レース展望・予想
■2020年06月04日
ドラゴンウォリアーが力でねじ伏せるか「ぎふ清流カップ」(笠松競馬)

6月4日(木)の笠松競馬メイン第11レースは「第3回ぎふ清流カップ(SP1)」(3歳、笠松競馬場1400メートル)。

北陸・東海・近畿地区交流重賞に、好素材の3歳フレッシュがそろってハイレベルな一戦。中心は陣営が“ダービーの秘密兵器”として急きょ中央から移籍してきた◎11 ドラゴンウォリアー(牡、田口輝彦厩舎)。東海地区2走の出走条件を満たさず東海ダービー参戦はかなわなかったが、中央で1勝を挙げた高いポテンシャルの持ち主。転入初戦の前走でいきなりそれを証明した。甘いスタートで後方からの競馬を余儀なくされたがロスのある外をまくりぎみに追い上げ、抜群の手ごたえであっさり抜け出し、2着馬を8馬身千切ってみせた。1400メートル・1分27秒6の勝ち時計に、力任せのまくり脚は強烈なインパクトを与えた。中央時の1勝が中距離で、脚質からも本質的に1400メートルは距離不足だが、潜在能力はワンランク上。ましてレースの進めやすい外枠からのスタート。少々ロスがあっても一線級不在の重賞なら力でひと飲みだ。

相手有力は同厩舎の○7 ダルマワンサ(牡、田口輝彦厩舎)。当地重賞の1月ゴールドジュニアに、4月新緑賞でも銀メダルを獲得した実力派で、笠松コースは7戦3勝、2着4回とパーフェクト連対を誇るコース巧者でもある。持ち前の堅実差しでここも好勝負に持ち込みたい。

最近2走の重賞でも地力の一端を示す▲12 クロワ(牝、坂口義幸厩舎)も一撃十分。大外枠からでも得意の逃げに持ち込みたい。

大幅に相手が強化されるが、条件戦ながら3連勝をいずれも快勝劇で飾る上がり馬△2 トーセンレビュー(牡、後藤正義厩舎)に、△6 コスモピオニール(牡、兵庫・田村彰啓厩舎)も侮れない。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単(マルチ) 11⇔2・6・7・12(8点)
3連単(フォーメーション) 11→2・6・7・12→2・6・7・12 2・6・7・12→11→2・6・7・12(24点)

(文/中部地方競馬記者クラブ)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。