レース展望・予想
■2020年06月02日
2度目の1800mで前進なるかメガビックジョン「復興祈念 夢あふれる未来へ」(盛岡競馬)

2日(火)の盛岡競馬メイン第11レースは「復興祈念 夢あふれる未来へ」。今回はB2級一組・盛岡競馬場ダート1800メートルで行われます。

◎4 メガビックジョン(牡8、飯田弘道厩舎)は南関東8勝・C1から転入。格付にも恵まれてアッサリ2連勝を飾りました。ここ2戦は2着止まりですが、前走は逃げ馬に有利な馬場。ラフレシアオジョーにマイペースに持ち込まれては、如何ともしがたい一戦。むしろ初の1800メートルをこなし連対を確保した点を評価するべきでしょう。今回は距離2度目に対し、ほかは1800メートル対応に不安が残るメンバー構成。早めのスパートから抜け出しを狙います。

○6 ウインハートビート(牡7、千葉幸喜厩舎)は名古屋(東海)B級から転入。初戦は出遅れもこたえて8着でしたが、前走逃げ切りを決めて完勝。見事雪辱を果たしました。今回はマークが厳しくなりそうですが、自分の競馬ができれば直線で再加速。距離延長も克服できそうです。

▲1 エクスポーネント(牡4、村上昌幸厩舎)は中央未勝利から転入後、一度の3着以外はオール連対。今季も4戦2勝、2着2回と抜群の安定感を誇っています。ダート1800メートルは未経験ですが、血統からむしろ望むところ。前走2着の雪辱に燃えています。

△8 レッドダニエル(セン9、佐々木由則厩舎)は今季4戦は着外の連続でしたが、コースが替わって3着に反撃。盛岡適性の高さに定評があり、上位扱いが妥当。

△7 アドマイヤツルギ(セン5、小西重征厩舎)は豪快なまくりが身上。流れが速くなれば上位進出へ。

△9 リンネルクロス(牝6、千葉博次厩舎)は前回快勝して上昇ムード。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単 4→8 (ボックス) 4・6・1(7点)
3連単(フォーメーション) 4・6→1・4・6・8→1・4・6・7・8(18点)

(文/松尾康司)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。