レース展望・予想
■2019年09月16日
パンプキンズ新三冠に王手「不来方賞」(盛岡競馬)

16日(祝・月)盛岡競馬メイン第12レースは岩手3歳三冠の最終決戦「第51回不来方賞」(盛岡競馬場ダート2000メートル)。

◎5 パンプキンズ(牡、伊藤和忍厩舎)は2歳時まで勝つか大敗かの極端なレースをしていましたが、走るたびに成長。今季は5戦3勝、2着2回と連対パーフェクトを継続し、東北優駿、ダイヤモンドカップで岩手3歳二冠を獲得しました。今回は未経験の盛岡ダート2000メートルが舞台。昨年10月、知床賞以来の盛岡コースと不安材料は少なくないですが、数々の課題をクリアしてきたパンプキンズのこと。成長力で克服し、岩手新三冠達成なるか期待が高まります。

○1 ヤマショウブラック(牡、小林俊彦厩舎)は北海道2勝から2歳地区交流・知床賞へ参戦。鮮やかな直線抜け出しを決め、初タイトルを獲得し岩手に転入。続く寒菊賞でパンプキンズの逃げ切りに屈し、直後に南関東へ移籍。羽田盃で5着に善戦しました。3走前にはB2戦を快勝し、再び岩手入り。不来方賞を狙っているのは明らかですし、2000メートルは望むところ。激戦区で揉まれてきた経験を活かし、重賞2勝目に王手をかけました。

▲6 ニューホープ(牡、畠山信一厩舎)も再転入組。岩手の2歳根幹重賞・若駒賞を快勝し、その後は笠松、金沢と転籍。岐阜金賞優勝を手にし、堂々の里帰り。切れる末脚は直線が長い盛岡で威力倍増。一気に突き抜けるシーンまで。

△4 ホワイトストーム(牡、酒井仁厩舎)は中央未勝利ながらダート1800メートル以上を使われ、2000メートルを大歓迎。

△7 リュウノボサノバ(牡、酒井仁厩舎)は東北優駿以外は堅実さを発揮。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単(ボックス) 5・1・6(6点)
3連単(フォーメーション) 1・5→1・5・6→1・4・5・6・7(12点)

(文/松尾康司)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。