レース展望・予想
■2019年12月09日
地元戦に戻ってタンクティーエー「令和元年台風第19号被災者支援」(金沢競馬)

今週の金沢競馬は3日間連続の変則開催になっており、12月9日(月)のメインは第9レースの「令和元年台風第19号被災者支援」(A1級一組、金沢競馬場1900メートル)になります。

◎10 タンクティーエー(牡3、高橋俊之厩舎)が地元に戻って巻き返しを狙います。2走前の盛岡・ダービーグランプリで2番手追走から2着に粘り込んだ内容から、前走の名古屋・東海菊花賞でも期待されましたが、初めて対戦する古馬のペースに戸惑い11着と崩れてしまいました。帰厩後も追い切りの動きは元気いっぱいで、8日の中日杯に出走しても好勝負できそうな雰囲気でした。残念ながら出走は叶わず特別戦へ回りましたが、冬場に再び遠征に向かうためにもここでスピードの違いを見せつけて、リズムを取り戻しておきたいです。

○1 フジノナデシコ(牝6、加籐和宏厩舎)はA1級に上がってもシャープな末脚で3着以内を外さない走りが続いています。前走は2周目3コーナー手前から急にペースが上がったために勝負どころで置かれる苦しい展開になりましたが、直線に向くと馬群を割って3着まで伸びてきました。追い込みタイプだけに展開に左右される弱みはありますが、決め手の良さで今回も馬券には貢献してくれそうです。

▲7 マインシャッツ(牡6、金田一昌厩舎)は大井からの移籍馬で、中央のダート中距離戦で5勝を挙げています。障害レースにも転向を試みましたが結果が出なかったため、地方転入となりました。大井ではマイルグランプリで1走して13着に敗れたのみで評価は難しいですが、元中央オープンの実績は金沢にくれば断然だけに、変わり身があるかもしれません。

△3 エターナルヒーロー(セン9、中川雅之厩舎)は熱発で前回を出走取消しましたが、3戦連続で連対を外さない走りが続いています。調教の動きを見る限りでは取消の影響はなさそうで、フジノナデシコとともに直線追い上げてくるシーンは考えられます。

△9 フクノヴァランス(牡4、加籐和宏厩舎)は前走のA2級一組を逃げ切って巻き返しに成功しました。再びA1級に戻りましたが、好位でタンクティーエーに食い下がっていければ流れ込みもありそうです。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単(マルチ) 10⇔1・7・3・9(8点)
3連単(フォーメーション) 10→1・7・3・9→1・7・3・9 1・7・3・9→10→1・7・3・9(24点)

(文/中部地方競馬記者クラブ)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。