レース展望・予想
■2019年09月18日
余勢を駆るアビゲイルが連勝なるか「ブーゲンビレア特別」(名古屋競馬)

9月18日(水)の名古屋競馬メイン第10レースは「ブーゲンビレア特別」(A級3組、名古屋競馬場1600メートル)。

昇級初戦だが、3歳フレッシュ◎3 アビゲイル(牝3、今津勝之厩舎)の勢いに期待したい。ホッカイドウ競馬所属時に2勝を挙げ、3歳特別戦を3勝している将来が期待の好素材。中距離の東海ダービーではしんがり大敗を喫したが、古馬と対戦した前走7ハロンのB級2組特別を6馬身差で大勝したように、スピードが最大のセールスポイント。マイルでは2戦して2、3着。勝ち星こそ挙げていないが、レベルの高い3歳1組特別とあって値打ちがある。先制しやすい内の3枠スタートもプラス要因。中間ムードに追い切り気配ともに上々。勝ちっぷりが豪快だった前走の余勢からA級戦でもの期待がかかりそうだ。

○5 メイショウカラタチ(牝4、田中敏和厩舎)は自己条件に戻り反撃必至。前走は牝馬限定戦ながらオープン挑戦で見せ場が少ない9着惨敗も致し方なし。A級昇級初戦だった2走前を4コーナー先頭から2着を突き放した切れ味と、抜群に動いて好時計をたたき出した追い切りからも素早い変身があっても驚けない。

ともにレベルの高い前走の中央交流戦(1勝クラス)でしぶとい走りを見せた▲9 ベルリラ(牝4、坂口義幸厩舎)、△6 ラノカウ(牝4、竹下直人厩舎)も軽視できない。特にベルリラは夏前からぐんぐん調子を上げ、いまだに高レベルのデキをキープ。しかも堅実駆けに定評あるタイプで馬券に欠かせない1頭だ。

また、前走は久々に崩れたが安定した末脚を持つ△2 アサケハーツ(牡5、井上正厩舎)も差はわずか。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単(マルチ) 3⇔2・5・6・9(8点)
3連単(フォーメーション) 3→2・5・6・9→2・5・6・9 2・5・6・9→3→2・5・6・9(24点)

(文/中部地方競馬記者クラブ)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。