おすすめ注目レース
■2019年12月27日
準重賞 あての木賞2歳 奨励馬サラ系2歳 別定(金沢)
スピード有利の馬場でカガノホマレ!
"西村 直哉"

先手を主張するのはカガノホマレドンナフォルテ。折り合いを付けるとこの2頭での決着もありえるが、ハイペースで競り合うとフジヤマブシが間隙を突く。外目からスムーズに運べばチョウマイモンも上位圏。ディヴェルトのひと脚も警戒したい。

◎は(9)カガノホマレ。デビュー戦快勝の後は一線級相手に善戦止まりが続いているが、ヤングチャンピオンでは控えてひと脚使えたし、番手で構えた前走僅差の勝負と展開には柔軟に対応。好素質馬が経験を積んで順調に良化。

〇は(4)フジヤマブシ。前走ヤングチャンピオンは内に包まれる厳しい流れとなり一番人気に応えられなかったが、その前6戦は準重賞制覇を含め毎回勝負に絡む走り。デビュー当初から馬体の完成度は高く勝負処での一脚には力強さ。

▲は(6)ドンナフォルテ。重賞2戦は距離や流れが厳しく着外に沈んだが、地元同士の千五以下ならここまで崩れはなくプリンセスカップ2着、前走はカガノホマレを抑え好時計勝ち。流れ一つ。

△は(8)チョウマイモン。新馬戦2着のあとは内枠が続いた事もあって捌きに苦労したが、心身共に逞しさを増し近2戦(2)(1)着の好走。相手強化も展開次第で。

注は(2)ディヴェルト。メンバーや脚質を思うと展開の後押しは必要だが、休み明けを叩いて気配は一段良化。上手く嵌れば。



※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。


馬単 9→4 4→9 9→6 9→8 9→2
[9]ページ先頭へ