重賞レース直前情報
■2019年06月06日
第1回飛山濃水杯(笠松)

6月6日(木)に笠松競馬場にて、第1回飛山濃水杯(4歳以上・1600メートル・16時30分発走予定)が行われます。今年から実施される重賞には、兵庫からの遠征馬が2頭参戦。近走成績が良好という馬が多く、さらに前走がJRAのGIレースだったという馬もいますから、予想の軸をどこに置くのかが難しいところ。笠松のマイル戦に対応できるかどうか、そこを重視して臨んでみる手があるかもしれません。

 ------------------------------
    過去の傾向
 ------------------------------
過去5年の同時期に行われた東海クラウン(1800メートル)を対象に結果をみていく。1番人気は2着1回、3着2回と不振。しかし3着内はすべて6番人気以内となっている。3から4走前に東海地区の重賞で6着以下があった馬が1頭だけ連対している。3着内馬15頭のうち12頭が、当日の馬体重が470kg以上。最近の笠松のマイル戦は、中央より外枠の馬が好成績を残している感がある点も頭に入れておきたい。

 ------------------------------
    出走馬短評
 ------------------------------
メモリートニック JRAのダート短距離で1勝を挙げ、その後は愛知に移って堅実な成績。今年は東海桜花賞とかきつばた記念JpnIIIで大敗したが、地力的には上位だろう。

メモリージルバ 通算29勝のうち笠松で12勝を挙げ、今年はウインター争覇とマーチカップを勝利。今回は距離短縮でどうかだが、最近の成績ならば侮れない。

ハタノリヴィール 昨年はウインター争覇とマーチカップを制したが、それ以後の勝利は2走前の1度のみ。12戦連続で4着以内と、善戦傾向は見せている。

ヒルノデイバロー 3歳秋に門別でデビューして2勝を挙げ、JRAのダートで4勝して、芝の重賞で2着3回と活躍。そのスピードは断然だが、初の笠松コースは課題だろう。

ラミアカーサ JRAのダート短距離で3勝し、兵庫でも3勝を挙げて、4度の重賞でも5着以内と善戦。今回は笠松移籍初戦だが、ここでも相手なりに走れそうだ。

ヴェルジェーズ 兵庫からの遠征馬。通算17戦で3着以内が14回と安定しているが、今回が初の重賞で初の遠征という点は心配。それでも先手を取り切れれば侮れない。

モズフレミントン 兵庫からの遠征馬。JRA未勝利から兵庫で2勝してJRAに戻るも苦戦。しかしその後は兵庫で7連勝し、兵庫大賞典では4着と、上昇している感がある。

サムライドライブ デビュー戦から10連勝し、世代限定戦での連対率は100%。その後は古馬を相手に苦戦したが、最近3戦はすべて連対と、上昇ムードを示している。

ストーミーワンダー JRA未勝利から笠松移籍後は、9連勝を含む通算12勝で今年の白銀争覇も勝利。しかし黒船賞JpnIIIと東海桜花賞と、最近2回が出走取消というのは気にかかる。

デジタルフラッシュ JRAのダート中長距離で3勝を挙げ、笠松転入後も3勝を挙げたが重賞ではひと押し不足。最近2戦の内容からも、どこまで流れ込めるかというところだろう。

 ------------------------------
   レースの狙い
 ------------------------------
サムライドライブは3戦連続連対中で、前走は笠松での初勝利という近況なら、ここに入っても期待できそう。メモリージルバは距離短縮がカギだが、地力と適性から善戦以上が可能とみる。メモリートニックは最内枠から先手を取れれば残り目がありそう。モズフレミントンは遠征競馬でも立ち回りひとつで上位食い込みが考えられる。ヒルノデイバローは力量的に断然だが、初の小回りコースだけに押さえまでが妙味。善戦タイプのハタノリヴィールを連下の穴として挙げておきたい。


飛山濃水杯(SP3)4歳以上・オープンの出走表はこちら

齊藤修の予想にのる
 
[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。