レース展望・予想
■2020年01月23日
見せ場十分の前走を評価インザフューチャー「ゴールドジュニア」(笠松競馬)

1月23日(木)の笠松競馬メイン第9レースは「第44回ゴールドジュニア(SP3)」(3歳、笠松競馬場1600メートル)。

北陸・東海・近畿の3地区交流重賞で力量比較が難しいが、デビュー以来4戦オール連対中の好素材◎7 インザフューチャー(牡、川西毅厩舎)を中心視だ。東海の2歳重賞第1弾・ゴールドウィング賞を制し、前走の新春ペガサスカップでもクビ差2着。東海の3歳重賞戦線をけん引する一頭だ。非凡なスピードが売りで、直線の競り合いにも強い勝負根性の持ち主である。前走もそのセールスポイントを存分に発揮。ハイペースの逃げで苦しい流れのなか、直線で差し返し、勝ち馬にクビ差まで迫った走りはまさに“負けて強し”。内容、見どころともに十分だった。ポイントは初の出張戦だが、軽い馬場の笠松コースはむしろ持ち前の先行力が生きる舞台と言えそうだ。

地元勢では○3 ダルマワンサ(牡、田口輝彦厩舎)に注目が集まる。準重賞の秋風ジュニアを鋭い決め脚で制し、ジュニアクラウン、ジュニアキングではともに銀メダルを獲得。差しタイプながら安定した成績を残している。ここ2走の準重賞で負かされている笠松ナンバーワンのニュータウンガールが名古屋遠征の予定で不在。笠松ファンの期待に応えたい。

遠征勢では前走の園田ジュニアカップ3着の▲5 コスモピオニール(牡、兵庫・田村彰啓厩舎)が不気味な存在。追い込みタイプで小回りな笠松コースや輸送競馬がどうかだが、レベルの高い兵庫の好素材。高い評価が必要。

息の長い末脚が持ち味の△1 フクダイトウリョウ(牡、角田輝也厩舎)、△6 ユーセイシューター(牡、竹下太厩舎)も流れに乗れれば差はわずか。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単(マルチ) 7⇔1・3・5・6(8点)
3連単(フォーメーション) 7→1・3・5・6→1・3・5・6 1・3・5・6→7→1・3・5・6(24点)

(文/中部地方競馬記者クラブ)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。