)
101期S級S班 逃
2 2 浅井 康太(三重)
90期S級S班 両
3 3 吉澤 純平(茨城)
101期S級1班 逃
4 4 山崎 賢人(長崎)
111期S級1班 逃
5 渡邉 雄太(静岡)
105期S級1班 逃
5 6 松坂 洋平(神奈)
89期S級2班 逃
7 中川誠一郎(熊本)
85期S級1班 両
6 8 伊早坂駿一(茨城)
105期S級2班 逃
9 山田 久徳(京都)
93期S級1班 両
誘導 竹田 和幸 S級2班

全日本選抜チャンプ中川誠一郎を抜擢
本命視する7中川は全日本選抜優勝以来の出走だが4山崎の番手で有利な戦いになりそう。4山崎も今年に入り不調が続いたがやっと本来のセンスの良い走りが戻ってきた。2浅井は松山GIIIの落車が気になるが、走る以上中途半端なレースはしない。穴目は徹底先行の8伊早坂の番手3吉澤から狙う。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)74⇒47⇒235(6点)
(フォーメーション)72⇒27⇒139(6点)
(フォーメーション)3⇒259⇒259(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

第12R(S級特選予)2025m
発走時間 16:35
締切予定 16:30
選手名
1 1 郡司 浩平(神奈)
99期S級1班 逃
2 2 武田 豊樹(茨城)
88期S級S班 両
3 3 村上 博幸(京都)
86期S級S班 追
4 4 北村 信明(徳島)
93期S級2班 追
5 近藤 隆司(千葉)
90期S級1班 逃
5 6 藤木  裕(京都)
89期S級2班 両
7 鈴木 竜士(茨城)
107期S級1班 逃
6 8 中本 匠栄(熊本)
97期S級2班 両
9 脇本 雄太(福井)
94期S級S班 逃
誘導 森川 大輔 S級1班

脇本雄太がワールドクラスのスピードを見せつける
昨年のGP以来の出走の9脇本だが、来年の東京オリンピックを目指しナショナルチームで過酷な練習と海外遠征でのレースで頑張っている。9脇本のレースはワンパターンだが世界に通用するスピードは魅力たっぷりだ。番手3村上は、9脇本のダッシュに離れなければ仕掛け次第で差しもある。1郡司も今年は好調の走り、5近藤が前を志願したのは先行も視野に入れての走りなら1郡司にもチャンス。特別で良い走りをする2武田は7鈴木次第で。

フォーカス
3連単
(フォーメーション)39⇒39⇒126(6点)
(フォーメーション)19⇒19⇒235(6点)
(フォーメーション)19⇒2⇒1379(6点)

自分で選んで投票

↑ ページTOPヘ

Plofile
  


[0] ページ先頭へ
▼メニュー
┣[1]トップ
┣[2]年間スケジュール
┗[3]オッズパークトップに戻る