ピックアップ
■2018年04月13日
【競馬】「岩手県競馬組合からのお知らせ」〔準重賞〕スプリングカップ みどころ

平成30年4月13日 

準重賞  第43回スプリングカップ みどころ
~ 平成30年4月15日(日) 水沢競馬場 17時45分発走 ~

岩手県競馬組合

岩手牡馬クラシックへの道がスタート。準重賞「第43回スプリングカップ」の枠順が確定しました!

5ヵ月ぶりの実戦でレース感が戻らず道中もたつきながらも完勝ニッポンダエモンは2枠2番
前走はニッポンダエモンに完敗でしたが、重賞で毎回上位争いリュウノムーンは5枠5番
レースを使われながら成長一途。年をまたいで目下2連勝中ムゲンノカノウセイは7枠7番
転入戦は初の右回りで4着。水沢2度目で本領発揮グランフェルメールは1枠1番!!

4月15日(日)、水沢1600mで行われる準重賞「第43回スプリングカップ」の枠順が確定しました。
このレースから岩手牡馬クラシックへの道がスタート。以降、やまびこ賞(4月29日)、クラシック一冠目・岩手ダービー ダイヤモンドカップ(6月10日)と続く王道を歩むのはどの馬か―が最大テーマです。

ニッポンダエモンは先週の古馬重賞・赤松杯を4馬身差で圧勝したベンテンコゾウの全弟。昨年10月、北海道4戦1勝から移籍初戦でいきなり2歳重賞・若駒賞を優勝。素質の高さを見せつけました。その後は脚部不安のために無理せず休養。テンコートレセンでじっくり乗り込んで帰郷し、復帰戦を白星発進。道中でもたついて周囲をヒヤッとさせましたが、0秒2差1着。直線でリュウノムーンが接近するともうひと伸びし、改めてスケールを感じさせる内容でした。大型馬がひと叩きされて良化は確実ですし、ほぼ勝負付けの済んだメンバー構成からも中心不動。順当勝ちを収めて今後へ弾みをつけたいところです。
リュウノムーンはデビュー戦の水沢850m1勝のみですが、ダート戦の安定度抜群。交流・南部駒賞で岩手最先着4着に善戦し、金杯3着など一連の重賞で入着を確保。相手なりに駆ける堅実さに定評があります。その半面、詰めの甘さが課題。前走も3番手インの絶好ポジションをキープして手応えも抜群でしたが、ニッポンダエモンに突き放されて2着に敗れました。とは言っても実績No.2は明らか。ニッポンダエモンがもたつけば悲願の初タイトル獲得まで。
ムゲンノカノウセイはデビュー途中まで2、3着止まりを繰り返していましたが、実戦を使われながら着実に地力アップ。昨年最終戦で初勝利を飾り、一冬越した前走も快勝。年をまたいで2連勝中と波に乗っています。今回は初の一線級が相手、距離も未経験の1600mと不安要素は少なくありませんが、自身の成長力でカバーするか。ここで好勝負できれば将来も約束されたようなもの。試金石の一戦を迎えました。
グランフェルメールは川崎1400m・2歳新馬戦を勝ち上がった逸材。転入初戦は4着止まりでしたが、初の右回りにもとまどった印象。コース2度目で水沢にも慣れ、反撃に転じるか。
あとは馬場が渋った際にブレシアイル、プリヴィレッジも侮れない存在になるかも。

3歳準重賞「第43回スプリングカップ」の発走は15日、17時45分。岩手クラシックへも直結する牡馬9騎の戦いにご注目下さい。

[9]ページ先頭へ