レース展望・予想
■2019年12月10日
末脚武器コントローラーが軸「兵庫馬事畜産特別」(園田競馬)

10日(火)の園田競馬メイン第10レースに「兵庫馬事畜産特別」(A2、園田競馬場1230メートル)が行われます。

末脚ある◎1 コントローラー(牡5、新井隆太厩舎)に期待します。6月からは馬場状態に関係なく上がり3ハロンで37秒台をマーク。メイショウタイシが勝った3走前は7着でしたが、8月のB1戦を差し切って園田で3勝目(通算4勝目)をマークし、2着7回の成績です。JRA1勝は中山ダート1200メートルを逃げ切っていますが、先行馬が多い園田に転入後は差しの競馬です。B2降級初戦だった昨年7月の園田5走目が移籍後初勝利でした。田野豊三騎手の初騎乗もあって11番人気でしたが、1番人気ステップシュートを直線で交わし一気に2馬身半差をつけました。9月からは主戦が田野騎手になり、通算16戦で3勝、2着7回の連対率62.5%で、着外は前述の3走前7着のみです。1番枠を生かして中位をキープから直線で差し切りを決めます。

前々走まで1230メートルでは9戦して8度の馬券絡み(競走中止1走含む)○10 ユーデモニクス(セン4、柏原誠路厩舎)が巻き返しの一戦です。同距離の前走はハイペースに巻き込まれ5着に敗れました。昇級戦ですが、実績ある距離で、時計からも折り合えば十分に通用すると思います。

JRAから転入初戦▲8 ミカエルシチー(牡7、飯田良弘厩舎)はスピード馬。五分のスタートなら主導権を奪って一気のシーンも一考です。

前々走で前述コントローラーに先着した☆11 コクシネル(セン4、渡瀬寛彰厩舎)が今回も早め勝負で再現を狙います。

実績馬△7 ホクセツプリンス(牡8、住吉朝男厩舎)、JRAから転入3走目△5 ナンクルナイサー(牝4、北野真弘厩舎)などが続きます。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単(ボックス) 1・10・8・11・7・5(30点)
3連単(ボックス) 1・10・8・11(24点)

(文/大阪日刊スポーツ・池永博省)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。