レース展望・予想
■2019年11月07日
オヤコダカ、悲願の初制覇へ「道営記念」(門別競馬)

11月7日(木)の門別競馬メイン第12レースは、「第62回道営記念」(門別競馬場2000メートル)。

2連覇有望と見られていた“絶対王者”スーパーステションが「ちょっと不安な部分が出たため」(角川秀樹師)前哨戦の瑞穂賞から戦列を離れ、一気に“群雄割拠”の趣となった頂上決戦。その瑞穂賞で凄絶な追い比べを見せた上位3頭に取り分け注目が集まりそうだが、ここは◎11 オヤコダカ(牡7、米川昇厩舎)による悲願の道営記念Vに期待する。ファンの皆さんが抱くここまでの印象は“内回り1600メートルが最も得意で、外回りでは距離が延びるほど不安が増す”といった感じかもしれないが、2走前の旭岳賞ではスーパーステションにこそ離されたものの2着まで押し上げたし、今季ここまで6戦を重ねる中で、不得手な“道中スローの瞬発力勝負”となった前走以外はすべて1、2着(2勝、2着3回)という成績を残している。ここは今季最終レースにして古馬頂上決戦の大一番だし、前走の盛岡・ダービーグランプリを楽々逃げ切った3歳の上がり馬△8 リンノレジェンド(牡3、林和弘厩舎)らの参戦もあり、前走瑞穂賞と同じようなスローの上がり勝負にはならない可能性が高いと判断。揉まれない外枠から、持ち前の早めの押し上げで4コーナー先頭に立ち、そのまま悲願達成のゴールに駆け込めば、鞍上・石川倭騎手は自らの手で初のリーディングジョッキーに花を添えることになる。

強敵はもちろん○7 バルダッサーレ(牡6、桧森邦夫厩舎)と▲1 ヒガシウィルウィン(牡5、角川秀樹厩舎)。今回は3頭とも斤量が別定56キロとなり、その減り幅では2キロ減の○▲両馬が、1キロ減のオヤコダカより有利となるだけに、道中の流れ次第ではもちろん、頂点を狙えるポジションだ。前記の3歳馬リンノレジェンドまでを連対圏に採り、×3 サラトガスピリット(牡7、林和弘厩舎)、×5 モズオトコマエ(牡5、田中正二厩舎)、×9 ドラゴンエアル(牡8、田中淳司厩舎)、×6 ステージインパクト(牡7、佐久間雅貴厩舎)を3連勝式のヒモ穴で押さえる。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票
 
馬単(マルチ) 11⇔7・1・8(6点)
3連単(フォーメーション) 11→7・1・8→7・1・8・3・5・9・6 7・1・8→11→7・1・8・3・5・9・6(36点)

(文/HDK)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。