レース展望・予想
■2019年12月09日
岩手勢同士で重賞2勝目なるかグランコージー「寒菊賞」(水沢競馬)

9日(月)水沢競馬メイン第10レースは2歳重賞「第18回寒菊賞」(水沢競馬場1600メートル)。

◎4 グランコージー(牡、櫻田康二厩舎)は今季新馬戦の勝ち馬第一号。その後も快進撃を続け、夏の休養をはさんで無敗4連勝を飾りました。続いて地方全国交流重賞・南部駒賞へ臨み、逃げの手に出ましたが、勝ったモリノブレイクが2番手外でぴったりマーク。過去に経験のないペースにとまどって3~4コーナー中間で一杯。初めて敗戦を喫した上、着外8着に沈みましたが、自身にはいい経験になったはず。今回は地元同士の戦いに戻って相手が大幅に緩和。重賞2勝目を手にし、年明けの金杯へ向けて弾みをつけたいところです。

○6 バイクミレー(牝、三野宮通厩舎)は北海道2勝から北海道・岩手交流の知床賞へ参戦。距離経験が1000メートルのみに加え初の左回りでしたが、積極的なレース運びを披露して3着を確保しました。プリンセスカップの取り止めでレース間隔は若干開きましたが、乗り込み万全。走り慣れた右回りで着順アップを狙います。

▲5 シンボ(牡、齋藤雄一厩舎)は芝・ジュニアグランプリ、そして知床賞2着。今回が転入初戦となりますが、変化に動じないのが何よりも強み。初の水沢コースも難なくクリアできそうで、上位争い必至。

△8 エイシンハルニレ(牡、齋藤雄一厩舎)は若駒賞2着。コースは違いますが、1600メートル戦を経験済みなのは見逃せません。

△1 ナーリー(牡、菅原勲厩舎)は北海道からキャリア2戦で転入し、初戦を完勝。伸びしろが魅力です。

△9 サンエイキングダム(牡、佐藤浩一厩舎)は実戦を使われながら地力アップ。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単 4→6・5・8・1(4点)
3連単(フォーメーション) 4→5・6・8→1・5・6・8・9(12点)

(文/松尾康司)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。