松阪競輪「蒲生氏郷杯王座競輪(GIII)」 Dokanto!・通常賭式発売中!  佐世保競輪 LOTO・通常賭式発売中!  取手、向日町、久留米競輪 通常賭式発売中!
予想ブログ > 競輪選手インタビュー > 記事

オッズパーク杯ガールズGP2018 優勝 児玉碧衣選手 インタビュー

2018年12月28日

静岡競輪場で開催された年末のガールズケイリン総決算レース、「オッズパーク杯ガールズグランプリ2018」を優勝し、3度目の挑戦でみごと女王に輝いた児玉碧衣選手にレース直後、喜びの声を聞きました。

kodama_20181228_01.jpg

オッズパーク編集部(以下OP編集部):ガールズグランプリ優勝おめでとうございます。

児玉:ありがとうございます。

OP:優勝した今の率直な感想をお聞かせください。

児玉:目標がグランプリの優勝だったので、すごくうれしいです。

OP:ガールズグランプリトライアルを優勝してから調整はいかがでしたか?

児玉:目標がグランプリだったので、特別変わった練習はしていないのですが、いつも通り練習して、気持ちをグランプリに向けて高めて、いい調整はできたと思います。

kodama_20181228_02.jpg

OP:レースについてお伺いしたいのですが、まずスタート後の位置取りはどうでしたか?

児玉:寛子さん、梅川さん、その3番手くらいを狙おうかなと思ってました。

OP:想定よりは後ろだったということですか?

児玉:そうですね。

OP:鈴木選手が児玉選手の前に来た時はいかがでしたか?

児玉:本当は譲りたくなかったんですけど、ずっと横に並ばれるのも嫌だなって思ったので、そこはひいて後はもう落ち着いて、あんまり深くは考えすぎず、自分のいけるタイミングを探していました。

OP:展開がスローペースでしたが、いかがでしたか?

児玉:なかなか誰も動かず、我慢比べっていう形になったんですけど、いつもなら、たぶん慌てていっているところを、オールスターとってから自信がついて、ゆっくりなペースになっても我慢することができてて、ここぞっていうところで思い切りいくことができたと思います。

kodama_20181228_03.jpg

OP:まくって先頭にたってゴールするまでの気持ちはどうでしたか?

児玉:やばい、優勝する!って思いました。

OP:後ろに石井貴子選手がいたのは見えましたか?

児玉:見えました。前輪が。もう後はゴールまで踏み続けること!って思ってました。

OP:優勝したな!と感じたのはゴールした瞬間ですか?

児玉:道中も優勝あるなーって思ってて、ゴールした時、優勝したなと思いました。

OP:来年は1年間ガールズグランプリ覇者としてレースに臨むと思いますが、抱負を教えてください。

児玉:来年は全部のタイトルをとる勢いで、またこの舞台に帰ってきて優勝できるように頑張ります。

kodama_20181228_04.jpg

OP:ガールズグランプリで優勝するとヤフオクドームでの始球式があるのですが、意気込みを教えてください。

児玉:やばい笑、練習はできますか?笑

OP:練習は当日もできますので、是非宜しくお願い致します。

OP:最後にオッズパーク会員へのメッセージをお願いします。

児玉:いつも応援ありがとうございます。来年はすべてタイトルを獲る勢いで頑張りますので、これかも応援宜しくお願いします!

←前ヘ
記事一覧

[9]予想ブログTOP
[0]TOPへ