レース展望・予想
■2020年01月25日
転入初戦勝利のウインクレドとジュンヌダルクの争い「サイネリア賞」(佐賀競馬)

25日(土)佐賀競馬メイン第9レースは「サイネリア賞」(B級2組、佐賀競馬場1400メートル)。

◎10 ウインクレド(牡7、池田忠好厩舎)は、佐賀転入初戦だった前走の師走賞(12月15日、1400メートル)では、逃げたカンバンムスメの3番手につけ、直線で先頭に立つと、テイエムテツジンに2馬身(コンマ4秒)差をつけ勝利しています。前所属地の名古屋ではA級での勝ち星はありませんでしたが、金沢、園田の重賞に遠征しともに掲示板内の実績があり、B級戦では引き続き優勝争いとなりそうです。

○2 ジュンヌダルク(牝6、三小田幸人厩舎)は、大井からの転入初戦だった前走の新春特別(1月3日、1400メートル)では、逃げたイザから離れた2番手を進み、直線で同馬を交わすとコスモハーキュリーに3/4馬身(コンマ1秒)差をつけて勝利しています。今回は前に行きそうな馬が多く、好位からの抜け出しで前走の再現を狙いたいところです。

▲9 コスモハーキュリー(牡5、山田徹厩舎)は、昨年4月の佐賀復帰後は1勝のみですが、掲示板外に敗れたのは1度だけと堅実に上位を確保。新春特別では直線で脚を伸ばして2着に食い込みました。先行馬が揃った一戦で末脚の台頭が期待できそうなだけに、B級特別初勝利まで狙えそうです。

そのほか、B級特別初挑戦だった門松特別(1月4日、1750メートル)を逃げて3着の△3 テイエムヒッパシレ(牡4、平山宏秀厩舎)。11月の佐賀転入後は4連勝で今回がB級特別初挑戦の△6 センコーハーバ(牡5、土井道隆厩舎)。佐賀転入初戦だった新春特別を逃げて4着の△8 イザ(牡7、東眞市厩舎)らの先行争いからの粘りこみにも警戒が必要でしょう。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単(ボックス) 10・2・9(6点)
3連単(フォーメーション) 10・2・9→10・2・9→10・2・9・3・6・8(24点)

(文/上妻輝行)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。