レース展望・予想
■2019年11月20日
シュッシーが混戦を絶つか「チャレンジ(4)」(笠松競馬)

11月20日(水)の笠松競馬メイン第10レースはJRA認定「チャレンジ(4)」(2歳オープン・笠松デビュー馬限定、笠松競馬場1400メートル)。

確かな軸馬不在で混戦模様。しかし厩舎関係者の評価が高い◎1 シュッシー(牡、田口輝彦厩舎)を中心視したい。距離不足と思われていた短距離800メートルの新馬戦を2番手から差し切って勝利。3番人気に推された前走のJRA認定競走はスタート直後に大きくよれて後方からの不利なレースとなったが、3着まで追い上げたのは能力の片りんだった。その後ひと息入って約50日ぶりの実戦になるが、これといった強敵不在の笠松デビュー馬限定のJRA認定競走。諸刃の剣ともいえる1枠スタートだが、流れに乗ってレースを運べば決め脚がモノをいう。

○7 アカイハネ(牝、井上孝彦厩舎)はメンバー中、唯一の2勝馬。この2勝はともに2歳3組で挙げたものだが、早めの抜け出しで競り合いを制した勝負根性は混戦向きと考えられる。直線の差し勝負に持ち込めば3勝目が飾れる。

持ち時計上位の存在は▲5 ドリームアイ(牝、尾島徹厩舎)。時計の出やすい雨馬場もあったが、メンバー中ただ1頭、1分30秒を切る時計を持つのは評価に値する。前走大敗は地方全国交流重賞・ラブミーチャン記念で度外視が必要。条件緩和を味方に巻き返しを狙う。

中間に放牧に出されてリフレッシュを図った△4 チェリーヒック(牝、田口輝彦厩舎)は新馬勝ちした好素材。パドックで、仕上がりなど気配チェックを欠かしたくない。

△6 ヒカルノマッキー(牝、伊藤強一厩舎)はこれまでの7ハロンの2戦はともに大敗しているが、高い先行力を持つ。マイペースの逃げが叶えば変身劇があっても驚けない。

<おすすめの買い目>  この買い目で投票

馬単(マルチ) 1⇔4・5・6・7(8点)
3連単(フォーメーション) 1→4・5・6・7→4・5・6・7 4・5・6・7→1→4・5・6・7(24点)

(文/中部地方競馬記者クラブ)

[9]ページ先頭へ
※投票の際は、締切間際を避け時間の余裕を持ってご利用ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。