川口オート モトロト・通常賭式発売中!  飯塚オート 通常賭式発売中!
オッズパークTOP > オートレースTOP > オートレース予想ブログ > オートレース情報局 > 6月5日~7日 浜松オートの展望

6月5日~7日 浜松オートの展望

2019年06月04日

 鈴木圭一郎不在でも地元の壁は強固!


 

 今回は浜松一番手・鈴木圭一郎はいないが、それ以外のS級は多く参戦しており、外来勢に対抗できる態勢は整っている。その外来勢はA級の中に調子を上げている選手がいる。

 今回出場するランクトップは佐藤貴也。前走は地元のGIで、準決が6着で優勝戦には進めなかった。ただし、それ以外の4走は全て車券に絡めており、エンジンが崩れているわけではなかった。今回は一般開催なので優出はノルマ。優勝争いにも参加してきそうだ。同期の金子大輔は久々の実戦。と言うのも、SGオールスターの3日目に周回誤認をしてしまい、罰則により戦線離脱を余儀なくされていたからだ。その時はしっかり試走タイムが出ていたので、エンジン面は心配ないか。

 木村武之は前走の地元GIでキッチリと優出を果たした。優勝戦では序盤の展開がうまく行かなかったが、そこから追い上げて4着には入っている。渡辺篤と伊藤信夫は前走のGIでの成績はイマイチだったが、エンジン的にはそこまで悪くなさそうだった。鈴木宏和は地元GIの後に伊勢崎ナイターに参戦。ここでは準決3着で惜しくも優出を逃したが、武器であるスタートは切れていた。

 外来S級は岩崎亮一と岡部聡。どちらもエンジン仕上がっているわけではないが、ソコソコの動きを見せており、あと少しの上積みができれば優勝戦線に参加できる状態。

 A級で注目は丹村司。前走の地元一般開催で久々に優勝を決めてきた。この時は最重ハンの20M前だったが、ハンデ重化は必至で、これからが正念場になる。それでもまだまだ若手の部類の同選手だけに、これを機に勢いに乗る可能性は高い。その優勝戦には五所淳も乗っていた。優勝戦は8着だったが、予選準決の3走は1着2本に2着1本。調子は確実に上がっている。

 他では矢内昌木が前走の地元ナイターで久々の優出。今回もハンデ位置を活かしての快走が見られるかも。33期の中村杏亮も着実に力を付けている。ハンデが軽い今のうちに自身2度目の優勝を果たしておきたい。

 B級では伊勢崎勢に注目。常にハンデが軽い印象のある笠原三義。独走力がある新井裕貴。抜かれてからも渋太く追走できる清岡優一。変則的なコース取りで後続を翻弄する米里信秀などがいる。


______________________________

主な出場予定選手
______________________________

佐藤 貴也〔浜松 S-7(29期)〕
金子 大輔〔浜松 S-8(29期)〕
木村 武之〔浜松 S-11(26期)〕
鈴木 宏和〔浜松 S-19(32期)〕
渡辺 篤〔浜松 S-24(31期)〕
伊藤 信夫〔浜松 S-30(24期)〕
岩崎 亮一〔山陽 S-31(25期)〕
岡部 聡〔山陽 S-35(19期)〕


6月5日~7日 浜松オート初日のレース一覧
←前へ 次へ→
記事一覧

[9]予想ブログTOP
[0]TOPへ