ナイター開催 伊勢崎オート 通常賭式発売中!
オッズパークTOP > オートレースTOP > オートレース予想ブログ > オートレース情報局 > 2月24日~26日 山陽オートの展望

2月24日~26日 山陽オートの展望

2021年02月23日

 33期、34期勢の活躍に注目!


 

 今回は昼間の3日間開催。直前まで浜松でSGが行われている関係でS級やA級の上位選手は不在。A級中堅以下とB級による戦いになる。普段は優勝とは縁遠い選手にとってもチャンスが巡ってくる。その中で注目の選手を挙げていく。

 まずはSGに出場していないのが不思議なくらいの人見剛志。SGで走っているのが普通なイメージある人見は、昨年の一時期、軽いスランプに入っていた。ハンデが軽くなっても結果が出ないことが多かったが、近況の動きは悪くない。前走でもしっかりと優勝戦まで進んでいた。今回出場する中では捌き断トツ。後方からしっかりと追い込んで行きそうだ。

 捌きが的確なのは田方秀和も同様。長らく課題だったスタートにも一定の改善が見られ、以前のような苦しいレース展開を強いられる事が少なくなった。今回はランク的にも上位なので、優勝戦までは進んでおきたい。

 豪快な攻めがあるのは満村陽司と中野政則。成績としては安定しない傾向もあるが、時折り見せる強攻は見ごたえ十分。車が密集していてもアウトから力強く抜き去っていける。

 直前の飯塚ミッドナイトで優出していたのは安東久隆と青木隆浩。安東は試走タイムが出ないケースも少なくないが、レースではそれ以上の走りを見せる事も多い。そのため、人気薄になりやすいので穴党のファンにはお薦めとなる。青木は今、成長が止まらない。1走ごとに総合力が増している。

 外来で注目のA級は岩沼靖郎、花田一輝、木山優輝など。岩沼は前走の地元GIIでは優出し6着。シリーズ中に3勝を挙げており、本来のスピードが出ていた様子。花田は前々走の地元で優出。木山も前々走では優出しており、近況は成長著しい33期の中でも特に注目したい選手になってきた。

 B級の中にも注意したい選手は多い。前々走で優出したのは井上秀則と吉松優輝。その優勝戦は中止になったが、その後のレースでもまずまずの走りを見せていた。その中止になった優勝戦には藤川竜も乗っていた。34期勢も1級車に乗り換わってからは急成長を見せる選手が多く、長田稚也、松尾彩、山本翔なども成績が上向いてきている。


 ※2月21日時点。当日は欠車などにより、メンバーが変更になる可能性があります。


______________________________

主な出場予定選手
______________________________

田方 秀和〔山陽 A-50(22期)〕
満村 陽司〔山陽 A-65(26期)〕
人見 剛志〔山陽 A-88(28期)〕
中野 政則〔山陽 A-99(27期)〕
安東 久隆〔山陽 A-183(25期)〕
青木 隆浩〔山陽 A-194(33期)〕
岩沼 靖郎〔伊勢崎 A-78(25期)〕
花田 一輝〔浜松 A-142(33期)〕


2月24日~26日 山陽オート初日のレース一覧
←前へ 次へ→
記事一覧

[9]予想ブログTOP
[0]TOPへ