門別競馬第11レースは濃霧のため、取り止めとなりました。
レース展望・予想
■2020年06月03日
【LOTO予想】6月3日発走より!★キャリーオーバー★(園田競馬)

 先週金曜日はメインレースで最低人気馬が勝ち一気に的中者がゼロになり、約484万のキャリーオーバー。水曜日の対象レースは平穏に終わりそうなレースが多いのでシッカリ的中したいところ。

8レース<伏兵注意>[9]
◎ ケンショウハーバー...前走はゲートをなかなか出ず大きく出遅れてしまったが、向正面から進出を開始するとそこから一気に前との差を詰めた。3着に敗れてしまったが能力の高いところを見せていたので発馬さえ五分なら勝ち負け必至。

9レース<順当>[8]
◎ ユウキラフェール...前走の重賞では案外な結果だったが、変わりなく調教では良い動きを見せている。距離短縮もこの距離では好走経験があるので問題は無さそう。巻き返しに期待。

10レース<波乱含み>[9 11 12]
◎ マイネルプリサイス...今回がJRAから転入初戦。追い切りでは好時計を叩き出し、脚捌きも軽快。スンナリ前に取りつくことができればいきなり好勝負できそう。
〇 エストレラブランコ...前走で連勝は止まってしまったが、内容自体は悪くなかった。2走前には勝っている条件だし、今回は斤量が戻るので先手を奪えれば反撃必至。
▲ ラストリンクス...前走はまさかの先行策だったが、そこで脚を使ったことが仇になってしまった。ジックリ行けば末脚は切れるのでハマれば一気に突き抜けそう。

11レース<混戦模様>[6 5]
◎ ナムラムート...JRAではスピードのあるところを見せていた。今回は転入初戦なので未知なところは多いが、速さを発揮できればいきなり勝ち負けになってもいいだろう。
〇 ヴェルジェーズ...先行する競馬ができると大崩れなく力を発揮できる。条件的にはもう煮詰まっている状態なので今度こそ感があるが、なかなか勝ち切れないので取捨がカギになるだろう。

12レース<上位拮抗>[5 2 3]
◎ トラノパワー...前走は斤量増だったが勝ち馬とは差は僅かだった。2走前には圧勝している条件なので斤量が戻ってスンナリ前に行ければ巻き返せるだろう。
〇 ボナパルティズム...成績にムラがある馬ではあるが、この中間の追い切りでは軽快な動きを見せていた。能力的に上位なので最後まで集中して走れれば勝ち負け。
▲ サクラトスカーナ...転入初戦の前走は最後流す余裕の勝利だった。今回は昇級戦で相手が強化されるが、前走の走りや時計的にここでも十分通用するだろう。

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。