レース展望・予想
■2020年06月02日
ストロングフーヴスが雪辱期す「石川ダービー」(金沢競馬)

6月2日(火)に開催される金沢競馬のメイン第11レースには、ダービーシリーズ2020の第2弾「第4回石川ダービー」(3歳、金沢競馬場2000メートル)が行われます。

北日本新聞杯でまさかの2着に敗れた◎7 ストロングフーヴス(牡、金田一昌厩舎)が今度こそ重賞制覇を果たします。前走はスタートも良くて2番手からの追走となり、逃げたカガノホマレを3コーナーで交わし早めに先頭へ立った時には、そのまま独走で押し切るかと思われました。しかし直線に入ると、内にササってしまう悪い癖を出してしまい、騎手が追うことができず、外から伸びたフジヤマブシにクビ差で敗れてしまいました。不完全燃焼に終わっただけに陣営の今度こその思いは強く、追い切りはナックライオンと併せられてハードに追われています。前走の反省点を踏まえて今回は後方に下げていくレースになりそうで、勝負どころから一気に駆け上がって4コーナーで先団に並びかければ、直線突き抜けることは可能でしょう。

○2 コードジェニック(牡、金田一昌厩舎)は、中央3歳1勝クラスで大敗が続いたために金沢へ移籍してきましたが、転入初戦の勝ちっぷりは鮮やかなもの。ゲート出で立ち上がってしまい後方からのレースになりましたが、内ラチ沿いを進んで徐々にポジションを上げていくと、直線半ばで馬群を割って一気に先頭へ立ちました。外から伸びてきたハイタッチガールに迫られましたが、最後まで抜かせずアタマ差で先着しました。転入2戦目での石川ダービー挑戦は楽な条件ではありませんが、直線に向いてからの瞬発力には目を見張るものがあっただけに警戒は必要です。

▲11 ハイタッチガール(牝、中川雅之厩舎)は復帰初戦を白星を飾ることができませんでしたが、好位追走から一気に伸びてきた内容は悪くありませんでした。2歳時の兼六園ジュニアカップでは、フジヤマブシやストロングフーヴスを寄せ付けないスピードを見せていただけに、休み明けを叩いたことで息もちがよくなれば、あっさり押し切っても不思議ではありません。

△6 フジヤマブシ(牡、黒木豊厩舎)は北日本新聞杯に続く二冠制覇に力が入ります。引き続き追い切りではパワフルなフットワークを披露しており、今回も直線の追い比べ勝負になるならチャンスはありそうです。

デビューから3連勝でノトキリシマ賞を制した△9 ハクサンアマゾネス(牝、加藤和義厩舎)は、牡馬を相手にどんなレースができるか注目です。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票
 
馬単 7→2・11・6・9(4点)
3連単(1軸流し) 7→2・11・6・9(12点)

(文/中部地方競馬記者クラブ)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。