門別競馬第11レースは濃霧のため、取り止めとなりました。
レース展望・予想
■2020年06月07日
ウンカイ産駒センゴクエースに期待「スタリオンカップ」(ばんえい帯広競馬)

6月7日(日)のばんえい帯広競馬メイン第10レースには、「オッズパーク賞スタリオンカップ」(3歳以上選抜)が行われます。昨季の種牡馬リーディング上位5頭の産駒から2頭ずつ選抜しての一戦。最軽量640キロがナリタボブサップ産駒のシンエイボブ、トップハンデ680キロがウンカイ産駒センゴクエースなど3頭のオープン馬。その差は最大40キロありますが、オープン馬に有利な一戦です。

◎1 センゴクエース(牡8、槻舘重人厩舎)680キロを本命に推します。今季は3戦とも障害の天板でヒザつきがあり好結果が出ていませんが、今回は選抜戦。今までとは相手もガラリ一変してかなり緩くなっています。そのぶん下級の馬とはハンデ差が大きいですが、当面のライバルであるオープン馬とは同重量。流れも緩くなり自分の競馬で今季初勝利に期待します。

○5 メジロゴーリキ(牡6、松井浩文厩舎)680キロが対抗です。ニシキダイジン産駒。道中の折り合いさえつけば障害も切れるタイプ。680キロは走れる重量です。

▲6 コウシュハレガシー(牡5、平田義弘厩舎)680キロが3番手です。ニシキダイジン産駒。障害巧者でスピードもあるタイプ。いつ今季未勝利を脱しても不思議ありません。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単 1→5・6・3・9(4点)
3連単(フォーメーション) 1→5→6・3・9(3点)

(文/小寺雄司)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。