レース展望・予想
■2021年07月27日
巻き返し図るサクラエンパイア「医王山特別」(金沢競馬)

日、火曜日で開催されている今週の金沢競馬。7月27日(火)のメインは第11レースの「医王山特別」(A1級二組、金沢競馬場1400メートル)になります。

◎1 サクラエンパイア(牡8、中川雅之厩舎)は前走の金沢スプリントカップで、3コーナーで先団に追い付き、直線内から伸びた時には連絡みもあるかと思われた内容でした。ゴール前で突き放されて6着でしたが、地方全国交流戦で見せ場を作れたのは今後の自信になったはずです。重賞を除けば今年は1400メートル戦ばかり走って4勝、2着1回と好走を続けており、今回も最内枠から出遅れずにペースを握ることができれば、条件戦なら巻き返しが図れそうです。

○8 ウインオスカー(牡8、金田一昌厩舎)は転入初戦のA2級一組を逃げ切りで快勝し、前走は金沢スプリントカップに挑みましたが、12着の大敗に終わりました。終始馬群に包まれて内を走らされる厳しい展開となり、まったく自分のレースをさせてもらえませんでした。追い切りでは引き続きパワフルな脚どりを見せており、地元馬限定のメンバー構成なら、地方全国交流戦でも連対していた底力の違いを発揮できそうです。外枠からスムーズに先行できればV奪回もありそうです。

▲7 フォリオール(セン5、加藤和義厩舎)は高知から転入後2、3、3着と馬券を外さない走りが続いています。2走前の準重賞・金沢鼓門賞では勝ったサクラエンパイアとハナ、アタマ差の接戦を演じており、スピード面では見劣りません。金沢スプリントカップを使った上位2頭に比べて、約1カ月ほどレース間隔を空けたローテーションは有利で、暑い最中でも併走追い切りで先着する動きを見せています。サクラエンパイアを抑え込んで先手を主張することができれば、再び際どい勝負に持ち込めるかもしれません。

△2 デビルスダンサー(牝4、金田一昌厩舎)も2走前の準重賞・金沢鼓門賞でサクラエンパイアとハナ差2着の接戦を演じました。末脚勝負のタイプだけに3着に敗れた前走の準重賞・金沢クイーン賞のように差し脚が届かない危険性もありますが、サクラエンパイアとフォリオールがともに先手を譲らず競り合う展開になるなら、差し切るチャンスがあります。

△9 イリュージョニスト(牡5、高橋俊之厩舎)は前走のA2級一組でも6着に敗れて金沢スプリングカップ以降はリズムを崩していますが、追い切りの感触は引き続き悪くありません。久々の1400メートル戦で復調のきっかけをつかみたいところです。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単(マルチ) 1⇔8・7・2・9(8点)
3連単(フォーメーション) 1→8・7・2・9→8・7・2・9 8・7・2・9→1→8・7・2・9(24点)

(文/中部地方競馬記者クラブ)

 初心者にオススメ!AI予想
[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。