レース展望・予想
■2019年10月22日
転入初戦ダノンイーグルを積極買い「畜産フェア特別」(笠松競馬)

10月22日(祝・火)の笠松競馬メイン第9レースは「畜産フェア特別」(B級1組、笠松競馬場1400メートル)。

前走勝利した好調馬も多く、激戦Vバトルだが、転入馬の◎6 ダノンイーグル(牡5、笹野博司厩舎)から狙いたい。手探り面ある転入初戦だが中央1勝と能力上位の存在。しかも先行力があり、小回り笠松コース向きとも言える。初勝利まで11戦要したが、それまですべてひと桁着順でコンスタントに勝ち負けした好素材は、その後移籍した佐賀、浦和でも先行して勝利を挙げたように地方適性や適応力もありそうだ。南関東B3クラスからの東海移籍で編入条件妙味は十分。しかも最終追い切りの気配も上々とくれば転入戦から“積極買い”といきたい。

同じ南関東B3から今秋転入した○5 ピースフォーエバー(牡7、後藤佑耶厩舎)は転入初戦の前走3組は中団から早めの抜け出しに成功。1馬身差快勝で地力をアピールした。一度使われたことで追い切りの動きなど中間気配はアップし、またコース慣れなど多くの面で上積みが見込める2走目。互角の高い評価が必要だ。

堅実派の▲9 コノチヲツナイデ(牝5、法理勝弘厩舎)も馬券に欠かせない1頭。高い先行力を持ち、1400メートル成績が良いのもプラス材料。

またB級への昇級戦をあっさりクリアした△8 ヴェールレガロ(牡4、笹野博司厩舎)の勢いや、B級降級で変わり身を見せた△1 チェリーサマー(牡7、水野善太厩舎)もV圏内。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単(マルチ) 6⇔1・5・8・9(8点)
3連単(フォーメーション) 6→1・5・8・9→1・5・8・9 1・5・8・9→6→1・5・8・9(24点)

(文/中部地方競馬記者クラブ)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。