競馬場案内
名古屋競馬場

名古屋競馬場の基本情報をご案内します。周囲の地名から、土古(どんこ)競馬場の愛称で親しまれています。最後の直線は194mと日本の競馬場では最も短い。かつては障害競走が行われていて内馬場に(たすき)コースの名残もある。場内にはきしめん、どてめしほか、和洋中のおいしいお店が豊富です。04年には、あおなみ線名古屋競馬場前駅が開業し、交通アクセスが便利になりました。

【名古屋競馬場の主なダートグレード競走&重賞レース】
名古屋大賞典(JpnIII) /  かきつばた記念(JpnIII) /  名古屋グランプリ(JpnII) /  東海桜花賞 /  東海クイーンカップ
駿蹄賞 /  東海ダービー

■コース情報
回り : 右回り
全長 : 1,100m
幅員 : 23m
高低差 : 0m
フルゲート : 12頭

コース
[9]ページ先頭へ