重賞レース直前情報
■2019年06月11日
第1回 徽軫賞(金沢)

6月11日(火)に金沢競馬場にて、第1回徽軫(ことじ)賞(3歳以上牝馬・1500メートル・15時20分発走予定)が行われます。金沢の名所、兼六園の代表的な景観のなかにある灯篭から名前をつけられた重賞には11頭が参戦。金沢競馬場で行われる牝馬重賞、読売レディス杯までは2カ月ほどありますが、この一戦で弾みをつけていくという可能性は十分あります。もちろん、牝馬限定のこの一戦に照準を合わせてきた陣営も多いことでしょう。

 ------------------------------
    過去の傾向
 ------------------------------
過去のこの時期に牝馬限定重賞は行われていないため、最近の金沢競馬場の1500メートル戦についての概要を記しておく。4コーナーの奥からスタートするコースは、最初のカーブまで350メートルほどあるため、スタート後のペースは1400メートル戦に比べると遅めという傾向。以前は外枠有利だったが、インコースの砂が軽くなった現在は、内外の差が目立たなくなっている。ただし、カーブはどちらかというと急なため、最初のコーナーで外を回ると位置取りが悪くなりがち。外枠に先行馬が入ったときには、展開面で注意が必要といえるだろう。

 ------------------------------
    出走馬短評
 ------------------------------
サノラブ JRAの新馬戦を勝利するも、その後は大敗多数だったが、昨夏の金沢移籍後は7戦連続で連対。その後は大井で1勝したが、3走前の金沢復帰後は苦戦が続いている。

ヤマミダンス 3歳秋までに重賞6勝を含む8勝を挙げ、その後は低迷期があったものの、昨年の中日杯を制覇。最近は3戦連続で3着だが、牝馬限定戦なら地力上位だ。

エイシンリンリン JRAのダートで新馬戦を勝ち、昇級後も善戦多数。金沢では移籍初戦から5連勝し、続く前走は3着に敗れたが、この距離ならば巻き返しが見込めそうだ。

エグジビッツ ホッカイドウ競馬所属時に金沢シンデレラカップを勝利するなど、3歳春までに重賞3勝をマーク。金沢移籍後の成績も上々で、牝馬限定戦なら勝利が狙える。

ミスアンナ 北海道で1勝、南関東で4勝を挙げ、金沢では移籍4戦目の前走で初勝利。先行してしぶとい面を発揮できれば、ここでも善戦以上が見込めそうだ。

フェイマスラブ JRA未勝利から金沢に移り、3走前にA1クラスで初勝利。昨夏の成績がいまひとつだった点は心配だが、決め手がいきる展開になれば上位食い込みが考えられる。

フジノナデシコ JRAのダート中距離で勝利を挙げ、金沢移籍後は7戦6連対。スタートに課題を残す現状だが、長く使える差し脚は持っている。

ハルヲヨブオンナ 2歳6月に大井で初勝利を挙げたが、その後の成績はいまひとつ。しかし金沢移籍後は大崩れが少ない成績で、ここでも善戦以上が考えられる。

ナガラリバー JRAでは11戦とも苦戦したが、金沢では移籍初戦から6連勝。最近2戦は大敗したが、雨で馬場が軽くなるようなら上位に食い込む余地が出てくるかもしれない。

そのほか、トーホウボニータ、ゴールドハリアーが出走する。

 ------------------------------
   レースの狙い
 ------------------------------
ヤマミダンスは牝馬限定戦ならスピード上位で、先手主張から押し切れそう。エグジビッツも地力上位で、ここに入っても首位争いが見込めそうだ。ハルヲヨブオンナは差し脚堅実で距離短縮でも流れ込みがありそう。フェイマスラブはハイペースの流れになれば善戦以上が可能だろう。ナガラリバーは競らずに先行できれば残り目も。善戦タイプのミスアンナを3連勝式の候補として挙げておきたい。


徽軫(ことじ)賞 (レッドファルクス賞)3歳以上牝馬の出走表はこちら

齊藤修の予想にのる
 
[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。