レース展望・予想
■2021年05月03日
ヤマトタイコー反撃なるか「すずらん賞」(ばんえい帯広競馬)

5月3日(祝・月)のばんえい帯広競馬メイン第10レースには、「すずらん賞」(4歳オープン)が行われます。

最軽量が630キロのキタノボブサップなど3頭、640キロがゴールドハンター(牡、金田勇厩舎)、トワトラナノココロ(牡、鈴木邦哉厩舎)、650キロがヤマトタイコー、ブラックサファイア、660キロがカイセドクター、コマサンダイヤ、トップハンデ670キロがキョウエイリュウでその差は最大で40キロと大きくついています。ポプラ賞9着コマサンダイヤ、クリスタル特別3着キタノボブサップ以外は、今季一度叩かれているメンバー構成です。

◎2 ヤマトタイコー(セン、久田守厩舎)650キロを本命に推します。今季初戦ではA2級のミズバショウ特別でカイセドクターの3秒6差の2着と健闘しています。昨季11勝を挙げていますが、終盤では直線で詰めの甘さが出て、2、2、4着でシーズンを終えました。そして今季初戦も直線先頭に立とうかというところをカイセドクターに一気に差し切られました。今回は4歳限定戦ですが、前走1着カイセドクターより10キロ軽い据え置きの650キロ。馬場があまり重くならなければ、巻き返しが期待できます。

○7 カイセドクター(牡、坂本東一厩舎)660キロが対抗です。3歳三冠では、ばんえい大賞典、ばんえい菊花賞は2着、ばんえいダービーは3着。タイトルに一歩届かずでシーズンを終えましたが、前走ミズバショウ特別では、ダイリンファイターが作った前半47秒のペースにも遅れずに追走し、差し切り勝ちを飾っています。

▲8 キョウエイリュウ(牡、村上慎一厩舎)670キロが3番手です。ばんえい菊花賞、ばんえいダービーの二冠を勝ち、今季初戦はいきなり古馬オープンでの厳しい戦いで5着と健闘しています。4歳同士では力上位もハンデが一番の強敵です。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単 2→7・8・3・5(4点)
3連単(フォーメーション) 2→7→8・3・5(3点)

(文/小寺雄司)

 

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。